Slide 1

Slide 1 text

Copyright© M&Aクラウド エンジニア候補者向け 採⽤ピッチブック

Slide 2

Slide 2 text

Copyright© M&Aクラウド ⽬次 2 1. 会社概要 2. 組織について 3. M&A業界の課題について 4. 事業について 5. 開発体制 6. チームづくり 7. こんな⽅を求めています 8. 選考フロー

Slide 3

Slide 3 text

Copyright© M&Aクラウド 会社概要 3

Slide 4

Slide 4 text

Copyright© M&Aクラウド 会社概要 会社名 株式会社M&Aクラウド 所在地 東京都千代⽥区麹町1-4-4 ZENITAKA ANNEX 7F 創⽴ 2015年12⽉7⽇ 事業 M&A‧資⾦調達プラットフォームおよび アドバイザリーサービスの提供 投資家 インキュベイトファンド スカイランドベンチャーズ SMBCベンチャーキャピタル STRIVE 郵政キャピタル等 資本⾦ 12.4億円(資本準備⾦を含む) 4

Slide 5

Slide 5 text

Copyright© M&Aクラウド 5 M&Aクラウドのミッション/ビジョン M I S S I O N V I S I O N テクノロジーの⼒でM&Aに流通⾰命を 時代が求める課題を解決し時価総額10兆円企業へ 我々M&Aクラウドは、テクノロジーの⼒でM&Aを もっと簡単に、もっとスマートにすることで、上 記の課題の解決を⾶躍的に進ませ、時代が求める 役割を果たしていきます。 時価総額とは「どれだけ⼤きな課題を解決すること が可能か否か?」を表す指標です。 「10兆円」という数値は、我々が解決する課題の⼤ きさを表します。志⾼く、世界を代表する偉⼤な企 業を⽬指し、挑戦します。

Slide 6

Slide 6 text

Copyright© M&Aクラウド 6 M&Aクラウドの会社概要 スタートアップのイグジット問題、事業承継問題をM&Aで解決したい 代表取締役CEO 及川厚博 2011年在学中にマクロパスを創業、オフショアでの受託開発事業を4年で年商 数億円規模まで成⻑。事業売却をした際に、企業価値の算定と買い⼿探しには ⼤きく悩まされた。また、実家が不動産業を営んでおり、事業承継に課題を感 じている。これらの課題をテクノロジーの⼒で解決したい想いから、M&Aク ラウドを設⽴。Forbes NEXT UNDER 30選出。 代表取締役COO 前川拓也 ホクレン農業協同組合連合会に所属、てん菜事業に関する100億円規模の収⽀ 計画を組む業務を⾏う。農業団体にいた経験により、退会後は⽣産調整された 農畜海産物を直接飲⾷店に届けるeコマース事業を2014年に⽴ち上げ。2年後 に事業を売却。事業売却時に感じた不快感と⽗の会社を継がずに廃業させた悩 みを解決するためにM&Aクラウドを設⽴。

