Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社ユニラボ会社概要資料_候補者向け_202110_新卒サイト用.pptx.pdf

061805b0c41c8ed88f59fd21f42ce57b?s=47 unilabo
November 04, 2021

 株式会社ユニラボ会社概要資料_候補者向け_202110_新卒サイト用.pptx.pdf

061805b0c41c8ed88f59fd21f42ce57b?s=128

unilabo

November 04, 2021
Tweet

Transcript

  1. 株式会社ユニラボ会社概要 -受発注を変革するインフラを創る- 2021年度版 株式会社ユニラボ 1

  2. アジェンダ ①会社概要  ・会社概要  ・経営チームの紹介 ②事業概要(Vision)  ・目指すビジョン(と創業者の想い)  ・市場規模  ・ビジネスモデルとサービスモデル  ・アイミツ事業部各グループの役割 ③中期事業計画と上場に向けて

     ・成長戦略の概略  ・成長に向けた事業課題  ・シリーズBファイナンスに向けて  ・中期事業計画  ・上場後の成長ストーリー ④ユニラボ組織について  ・組織図  ・部署・ポジション例  ・アイミツ事業部各グループの役割 ⑤Value&Culture  ・Value紹介_まっすぐ!  ・社員データ 2
  3. ①会社概要 3

  4. 株式会社ユニラボ 会社概要 設立年月日 事業概要 本店所在地 従業員数 資本金 経営理念 主要株主 2012年10月1日

    (アイミツ事業の開始は 2014年2月~) ビジョン :受発注を変革するインフラを創る ミッション:すべては「便利」のために バリュー :「まっすぐ」 (顧客にまっすぐ向き合う、チーム全員にまっすぐ向き合う、成すべきことにまっすぐ向き合う) B2B受発注プラットフォーム「アイミツ」の運営 東京都品川区三丁目20番14号 住友不動産高輪パークタワー 12F 196名(正社員94名、アルバイト102名(内派遣1名))※2021年10月現在 100,000,000円 経営陣、ニッセイ・キャピタル、日本郵政キャピタル、 SpiralCapital他 代表者 代表取締役CEO 栗山 規夫 / 代表取締役 COO 柴田 大介 4
  5. 経営者のご紹介 2003年に三菱商事株式会社を経て、2004年株式会社ディー・エヌ・ エー(DeNA)に入社。Eコマース営業部長、ECビジネス部長を歴任 後、2009年最年少で同社執行役員に就任。2011年からマーケティ ング統括執行役員として全社のマーケティングプロモーションを担 当。EコマースやSNSなど、数多くの新規事業立ち上げに関与した経 験を持つ。 2012年にインターネットメディアサービスを運営する株式会社ユニ ラボを創業。「受発注を変革するインフラを創る」をビジョンに掲げ、 ベンチャーキャピタルから出資を受けず、サービス開始からわずか

    1年半で単月黒字化、3年目に通期黒字化を果たした。2019年6月 には初となるエクイティ・ファイナンスを実施、現在も急成長を遂げ ている。 代表取締役 CEO Founder  栗山 規夫 Norio Kuriyama 5
  6. 経営者のご紹介 2003年に三井住友銀行を経て株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)に入社。DeNAではEC事業のマネージメント、新規事 業(BtoBサービスNETSEA)の立ち上げを行い、2009年より 執行役員として広告事業、ゲーム3rdパーティー事業など 事業部門を歴任。2014年からはコーポレート部門に異動 し、HR本部長、経営企画本部長、マーケティング本部長、 社長室長などを歴任。 合計15年間をDeNAで過ごし、内9年間を執行役員として重 要な役割を果たした。

    2018年11月よりユニラボ入社し、現在は経営企画、人事、 カスタマーサクセス部門を管掌している。2020年1月より共 同代表として代表取締役COOに就任。 代表取締役 COO   柴田 大介 Daisuke Shibata 6
  7. ②事業概要 7

  8. あなたの発注コンシェルジュ 芝野泰希 アイミツCLOUD推進部 部長 経営チームのご紹介2 8 あなたの発注コンシェルジュ 西野 孝明 CFO

    柿沼 勇歩 Saas推進室 室長 森 直樹 HR部長 小林 亮 経営企画部長 佐瀬 和久 マーケティング部 部長 あなたの発注コンシェルジュ 田中 雅和 システム部 部長 プロダクトオーナー 菅原 洋介 CTO あなたの発注コンシェルジュ 中村 哲朗 取締役 CPO推進部 室長 あなたの発注コンシェルジュ 工藤 嘉也 取締役 アイミツ事業部 部長 COO室長 あなたの発注コンシェルジュ
  9. 目指すビジョン 「 受発注を変革するインフラを創る 」 受発注領域に特化し、IT技術とヒトの力でイノベーションを起こし、 企業経営の生産性改善、DX改革に繋げることで、日本社会の「不」を解消する。 <企業経営を構成する課題領域> 人事領域(採用、労務) 会計・経理領域 営業・販売領域

