Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Yondemy_ソフトウェアエンジニア採用説明資料

95260ff6ac20abb0794c049c570b3e17?s=47 Yondemy
July 28, 2021

 Yondemy_ソフトウェアエンジニア採用説明資料

95260ff6ac20abb0794c049c570b3e17?s=128

Yondemy

July 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. #01 サービスについて #02 作り手からみた魅力 #03 開発組織 #04 ミッション Chapter

  3. サービスについて #Chapter 01

  4. 子どもが読書好きになる オンライン習い事サービス Webアプリを通じたサポートで 誰もが読書に夢中になっていく 「読書教育」という 全く新しい体験を提供しています。 ヨンデミーオンライン サービス 魅力 開発組織

    ミッション・ビジョン
  5. そもそも読書教育とは? サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 読書体験全体をアップデートし、子どもたちの成長を支えていく教育。 感想をシェア 読んだ後のサポートとして、 アウトプットの機会を作ります。 同じ本を読んでいる友達の存在が

    大きなモチベーションに! 対話型のレッスン 読む前のサポートとして、 本を手に取るきっかけ作りをします。 本の楽しみ方がわかるクイズや、 本のみどころ紹介動画なども! 本のおすすめ 独自のアルゴリズムを用いて 好み・読む力に合った本を選び、 個別の理由付きでおすすめ! 本を読む 楽しく読み切れる本や ちょっと背伸びして読む本を バランスよく読むことで、 自然にステップアップできます。
  6. % 月次継続率 93.0※2021年 3〜6月平均 累計生徒数 1,000人超 ※無料体験ユーザーを含む ※2021年5月末時点 創業以来、Paid広告は一切打っていませんが、 ママ友間での力強い口コミにより、しっかりとグロースしています。

    現状はまだまだリーンな機能提供に留まっていますが、 継続率は高く、ユーザーに愛されるサービスとなっています。 サービスの現状(トラクション) サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン
  7. 解決したい社会課題 サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 子どもの読書離れが深刻化している もはや本は当たり前の存在ではない。 を届けなければいけない! 本との出会い 80

    100 120 90 110 130 140 129.1分 83.3分 小学生の1日のインターネット利用時間 2015 2016 2017 2018 2019 2020 その代わり、手軽な遊びであるYouTubeやゲームに夢中 もともと本好きな子どもすら 本<YouTube 忙しい親は「子守代わり」にスマホを渡す 例
  8. 保護者の不安は募るばかり…… サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 文章が苦手だから、教科書が読めない…… 学力面 感想がいつも一言。語彙が少なくて心配…… 言語面 想像力が乏しく、友達ともケンカばっかり……

    情操面
  9. ユーザーボイス サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン アプリ内のチャットに寄せられた子どもたちの声です。 ※ヨンデミー先生とは、子どもたちとチャットでやりとりをするAI司書です。

  10. ユーザーボイス サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 実際にヨンデミーオンラインを利用されている保護者様のツイートです。

  11. 作り手から見た魅力 #Chapter 02

  12. 親子の生活を変えていくプロダクト サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 読書習慣を起点に、子どもたちの毎日に寄り添う 1日1回、落ち着いて本を読む時間。 毎日ヨンデミーのアプリを開き、 感想を記録することが習慣になる。 「こんなシーンが面白かった!」

    「主人公のこのセリフが好き!」 本を起点とした親子の会話が生まれ、 親は子の意外な一面を知ることができる。 ヨンデミーオンラインは、 を届ける。 親子関係をも変える新しい体験
  13. “読書を習う”という文化を創る挑戦 サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 読書は、子どもの になる。 一生を支え続ける武器 ピアノ、水泳、そろばん、習字。 それらに並ぶ、「読書」という選択肢。

    テストの成績を上げるためじゃない。 英語もプログラミングも、 ビジネスもアートも、 全部、本に書いてある。 読書という「学ぶ手段」を通して、
 子どもの将来の可能性を広げる習い事を。 本が読めればなんだって学べる。
  14. 読書を科学することの面白さ サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン エンジニアリングを機軸とした を 再現性のある体験 どんな子にどんな本をお薦めすれば、 お気に入りの一冊との出会いになるのか。

    どんなタイミングで背伸びを促せば、 スムーズにステップアップできるのか。 独自のAI司書システムや、Webアプリなど、 ソフトウェアの力で、 これまで偶然の積み重ねだった読書体験を と変えていく。 再現性の高い成長機会へ 実際の受講生の読んだ冊数と難易度の推移
  15. 開発組織について #Chapter 03

  16. 現状のチーム構成と課題 サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン CEO 笹沼 颯太 CTO 武川

    聖宗 デザイナー インターン1人 AI司書開発 インターン1人 エンジニア 副業5人、インターン1人 教材開発/マーケPR 社員1人、インターン5人 採用組織戦略の策定を含めた開発組織の立ち上げ プロダクト戦略に基づく、高速な仮説検証・機能実装サイクルの実現 アーキテクチャを含めた半年、1年後の開発ロードマップの作成 課題 正社員エンジニアを迎え、 組織を1から作り上げたい
  17. こんな人とお話ししたい! サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン ユーザーの声にとことん向き合える人 読書が好き、ないし教育に関心がある人 組織を1から作り上げていきたい人 広範な裁量権を持って、事業作りにコミットしたい人 職掌にこだわらず、課題解決にフォーカスできる人

    短期的な成果と長期的な正しさのバランスを取れる人
  18. 直近の技術的な取り組み サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン データドリブンな意思決定の基盤作り 早期にデータ分析の基盤の整備に取り組んでおり、 BIツールの導入やSlack連携により、 データを可視化し、全社で共有しています。 長期的な開発に備えた設計

    フロントエンドではAtomic Design、バックエンドではDDDなど、
 保守性の高い設計を採用しています。 また、E2Eテストやビジュアルリグレッションテストなど、
 生産性向上のための投資も積極的に行っています。
  19. ミッション・ビジョン #Chapter 04

  20. Mission サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン 日本中の子どもたちへ、 豊かな読書体験を届ける

  21. Vision サービス 魅力 開発組織 ミッション・ビジョン Visionはあえて定めていません。 読書の先に広がる世界に限りはなく、何か一つに絞るべきではないためです。 代わりに、メンバーそれぞれが個人Visionを思い描くことにしています。 以下は現メンバーの個人Visionの一部です。 努力が報われる世界を創る

    自己愛が循環する社会の実現 世界を丁寧に掬い取る力を 転げまわるような知のよろこびを 全ての子どもに没頭体験と審美眼を 古今東西の世界観の獲得 生まれ持った能力に関わらず 十分幸せになれる日本社会の実現 瞳輝く非日常を日常に 読みひたり、学びひたる、 優劣のかなたへ全ての子どもたちを
  22. ご興味をお持ちの方はぜひ 今すぐ副業・転職をご検討ではなくても、 お気軽にご連絡ください。
 ここでは公開されていない事業進捗や、 習い事に留まることのない今後の事業構想などを含めて カジュアルにお話しさせてください! @souta_sasanuma