Slide 7

Slide 7 text

Copyright© M&Aクラウド 7 経営陣 慶應義塾⼤学商学部卒 ジャフコの海外投資部⾨にてシリコンバレーやイスラエルのIT企業への 投資、JV設⽴、⽇本進出業務を⾏う。2001年よりアクセンチュアのコー ポレートデベロップメント及びベンチャーキャピタル部⾨に勤務。2003 年より三菱商事傘下のワークスキャピタルにてMonotaRO、ベンチャー リパブリックの創業投資からIPOを経験。2007年にネット事業のシード ステージ投資に特化したファンド、コアピープルパートナーズを設⽴。 gumi やポケラボの設⽴期、創業期での事業投資育成を⾏い、⼤きく成⻑ させる。2010年にインキュベイトファンド設⽴、代表パートナー就任。 東北⼤学⼯学部卒、東京⼤学⼤学院新領域創成科学研究科修了 公益社団法⼈⽇本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA) 2015年新卒で野村證券株式会社へ⼊社。インベストメント‧バンキング 部⾨にて、インダストリアルズやコンシューマー、ヘルスケア業界の企 業に対するM&AやIPO等の提案やエグゼキューションに従事。 2019年1 ⽉にM&Aクラウドに⼊社。M&Aアドバイザリーを担うMACAP事業本部⻑ を務めながらCFOとして資⾦調達やM&Aを⼿がけた。 取締役 本間 真彦 執⾏役員CFO 村上祐也 早稲⽥⼤学 政治経済学部卒 2006年新卒で株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に ⼊社。ホールディングスでの国内∕海外事業の統括、経営企画を経て、 複数の⼦会社の取締役を担当。 その後Zホールディングス株式会社に⼊ 社し、ヤフー株式会社の財務企画本部⻑、経営企画本部⻑を歴任。2023 年8⽉にM&Aクラウドに⼊社。 執⾏役員CSO ⽯塚 純⼀ 東京⼯業⼤学 経営システム⼯学科卒 ⼤学在学中からITスタートアップでエンジニアとしてインターンし、求 ⼈サイトの開発やECサイトの開発を主導。2014年新卒で株式会社ドワン ゴに⼊社し、ニコニコ静画サービスにおいて、Web開発を担当。また、 関連サービスのニコニコ漫画アプリではiOS開発に参加。 当アプリは両 プラットフォーム(iOS、Android)累計100万ダウンロードを突破。2017 年1⽉M&Aクラウドに⼊社。M&Aクラウド‧資⾦調達クラウドのサービ ス⽴ち上げ、開発組織の採⽤‧マネジメント全般を⼿掛ける。 執⾏役員CTO 荒井和平 同志社⼤学商学部卒 デザイン会社の営業職を経て2008年にグリー株式会社に⼊社。同社の マーケティング シニアマネージャー、株式会社Wondershakeのマーケ ティング部⻑を経て、ウェルスナビ株式会社の執⾏役員CMOとして、同 社の上場およびその後の事業成⻑をリード。 2022年4⽉よりM&Aクラウ ドに⼊社。CMOとしてマーケティングを牽引しながら、プラットフォー ム事業を管掌。 執⾏役員CMO 三井真輔 2003年に株式会社平和に⼊社。法⼈営業部⾨で10年間以上継続して売上 成績第1位を記録、東京エリアの責任者として営業部⾨の統括を⾏う。 平 和時代に経験したPGMホールディングスの⼤型買収を⽬の当たりにし、 M&Aの世界に興味を持つ。 ⽇本の課題でもある事業承継問題の解決とし てM&Aが重要視されているが、既存の仲介モデルだと⼿数料の問題で解 決できないことを知り、M&Aプラットフォームの必要性を感じる。 2018 年8⽉にM&Aクラウドに⼊社。 社⻑室 室⻑ 執⾏役員 岡道 俊⼈

Slide 8

Slide 8 text

Copyright© M&Aクラウド 8 事業規模、組織規模ともに急成⻑中 従業員数推移 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 2017年7⽉ シード 3千万円調達 2018年4⽉ M&Aプラットフォームサービス開始 2018年8⽉ シリーズA 7千万円調達 2020年1⽉ シリーズB 2億円調達 2021年4⽉ M&A Cloud Advisory Partners サービス開始 2021年10⽉ シリーズC 10億円調達 2022年11⽉ 資⾦調達クラウド サービス開始 2023年8⽉ M&Aクラウドエージェントサービス開始 会社沿⾰ 資⾦調達クラウド 調達企業登録 3000社以上 M&Aクラウド 売り⼿企業登録 9600社以上 アドバイザリー事業 所属アドバイザー 20⼈以上

Slide 9

Slide 9 text

Copyright© M&Aクラウド 9 組織について ABOUT US

Slide 10

Slide 10 text

Copyright© M&Aクラウド 10 組織図詳細説明_2024年1⽉1⽇以降 10

Slide 11

Slide 11 text

Copyright© M&Aクラウド 11 組織の⽐率(2024年3⽉時点) バランスの取れたメンバー⽐率 96名 +インターン 14名 開発‧プロダクト 約16%、営業‧CS 約23% M&Aアドバイザー 約28%、バックオフィス 約15% 【職種⽐率】 【年代⽐率】 各職種で経験者が多く集まっており、専⾨性を活 かして、M&Aクラウドを盛り上げています 平均年齢 33.8歳