    製造・技術・R&D領域 法務・リスク管理領域 Webマーケティング領域 ここ数年、あらゆるSaaS製品が登場し、 企業経営活動はより一層効率化されるようになった。 一方で、特定業務領域にフォーカスされた SaaSの 成功はあっても、DX改革の本丸と言える「受発注」は旧態 依然のまま。 M&A・事業継承 ユニラボは、プラットフォーム「アイミツ」を通じて、発注サイド で言えば「調達・購買」受注サイドで 言えば「営業・マーケティング」といった、 経営/DX改革の本丸領域に切り込み、テクノロジーとヒューマ ンの力で革新をもたらすスタートアップです。 9 ※DX:デジタルトランスフォーメーション
  10. B2B受発注の市場規模 「 数兆円を目線(対象)としたインフラを創りたい 」 ・B2B受発注プラットフォームとは、日本経済そのものとも言えるほど巨大である ・一方で、そのやり方に何十年もイノベーションが起こっておらず旧態依然である ・相見積もり(新規発注先の検討)の実施頻度は統計にはないが、月 100万回以上と推定 ※経済産業省「電子商取引実態調査」 平成30年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)

    市場規模は344.2兆円(前年318.2兆円、前年比8.1%増) 10
  11. 受発注の市場規模 「 特に役務サービス業界の取引の不が大きい 」 ・役務サービスを扱う各業者に共通して、マッチングの不が起こっている ・業者の強み弱み、実績、価格などの情報が表に出ていないことがほとんど ▪ B2Bの役務サービス業界の3つの特徴 1「多数乱戦業界」であること 2「多重下請け構造」であること

    3「発注頻度が高く、巨大市場」であること 参入と撤退が激しく、取引ベンダーの探索ニーズが 定期的に訪れるが、どの業者が良いか分かりにくい。 代理店、下請け構造が一般的で、その分マージンが乗り、 価格体系が不透明になりがち。 どの会社でも継続発注するものが多く、 スポット発注だとしても単価が高く、失敗できないもの。 11
  12. 現在のビジネスモデル 「 あなたの発注コンシェルジュ 」 ・発注者と受注者を最適な形でマッチングさせるプラットフォーム ・IT(テクノロジー)と人(ヒューマン)が融合した究極のパーソナルサービス 発 注 者 受

    注 者 集 客 力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 ・相場を知りたい ・優良業者を知りたい ・評判を知りたい ・相見積もりが面倒 ・得意な領域でマッチ  したリードを取りたい ・自社で集客工数が取れ  ない(ノウハウもない) 最適なマッチング 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済 アイミツコンシェルジュ(人)が担う 12 (業者)
  13. 「アイミツ」マッチングフロー 13

  14. ③中期事業計画と上場に向けて 14

  15. 成長戦略の概略 発 注 者 受 注 者 集 客 力

    の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 最適なマッチング 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済 アイミツコンシェルジュ(人)が担う。 15 <現在(強化)> 戦略①  アイミツ 受注者向けサブスクリプションサービス <今後(新規)> 戦略② アイミツクラウド(IC) 発注者向けサブスクリプションサービス (※発 注者課金は前提としない)
  16. 成長戦略の概略 「 成長戦略を2つに分類して説明 」 2つのサブスクリプションサービスを成功させる 戦略① 受注者向けSaaS(サブスクリプションサービス)⇒課金受注者数の最大化 戦略② 発注者向けSaaS(サブスクリプションサービス)⇒発注者の利用頻度最大化 16

    戦略②  アイミツクラウド(IC) 発注者向けサブスクリプションサービス (※発注者課金は前提としない) 戦略①  アイミツ 受注者向けサブスクリプションサービス 「総合カテゴリーPFの実現」   ①コンテンツSEOの強化⇒50~100カテゴリ―の制覇をWEBプラットフォームの完成形とする。   ②課金受注者の最大化 ⇒ 2,000~3,000社の課金受注者ネットワークを完成形とする。 「発注者をスポット利用から継続利用にする」   ①成約率の向上並びにリピート発注のメカニズムを解明する。   ②中小企業を中心とする PFから、中堅~大企業の利用を促進する。 アイミツが目指す「受発注SaaS(サブスクリプション)サービス」 ※尚、発注者は従来通り無料利用を前提としつつも、一部の利用頻度の高い発注者からは課金化も検討したい。
  17. 成長戦略の概略 <戦略①> 発 注 者 受 注 者 集 客

