骨髄バンク語り部事業原稿

42fd2e06e85516db7d812d69cac4c9f1?s=47 ph+ALL
November 21, 2020

 骨髄バンク語り部事業原稿

骨髄バンクの語り部事業の原稿として書いてみました。地味に2週間くらいコツコツ書きました。
まだ登録しただけでお呼びかかってないのですが、修正、改善したいのでレビューコメントお願いします。

42fd2e06e85516db7d812d69cac4c9f1?s=128

ph+ALL

November 21, 2020
Tweet

Transcript

  1. 私の造血幹細胞移植 日本骨髄バンク語り部派遣事業 1

  2. プロフィール ◦ 出身地:東京都昭島市 ◦ 千葉歴:2年 ◦ 趣味:グルメブログ、ラジオ、陸上競技観戦 ◦ 経歴:大学院修士課程修了後、通信系のIT企業に就職。 2

    昭島市のキャラクター あっきー あいらん
  3. はじめに 本施策は日本骨髄バンクによる派遣事業です。 本日の目的は以下です。 ◦ 造血幹細胞移植が必要な急性リンパ性白血病の闘病経験を語らせて頂き、血液疾患や造血幹 細胞移植がどのようなものなのか、ご理解いただく。 ◦ その上で、血液疾患や骨髄ドナー、献血についてご関心を持っていただく。 注意:あくまで移植治療の一例をご紹介するものであり、全てがこれにあてはまるわけではありません。 3

  4. 発症前の生活 2019.05 age.27 ◦ 新卒入社した会社で2年目に突入。新しいPJを任されたばかり。 ◦ 婚約して3か月。両家顔合わせも済ませ、結婚式を計画中。 4

  5. 身体の変調 めまい 耳鳴り 腹痛 発熱 痺れ 頭痛 5

  6. 急性白血病を発症 身体の変調 近所のクリニック を受診 血液の異常を 指摘される 国立病院にて 骨髄検査 急性白血病の 確定診断

    めまい、発熱、頭痛、 耳鳴り、腹痛、痺れ 5日間 4日間 6
  7. コラム1. そもそも白血病とは? Fig1.正常な血液 Fig2.白血病患者の血液 血液のがん 遺伝子変異を起こした幼若な血液細胞が増え続ける疾患 難治性の場合には造血幹細胞移植が必要 7

  8. 死の宣告 全身の血管が白血病細胞に埋め尽くされている状態 今すぐ死んでもおかしくない状態。 白血病細胞に埋め尽くされたドロドロの血液が心臓や脳に血栓をつくるか、 免疫機能が皆無になり重度の感染症にかかるか、 いずれかの原因で死んでしまう危険があります。 今夜が山場です。何かあっても蘇生措置等の延命は行わないのでご理解ください。 8

  9. 発症当時の心境 寝るのが怖い ・・・もう目覚めることがないかもしれない 無菌室に閉じこめられて独りで死ぬことばかり考えて泣 き続けてしまう fig3. 無菌室の夜明け 9

  10. 治療のはじまり 白血病の種類 特定 専用の薬 (分子標的薬) により容体が安定 HLA型の検査 ドナーの決定 (血縁者) 寛解導入療法

    (抗がん剤) 造血幹細胞移植 フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(ALL Ph+) 難治性の白血病。造血幹細胞移植が必須。 2週間 2週間 10 Fig4. 会社から頂いた千羽鶴
  11. コラム2. HLA型とは ◦ いわば白血球の型のこと。 赤血球の分類によるABO式血液型とは異なる。 ◦ HLA型が一致した移植が望ましい。しかし数万通りもある… ◦ 自分の場合ドナー登録者の中で完全に適合した人が3人しかいなかった。 HLA型

    ABO式血液型 1 場所 第6染色体MHC領域 赤血球表面 2 種類 数万通り 4(Rhを考慮すれば8)通り 3 検査方法 唾液採取 採血 4 用途 造血幹細胞移植 輸血 表1. HLA型とABO式血液型の比較 11
  12. 治療のはじまり 白血病の種類 特定 専用の薬 (分子標的薬) により容体が安定 HLA型の検査 ドナーの決定 (血縁者) 寛解導入療法

    (抗がん剤) 造血幹細胞移植 フィラデルフィア染色体陽性 急性リンパ性白血病(ALL Ph+) 難治性の白血病。造血幹細胞移植が必須。 2週間 2週間 12 4週間
  13. 造血幹細胞移植のプロセス 全身放射線 治療 大量抗がん剤 療法 造血幹細胞 を体内へ輸注 大量抗がん剤 による激しい 副作用

    造血幹細胞 の生着 13 Fig5. 5段にも連なった点滴ポンプ 体内の白血球 全て破壊
  14. コラム3. 造血幹細胞移植はどっち? 14 ①手術 ②点滴 ヒント:血球を作る細胞 (造血幹細胞)をドナーのもの に差し替える

  15. コラム3. 造血幹細胞移植はどっち? 15 ①手術 ②点滴 ドナーの細胞を輸注すること自 体にはほとんど苦痛を伴わない 30分程度で終了

  16. 造血幹細胞移植のプロセス 全身放射線 治療 大量抗がん剤 療法 造血幹細胞 を体内へ輸注 大量抗がん剤 による激しい 副作用

    造血幹細胞 の生着 16 毎日の40℃以上の高熱 日夜続く吐き気 突如くる細菌性の下痢 消化管から口内まで続く 粘膜炎 身体に馴染んで 白血球が増加
  17. 無事生着し、退院 17 Fig6. 白血球数の上昇 Fig7. 退院時の病室

  18. 1か月後再発、再移植決定 18 Fig8.移植した造血幹細胞 白血病の再発はよくあること 寛解導入療法を念入りに 放射線治療を念入りに 期間2倍 放射量7倍 治療期間を長く 期間2倍

  19. ふりかえると… 19 身体的に大変 ・抗がん剤による副作用 ・首へのカテーテルの挿入:6回 ・腰の骨から髄液を吸い上げる骨髄検査:9回 精神的に大変 ・発症時の死の恐怖 ・再発時の「あの苦しみはなんだったのか」という落胆 ・家族や恋人との人間関係

  20. 白血病は他人事ではない 20 ※国立がん研究センター がん情報サービス(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html)より作成 2017年13830人 発症原因は不明 明日発症する 可能性も ゼロではない Fig9.白血病罹患者数の推移

  21. 献血のお願い 21 Fig11.実際にに輸血された血液製剤 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3

    3.5 2/18 2/19 2/20 2/21 2/22 2/23 2/24 2/25 2/26 2/27 2/28 3/1 3/2 3/3 3/4 3/5 3/6 3/7 3/8 3/9 3/10 3/11 3/12 3/13 赤血球数 (*10^6個/μℓ) 採血日(mm/dd) 輸血 輸血 輸血の度に赤血 球数増加 ・毎日のように輸血を受けていた ・献血した血液はしっかり患者の血液状態改善に役立てられる Fig10.輸血による赤血球増加
  22. ドナー登録は責任を持って 22 ドナー登録には関心を持って頂きたいが、骨髄提供に際して、 自分の身に何が起こるのかしっかり確認し、十分に精査した上で ご登録頂きたい。 ドナー検索 ドナー依頼 提供拒否 これを繰り返し長期間 骨髄提供者が見つから

    ないことも
  23. 23 人生いろいろありますが、互いに助け合える社会が理想だと思います。 ご理解頂けると嬉しいです! ありがとうございました!