Slide 12

Slide 12 text

Copyright© M&Aクラウド 12 M&A業界の課題について

Slide 13

Slide 13 text

Copyright© M&Aクラウド 13 M&Aが増えることで解決したい課題 我々のミッションである「テクノロジーの⼒でM&Aに流通⾰命を」 M&Aが当たり前になることで、解決できること。 国も警鐘を鳴らす 92万法⼈の 事業承継問題 aa スタートアップ M&Aが少なく 世界で勝てない 経営者の キャリアの遅れ ‧⽶国はIPOとM&Aの⽐率が1:9に対して、⽇本は7:3 ‧⽇本のIPO社数は100件程度が上限にも関わらず、資⾦調達環境だけは改善しており歪つ。 ‧GAFAはM&Aを活⽤して世界で勝っているが、⽇本企業は⼩さく乱⽴して世界で勝てていない。 ‧Googleは18年間で224件買収。1年に12~13件買収している計算となっている。 ‧2025年に70歳以上の法⼈が92万社となる。⽇本の中⼩企業M&A数は1000~1500件と少なすぎる。 ‧中⼩企業全体で約3,200万⼈の⽅が雇⽤されており、これは、⽇本の従業者の約7割が中⼩企業で雇⽤ されている計算。 ‧世界の創業100年以上の企業が総計8万66社の中、⽇本の企業は41.3%の3万3076社と世界で最も多 い。このままでは、伝統的な技術やブランドが途絶えていってしまう。 ‧サラリーマンは、転職可能になってきているのに、経営者はキャリアチェンジ困難という歪さ。 ‧世界的にもイーロン‧マスクなどシリアルアントレプレナーが台頭してきているのに、M&A=⾝売りと いうイメージの悪さ。 ‧海外の投資家は元起業家が多いのに、⽇本の投資家は、⾦融出⾝。

Slide 14

Slide 14 text

Copyright© M&Aクラウド 14 【業界課題】⼩規模M&Aマーケットの課題 ⼩規模M&Aの場合は5,000万円で会社売却するのに2,000万円のM&A仲介⼿数料では ⾦銭的なメリットがなく現実的にM&Aが成⽴しづらい ⼿数料が⾼い割にFA業務はあ まりしてくれなかった スモール売却したいのに M&A仲介業者に断られた 買い⼿さえ紹介してくれれば 後は⾃分たちで交渉できる 仲介業者にIT系の話が 通じないので不安しかない 結局マッチングしかしてない のに⼿数料が⾼すぎる スモール買収もしたいのに 案件を持ってこない 売り⼿さえ紹介してくれれば 後は⾃分たちで交渉できる 同じ会社が両側のFAをするの は利益相反なのでおかしい M&A仲介業者 給与2,000万円、年間1.2件成約 売り⼿ 買い⼿ 仲介⼿数料 買い⼿ 売り⼿ 着⼿⾦ 100万円 100万円 中間⾦ 成功報酬の20% 成功報酬の20% 成約料 売買対価5% 売買対価5% 最低⼿数料 2,000万円 2,000万円

Slide 15

Slide 15 text

Copyright© M&Aクラウド 15 【業界課題】⼤型M&Aマーケットの課題 ⼤⼿上場M&A仲介業者3社合計でも潜在M&A仲介市場の1%程度のシェアしかとれていない 既存の仲介業者のマンパワーだけでは⼀⽣解決できない構造になっている 潜在M&A仲介市場規模5兆円 に対してたった1% のシェアしか取れていない M&A⼤⼿仲介 上場3社合計 507億円 M&A⼤⼿仲介 上場3社合計※1 5兆円の 市場に必要な数 成約数 724件 69,938件 アドバイザー数 652名 62,983名 M&A仲介業者 ※アドバイザ―数を100倍に増やすことは⾮現実的 テクノロジーの⼒でM&Aに流通⾰命を起こすしかない それができるのは 年間1.2件しかM&A成約できない ※1 各社の有価証券報告書を参照(2020年3⽉期~2020年9⽉期)

Slide 16

Slide 16 text

Copyright© M&Aクラウド 16 事業について(M&Aクラウド) OUR BUSINESSES

Slide 17

Slide 17 text

Copyright© M&Aクラウド 買い⼿企業 売り⼿ユーザー 17 M&Aクラウドのサービスフロー 求⼈広告のようにM&Aニーズを発信し、売却案件を収集 1.掲載する 3.売却依頼 M&Aニーズを掲載 2.発信する 〇〇領域の会社を M&Aしたい! この会社と⼀緒に やっていきたい! 【メリット】 M&Aニーズを発信するだけで、売 り⼿から売却の連絡が来る 【メリット】 買い⼿のM&Aニーズを⾒ること で、適切なマッチングが可能

