そーだいなるVOYAGEGROUPの裏側#fluct広告配信の舞台裏の技術者たち

 そーだいなるVOYAGEGROUPの裏側#fluct広告配信の舞台裏の技術者たち

書籍「Engineers in VOYAGEー事業をエンジニアリングする技術者たち」 の出版を記念してイベントを開催。

そーだいさん(@soudai1025)にモデレータをつとめていただき、VOYAGE GROUPの技術者たちと書籍で語りきれなかったエンジニアリングやその文化について深掘りするイベント用の資料になります。。今回は、書籍の中の第1章で取り上げたfluctチームの技術者たちが出演しています。

8434e5fcdb11033234455d4b2bfb6bb3?s=128

VOYAGE GROUP Tech

October 02, 2020
Tweet

Transcript

  1. Engineers in VOYAGE
 そーだいなるVOYAGE GROUPの裏側
 #fluct 広告配信の舞台裏の技術者たち
 2020年10月2日(金) 12:30-14:00
 ハッシュタグ:

    #voyagebook
 
 

  2. Engineers in VOYAGE
 曽根 壮大 (@soudai1025) そーだいなるVOYAGE GROUPの裏 側のモデレータ。株式会社オミカレの副 社長/CTOなどを経て、合同会社

    Have Fun Techを起業。 コミュニティでは、 Microsoft MVPをはじめ、日本 PostgreSQLユーザ会の理事として勉 強会の開催を担当し、各地で登壇して いる。『失敗から学ぶ RDBの正しい歩き 方』を執筆。 鈴木 健太 (@suzu_v) 社内では「すずけん」と呼ばれる、ウェ ブ技術全般に明るい fluct CTO。日々 PHPやGoでAPIを、Reactで画面を書 いている。広告技術をひたすらやってい る。fluctのプロダクト全般を見ている立 場から、その歩んできた道のりを語る トミール (@tomita) 「ルー語変換」という日本語変換サイト や、Googleで「はらへった」と検索する と自宅にピザが届く仕組みを開発したこ とでも知られている。いくつかのベン チャー企業を経て2011年にVOYAGE GROUPに入社。2018年からfluctにて Exchangeサービスの立ち上げと成長 に関わっている。忍者好きができるだけ バレないよう忍びつつ Bid Requestを 捌く日々。 にしごり (@_nishigori) Makefileダイスキ。2014年からfluct にて、オンプレミスとクラウドのハイブ リッド構成への取り組み、アプリケー ションのビルド・デプロイ高速化に励む 毎日。Makefileダイスキ。 出演者紹介

  3. 時間
 内容
 12:30-12:35
 オープニング
 12:35-12:50
 VOYAGE GROUP / fluct紹介
 12:50-13:50


    パネルディスカッション&随時 #voyagebook 質問回答 
 13:50-13:55
 PR、お知らせ
 13:55-14:00
 クロージング
 14:00
 終了
 タイムテーブル

  4. VOYAGE GROUP / fluct について


  5. 1999年の創業から20年間、様々な事業に挑戦し続けることで成長してきました。 
 過去10年間でも、20以上の子会社を立ち上げ、100以上の事業やサービスに挑戦してきました。 
 
 
 
 VOYAGE GROUPについて
 (売上推移)


  6. fluctについて
 • fluctは広告配信システム全体のうち広告が掲載されるメディアの側で利用される仕組みを提供していま す。 そのようなシステムは一般に「SSP(Supply-Side Platform)」と呼ばれています。 
 • 広告を出す側で利用される「DSP」、もしくは「アドネットワーク」といった別のシステムと連携して「いい感じ」 に広告を出すことが、fluctの主な仕事です。

    
 • 月間広告配信330億imp以上/1万サイト以上に利用されていて、日本最大級のSSPとなっています。 
 SSP
 メディアの成長を共創する
 図は「Engineers in VOYAGEー事業をエンジニアリングする技術者たち」から引用

  7. プロダクトについて
 低レイテンシと安定性を生むアーキテクチャ - SSPの現場に学ぶ、高可用性のつくり方 より
 レスポンスで広告を返すまでの目安は200ms 
 広告を必ず返すことが重要 
 オンプレミスとAWSを組み合わせてコストとスケー