    力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 最適なマッチング 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済 アイミツコンシェルジュ(人)が担う。 17 <現在(強化)> 戦略①  アイミツ 受注者向けサブスクリプションサービス <今後> 戦略② アイミツクラウド(IC) 発注者向けサブスクリプションサービス (※発 注者課金は前提としない)
  18. 戦略① <既存事業「アイミツ」>総合カテゴリー 売上アップ 人材力強化 業務効率化 コスト削減 経営基盤強化 Web制作、システム開発、広告販促全般(デジタル/IT)、展示会出展etc 人材紹介(中途、新卒)、アルバイト採用、社員研修、エンジニア派遣etc SaaS全般(勤怠、経費、給与など)、OA/通信機器、アウトソーシング全般etc

    オフィス清掃、電気、通信料、OA機器リース、コピー・ノベルティなど印刷etc オフィス移転、ファイナンス、助成金、M&A支援、経営顧問活用etc ① 月間問い合わせ数 > 100コンペ ② 紹介紐付け数 > 3.0社 ③ 成約率(有効コンペベース) > 20%(最低10%) ④ 受注者ROAS >300%(最低200%) アイミツの強みと言えるカテゴリ―を 何カテ保有しているか?がフェーズ1の出 来上がり水準の目安です。 イメージとして100カテは攻略したい。 成長志向の中小企業の頻出発注カテゴリー 完成カテゴリーの大量生産 「 総合カテゴリーサービスを磨く 」 ・いち発注担当者(or経営者)は複数回/複数カテで発注を行うという想定に立つ ・Amazonで買えないものはないのと同様にアイミツで取れない見積もりはない状態 18
  19. 成長戦略の概略 <戦略②> 発 注 者 受 注 者 集 客

    力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 最適なマッチング 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済 アイミツコンシェルジュ(人)が担う。 19 <現在(強化)> 戦略①  アイミツ 受注者向けサブスクリプションサービス <今後> 戦略② アイミツクラウド(IC) 発注者向けサブスクリプションサービス (※発 注者課金は前提としない)
  20. 戦略② <新規事業 -アイミツクラウド->成長に向けた課題 「 発注者側のサブスクリプション化を促進する」            〜 アイミツクラウド(IC) 〜 1)個人単位ではなく、法人単位での利用を促進する仕組みづくり 2)中堅~大企業の発注課題のプロダクトによる課題解決

    3)流通総額の増加に向けて、成約率、発注単価、リピート利用の促進 20 課題 ①個人利用に留まっており、  法人単位の利用に繋がっていない ②中堅・大企業の発注課題を解決する  プロダクトになっていない <法人における受発注課題の解決> ・ID連携によるチーム間情報共有 ・集中購買による効率化(コスト削減) ・情報共有課題の解決(部署間、子会社など) ・過去の契約ベンダーとのやり取りや  履歴を残す 施策
  21. 21

  22. 22

  23. ④ユニラボの組織について 23

  24. 24 代表取締役 CEO 代表取締役 COO 経営企画部 HR部 システム部 マーケティング部 アイミツ事業部

    新規営業 リレーションシップセールス =受注者カスタマーサクセス 発注コンシェルジュ =発注者カスタマーサクセス ユニラボ 組織図 アイミツCLOUD推進部 アイミツSaaS推進室 企画(BP) CPO室
  25. 部署・ポジション例 新規営業 リレーションシップセールス 発注コンシェルジュ マーケティング 経営企画 人事/HR

  26. フロントエンジニア サーバーサイドエンジニア UI/UXデザイナー 26 部署・ポジション例

  27. アイミツ事業部各グループの役割 27 受注者新規営業 KPI:新規獲得社数(売上額) 新規受注企業様の契約獲得を目指す リレーションシップセールス =受注者カスタマーサクセス KPI:受注者サービス継続率 受注企業様に継続的に活用いただける ようサポートを行う

    発注コンシェルジュ =発注者カスタマーサクセス KPI:率挙手発生案件化率 =対応を希望する受注者が 1社でもいる 案件数/発注者からの相談案件数 発注企業様の相談を案件化して マッチする受注企業様を紹介する 発 注 者 受 注 者 集 客 力 の 提 供 意 思 決 定 の 支 援 情報収集 資料 請求 商談 見積 取得 稟議 申請 集客(web/テレアポ) リード 商談 提案 決済
  28. ⑤Value&Culture 28

  29. 「まっすぐ」 29 ユニラボのバリュー 〜私たちが大切にする価値観〜

  30. 30 ユニラボ社員データ ※2020年データ

  31. 31 ユニラボ社員データ 出 身 企 業 規 模(正社員)
 ※2020年データ