Slide 18

Slide 18 text

Copyright© M&Aクラウド 18 M&Aクラウドの競争優位性:IT系に特化することで効率良く買い⼿を集客 サービス開始から5年で買い⼿利⽤社数は2,700社以上 ⽇本のIT上場企業の約35%が買い⼿として弊社サービスを利⽤ ネット事業のリーディングカンパニーCARTA HD。 アドテクと相性の良いメディアやマーケ技術求む! ⼈々の⽣活を豊かにする事業、ライフデータや 先端技術を有する企業を募集してます! ‧IT上場企業の約35%が買い⼿として利⽤ ‧Baiduやfreeeなどの⼤企業も利⽤ freeeがプロダクト開発の仲間を募集。「マジ価値」 なプロダクトでスモールビジネスを⽀援しよう! 買い⼿利⽤社数推移 (2018年4⽉〜2023年9⽉) 2021年2⽉ DeNAによるSC相模原への資本参加を⽀援 2020年2⽉ 掲載をしなくても利⽤できる クローズドプランをリリース 2019年10⽉ 貸付投資の「Funds」と業務提携 2019年6⽉ 買い⼿企業担当者向け イベントを実施(100名規模) 2,700社 2022年10⽉ DeNAによるSC相模原の連結⼦会社化を⽀援 2019年 4⽉ 2020年 4⽉ 2021年 4⽉ 2022年 4⽉ 2023年 4⽉

Slide 19

Slide 19 text

Copyright© M&Aクラウド 19 M&Aクラウドの競争優位性:買い⼿を掲載することによる圧倒的な売り⼿集客⼒ ‧売り⼿の約半数がIT企業 ‧毎⽉200社前後のアクティブ登録 IT•ソフトウェア 通信 46.3% サービス•インフラ 20.4% 売り⼿登録約9,600社の業種内訳 メーカー 7.0% ⾦融 5.7% 広告•出版•マスコミ 4.9% ⼩売 4.3% 商社 2.6% その他 8.9% M&Aを視野に⼊れる売り⼿企業数は9,600社以上 Web経由のインバウンドで売り⼿集客できることを証明 売り⼿登録社数推移 (2018年4⽉-2023年12⽉) 2020年1⽉ 2020年4⽉ 2021年4⽉ 2023年4⽉ 2021年4⽉ 累計売り⼿登録社数約5,000社 2019年4⽉ 累計売り⼿登録社数 1,000社 2021年1⽉ サービスサイトPV100,000 2020年5⽉ 累計打診件数3,000件 9,600社

Slide 20

Slide 20 text

Copyright© M&Aクラウド 20 M&Aプラットフォームサービスのご紹介 プラットフォームは買収サイズで平均1億円(MAX14億円、MIN1円) 課題 買収⽬的 M&A成約実績 スキーム 買い⼿ 売り⼿ 新規事業創出 事業譲渡 既存事業の 拡⼤ M&A 既存事業の 拡⼤ M&A 既存事業の 拡⼤ M&A 個⼈開発事業の M&A M&A 売り⼿/Inspiration 買い⼿/システム‧ロケーション 買収⾦額 8.2億円のM&A成約 業種 ⾃動⾞販売店向けソリューション 財務内容 売上:3.5億円、営業利益:0.8億円、 純資産:2.7億円 買収理由:広義では同じ業界に属しているものの、 独⽴した事業領域や顧客領域、商品特性を有する Inspirationを迎え、より幅広い事業領域、顧客領域 での展開、新商品の開発を⾏う

Slide 21

Slide 21 text

Copyright© M&Aクラウド 21 事業について(資⾦調達クラウド) OUR BUSINESSES

Slide 22

Slide 22 text

Copyright© M&Aクラウド 資⾦調達のマッチングプラットフォーム「資⾦調達クラウド」 22

Slide 23

Slide 23 text

Copyright© M&Aクラウド 23 求⼈広告型のM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」(2018年4⽉〜) 資⾦調達クラウドの利⽤メリット TOP TOP 事業会社から資⾦に加えて、 事業シナジーが得られる! 発⾏体は⼿数料が完全無料! ※着⼿⾦‧成約⼿数料なども⼀切なし 平均3ヶ⽉で資⾦調達が実現! “事業会社”からの資⾦調達に特化したマッチングプラットフォーム 資⾦調達希望の企業は無料で平均3カ⽉での資⾦調達が可能に