    ルのバランスを保つ 
 データのコピーを入 れ独立化する
 悪くなったサーバーは 切り捨て、全体を安定 に動かす

  8. fluctは事業会社全体として見ると 80人 くらいの規模感で 25人 の開発者がいます。
 チームについて


  9. Engineers in VOYAGE
 曽根 壮大 (@soudai1025) そーだいなるVOYAGE GROUPの裏 側のモデレータ。株式会社オミカレの副 社長/CTOなどを経て、合同会社

    Have Fun Techを起業。 コミュニティでは、 Microsoft MVPをはじめ、日本 PostgreSQLユーザ会の理事として勉 強会の開催を担当し、各地で登壇して いる。『失敗から学ぶ RDBの正しい歩き 方』を執筆。 鈴木 健太 (@suzu_v) 社内では「すずけん」と呼ばれる、ウェ ブ技術全般に明るい fluct CTO。日々 PHPやGoでAPIを、Reactで画面を書 いている。広告技術をひたすらやってい る。fluctのプロダクト全般を見ている立 場から、その歩んできた道のりを語る トミール (@tomita) 「ルー語変換」という日本語変換サイト や、Googleで「はらへった」と検索する と自宅にピザが届く仕組みを開発したこ とでも知られている。いくつかのベン チャー企業を経て2011年にVOYAGE GROUPに入社。2018年からfluctにて Exchangeサービスの立ち上げと成長 に関わっている。忍者好きができるだけ バレないよう忍びつつ Bid Requestを 捌く日々。 にしごり (@_nishigori) Makefileダイスキ。2014年からfluct にて、オンプレミスとクラウドのハイブ リッド構成への取り組み、アプリケー ションのビルド・デプロイ高速化に励む 毎日。Makefileダイスキ。 パネルディスカッション

  10. PRとお知らせ


  11. Engineers in VOYAGE
 事業をエンジニアリングする技術者たち 
 監修:株式会社VOYAGE GROUP、編者:和田卓人
 主要目次
 • 第1章

    fluct
 ◦ 広告配信の舞台裏の技術者たち 
 • 第2章 Zucks
 ◦ フルサイクル開発者の文化 
 • 第3章 VOYAGE MARKETING 
 ◦ 20年級大規模レガシーシステムとの戦い 
 • 第4章 VOYAGE Lighthouse Studio 
 ◦ 数十万記事のメディアをゼロから立ち上げる 
 • 第5章 サポーターズ 
 ◦ 事業の成長を止めない手段としてのシステム刷新 
 • 第6章 データサイエンス 
 ◦ エンジニアによるビジネスのための機械学習 
 
 Twitterハッシュタグ #voyagebook に
 たくさんの素敵な書評や感想もいただいています
 
 こちらでご購入いただけます。 
 • amazon.co.jp(書籍) • amazon.co.jp(Kindle版) • ラムダノート(書籍+電子版)
  12. 次回、そーだいなるVOYAGE GROUPの裏側 は
 書籍の中のこちらのチーム 
 第2章 Zucks ― フルサイクル開発者の文化 


    • アドネットワークとしてのZucks
 • DSP開始
 • Zucksのエンジニア文化
 • ドキュメントがまったく存在しないシステム
 • 新しくジョインしたら初日に機能をリリースする
 • 重要なのは切り戻しできるかどうか
 • チームの文化はスケールできるのか
 • 広告業界の変化に向き合う
 2020年10月9日(金) 12:30-14:00
 そーだいなるVOYAGE GROUPの裏側 #Zucks フルサイクル開発者の文化
 

  13. 事業をエンジニアリングする技術者たちがいます
 事業をエンジニアリングする技術者たち 


  14. 株式会社fluct SSP開発本部 ソフトウェアエンジニア
 広告配信システムはミッションクリティカルなシステムでありながら、その裏を支えるレポーティングや配信設定、並びに顧客管理な ど様々な基本機能があります。年々配信方式が多様化し、ビジネスのスキームが変わっていく中でプラットフォームとして洗練され、 変化に強いシステムを作るのが私達の仕事です。
 
 
 仲間を募集中です
 


    
 
 fluctでは、仲間と共に成長しながら事業をエンジニアリングする技術者を
 積極大募集中です
 株式会社fluct エクスペリエンスデザインセンター フロントエンドエンジニア
 fluctのフロントエンドエンジニアリングは実験主義に重きをおいています。リリースを細かく重ね、ユーザの反応をみて改善を していきます。新たなツールの採用、コードの読みやすさ、新しいコンポーネントのテストなど、リリースをすばやく重ねていくこ とで学びを増やすのが私達のプロダクト改善へのアプローチです。

  15. もうちょっと話を聞いてみたい方はこちらまで
 Ask the Engineers
 in VOYAGE
 気軽に質問や情報交換などができるオンラインカ ジュアル面談を調整します。 
 すぐに選考を希望する方でなくとも問題ありません

    し、情報交換からという方も歓迎です。 
 ask the engineers VOYAGE 検索 https://hrmos.co/pages/voyagegroup/jobs/0000044