Slide 24

Slide 24 text

Copyright© M&Aクラウド 出資企業 資⾦調達企業 24 資⾦調達クラウドのサービスフロー 出資企業と調達企業がプラットフォーム上で双⽅向にアプローチ ⼿数料完全無料 掲載 資⾦調達依頼 出資ニーズを掲載 出資したい 資⾦調達を受けたい 【メリット】 出資ニーズを発信するだけで、資 ⾦調達ユーザーから連絡が来る 【メリット】 出資企業の出資ニーズを⾒ること で、適切なマッチングが可能 発信

Slide 25

Slide 25 text

Copyright© M&Aクラウド 25 資⾦調達クラウドの競争優位性:サービス開始時から急拡⼤中 リリース開始と同時に300社以上の出資企業がサービス利⽤ 資⾦調達企業の登録数は3, 000社を突破し急拡⼤中 資⾦調達⽬的の登録社数推移 (2022年11⽉-2023年12⽉) 2022年11⽉ 2023年4⽉ 2023年9⽉ 出資企業⼀例

Slide 26

Slide 26 text

Copyright© M&Aクラウド 成約実績 資⾦調達時の ステージ 出資企業 資⾦調達企業 アーリー アーリー アーリー ミドル ミドル 26 資⾦調達クラウドの成約事例 幅広いスタートアップの成約事例 出資⾦額 4億円 ファブリカ コミュニケーションズ 中古⾞販売店を⽀援するクラウドサービス、 SMS配信サービス提供、DX推進に資する事業 iimon 不動産仲介会社向けSaaSを開発‧提供 シナジー 不動産DXを推進する新サービスを共同開発 出資企業 資⾦調達企業

Slide 27

Slide 27 text

Copyright© M&Aクラウド 27 事業について(アドバイザリー事業) OUR BUSINESSES

Slide 28

Slide 28 text

Copyright© M&Aクラウド 28 ビジネスモデルの全体像:M&Aプラットフォーム & MACAP プロの⽀援を受けたい⽅にはMACAPがフルサポート 買い⼿ 売り⼿ ❸M&A成功報酬 M&Aプラットフォーム 検索/直接流⼊ 広告流⼊ ①プラットフォーム掲載料 ②M&A成功報酬 初期費⽤ 成功報酬 M&Aアドバイザリー (MACAP) ※売り⼿から売却/資⾦調達の相談が来た場合  MACAPが売り⼿側のサポートをする 成功報酬

Slide 29

Slide 29 text

Copyright© M&Aクラウド 組織紹介 29 ディレクター 川良 潤⼀郎 2022年8⽉⼊社。以前はシステムエンジニアを経て、デロイトトーマツコンサルティング、 EYストラテジーアンドコンサルティング等の総合コンサルティング会社にて、⼀貫して企業 価値向上の為の戦略⽴案から実⾏(M&AやJV設⽴、PMIサポート)まで⼀気通貫したサービ ス提供に従事。 ディレクター 福島 貴将 2022年5⽉⼊社。以前はジャフコグループの投資部にてVC業務に従事。2012年12⽉よりM&A キャピタルパートナーズへ⼊社し、2022年4⽉まで9年5か⽉間、M&A仲介業務に従事。 ディレクター 図⻫ 亮介 2023年3⽉⼊社。新卒でみずほ証券に⼊社、その後⼈材業界を経て、⽇本M&Aセンターに ⼊社。⽇本M&Aセンターでは、⾷品業界専⾨チームにて事業承継を中⼼としたM&Aの⽀援 を⾏う。 ディレクター 近藤 怜史 2021年5⽉⼊社。新卒でみずほ証券に⼊社し、エクイティ調査部にてエンタメ、メディ ア、電⼦部品業界など様々な上場企業の調査に従事。海外赴任も経験し、海外企業の調査 にも従事。その後、外資系投資銀⾏のリンカーン‧インターナショナルに⼊社し、ディー ルサイズ数百億のクロスボーダーM&A案件に複数関わる。 投資銀⾏や総合商社、⼤⼿FAS、M&A仲介会社の出⾝者が集う M&A実務経験者中⼼のプロフェッショナルファーム

Slide 30

Slide 30 text

Copyright© M&Aクラウド 30 MACAPのM&A実績 他の仲介業者が⼿を出せないITスタートアップの中規模案件を中⼼に M&A及び資⾦調達のアドバイザリーサービスを展開 買い⼿の課題‧ 買収⽬的 M&A成約実績 スキーム 買い⼿ 売り⼿ 既存事業の拡⼤ M&A (スタートアップ) デュアルトラック プロセス 事業シナジー マイノリティ出資 成⻑事業の獲得 M&A (スタートアップ) 買い⼿企業 売り⼿企業 ⽬的 研究領域、事業領域の拡⼤のため 事業内容 買い⼿ 農薬 および 化成品の製造‧販売事業 売り⼿ ミガキイチゴの⽣産‧販売事業 テクノロジーを活⽤した農業経営⽀援事業 特徴 VCのファンド満期を契機とした、スタートアッ プ企業の事業会社へのM&Aイグジット

Slide 31

Slide 31 text

Copyright© M&Aクラウド 31 事業について(エージェントプラットフォーム事業) OUR BUSINESSES

Slide 32

Slide 32 text

Copyright© M&Aクラウド エージェントプラットフォーム「M&Aクラウドエージェント」 32

Slide 33

Slide 33 text

Copyright© M&Aクラウド 33 M&Aクラウドエージェントのサービス 当社とエージェント契約を締結したプロのM&Aアドバイザーが 全国の事業承継に悩む企業のM&Aを⽀援 M&Aエージェント インフラ提供とサポート マッチング サポート 専⾨家 サポート 各種データ ベース オフィス

Slide 34

Slide 34 text

Copyright© M&Aクラウド 開発体制 34

Slide 35

Slide 35 text

Copyright© M&Aクラウド 35 開発体制 プラットフォーム開発とデータ開発に分かれて開発を進⾏している。 プラットフォーム開発はPdM‧デザイナー‧エンジニアの3職種で協 ⼒して開発している。 エンジニア エンジニア デザイナー PdM EM エンジニア エンジニア デザイナー PO/PdM エンジニア エンジニア データチーム EM サービス エンジニアリング デザイン プロダクト プラットフォーム開発 データ開発

Slide 36

Slide 36 text

Copyright© M&Aクラウド 36 使っている技術 使っている技術‧ツール frontend backend middleware infrastructure tools 詳細: https://whatweuse.dev/company/macloud

Slide 37

Slide 37 text

Copyright© M&Aクラウド 37 使っている技術 メインはECS Fargateで構築。Laravelか らAWSのマネージドサービスをフル活⽤ している。

Slide 38

Slide 38 text

Copyright© M&Aクラウド 38 開発体制 アプリケーション設計 ● サーバーサイド(PHP/Laravel) ○ App‧Domain‧Infrastractureの3層に分割したレイヤードアーキテクチャ ○ Domain層はフレームワークのコードに依存しない ○ HTTP API の設計はADR(UIアーキテクチャパターン)を採⽤ ● フロントエンド(SvelteKit) ○ Playwrightによるビジュアルリグレッションテスト ● インフラ(AWS/Imgix) ○ ECS Fargateを使い、コンテナベースの開発のためローカル開発環境とイメー ジを共有

Slide 39

Slide 39 text

Copyright© M&Aクラウド データ基盤の設計 39 BigQueryをメインにtroccoとdbtでデータを収集‧変換 データソース データレイク データウェアハウス BIツール データマート データ変換

Slide 40

Slide 40 text

Copyright© M&Aクラウド ⽣成AIの導⼊ 40

Slide 41

Slide 41 text

Copyright© M&Aクラウド ⽣成AIの導⼊ 41 ⽣成AIのプロダクトへの導⼊等最先端の取り組み 詳細 AIによる⼊⼒補助 企業のホームページのデータをGPTモデルで解析し、企業の業 種やカテゴリー、概要を⾃動⽣成 買収ニーズ⽣成 有価証券報告書をGPTモデルで解析し、M&Aのニーズの強さ、 買収対象領域等を算出 買収‧出資シナジー⽣成 買い⼿‧出資企業と売却‧調達企業の組み合わせからも買収‧ 出資が成⽴したときにお互いにどんなシナジーが期待できるか をGPTモデルで⽣成

Slide 42

Slide 42 text

Copyright© M&Aクラウド 42 買収ニーズの⾃動⽣成 元データ:有価証券報告書 事業セグメント 作成データ M&A関⼼度:4段階評価 3:この企業は積極的なM&Aの推進を重点戦略項目として掲げてお り、M&Aへの関心度が高い 事業セグメント 既存事業領域:パッケージベースSI・サービス, ITサービス, クラウド化, DX(デジタ ルトランスフォーメーション)ビジネス 重点事業領域:DX(デジタルトランスフォーメーション)ビジネス その他の取り組み: M&Aの推進, 業務提携先との連携強化 , 直ユーザ取引拡大と 得意分野の強化, 既存SI分野の売上拡大, 新技術・高度技術への対応力強化 , ローコード開発やアジャイル開発等の新デジタル技術人材の技術習得 , クラウド技 術習得, 優秀な人材の確保, 人材育成の強化, プロジェクトマネジメント力の強化 , 品質の向上と安定的な収益確保 , グループシナジーの追求 , サステナビリティへの 取り組み ‧有価証券報告書から買収ニーズを作成する開発に着⼿

Slide 43

Slide 43 text

Copyright© M&Aクラウド チーム作り 43

Slide 44

Slide 44 text

Copyright© M&Aクラウド 44 チーム作りについて 良いプロダクトは良いチーム + 良い仕組み + 発信 これによって弊社のプロダクトチームの考え⽅への賛同者が⾃然と集まってくる状態を⽬指す

Slide 45

Slide 45 text

Copyright© M&Aクラウド 45 開発における改善活動について 開発チームではいろんな仕組みを導⼊しています ● 全員インフルエンサー ● スクラムによるアジャイル開発 ● 輪読会‧感想会‧書籍購⼊補助 ● ペアプログラミング ● ストーリーポイントの20%を開発の改善に投資

Slide 46

Slide 46 text

Copyright© M&Aクラウド 46 技術広報活動について 全員インフルエンサー エンジニアバリューとして「全員インフルエンサー」を掲げて発信に⼒を⼊れている。 具体的に以下のような活動を実施 ● ⾃社テックブログの執筆 ● QiitaやZennなどのナレッジシェアサイトへの投稿 ● ⾃社開催のテックイベントの開催 ● テック系カンファレンスへの登壇

Slide 47

Slide 47 text

Copyright© M&Aクラウド 47 全員インフルエンサー ⾃社テックブログの執筆 QiitaやZennなどのナレッジシェアサイトへの投稿 ● 業務の⼀環としてテックブログを執筆 ● ナレッジシェアサイトへの投稿を推奨 https://tech.macloud.jp/ https://qiita.com/organizations/macloud

Slide 48

Slide 48 text

Copyright© M&Aクラウド 48 全員インフルエンサー ● ⾃社開催のオンライン勉強会を不定期に開催 ● テック系カンファレンスへの登壇を推奨‧サポート‧補助 ● カンファレンスへのスポンサー スポンサー 登壇実績 執筆実績 ⾃社イベント テック系イベント‧勉強会への貢献

Slide 49

Slide 49 text

Copyright© M&Aクラウド 49 スクラム開発 スクラム開発 1スプリント1週間のスクラムによるアジャイル開発 スプリントレビューは事業部全体で⾏いフィードバックを受ける ⽉ ⽕ ⽔ ⽊ ⾦ スプリントプランニング スプリントレビュー レトロスペクティブ バックログリファインメント ※チームによって実施曜⽇が異なる デイリースクラム

Slide 50

Slide 50 text

Copyright© M&Aクラウド 50 ペアプログラミング ペアプログラミング リーン⽣産⽅式に習い1タスク制限 ⾮同期による対話のラリーを減らして効率よくタスクを消化する レビュー依頼 修正依頼 修正 修正依頼 修正 修正確認 OK レビュー依頼 修正依頼 ペア プログラミング OK 画⾯を共有しながら⼀緒に作業することで、メッセージのラリーを減らす。 同期コミュニケーションでスピードアップ。

Slide 51

Slide 51 text

Copyright© M&Aクラウド 51 開発改善への投資 プラットフォーム開発とは別に最低20%を以下のような改善に投資 ● 障害の再発防⽌ ● 開発者体験‧⽣産性向上施策 ● ライブラリ‧フレームワーク保守 ● アーキテクチャ改善 ● セキュリティ対策 ● etc

Slide 52

Slide 52 text

Copyright© M&Aクラウド 52 エンジニアメンバー紹介 テック系カンファレンスの登壇経験や書籍執筆の経験を持つ、質の⾼いチームを組成 アプリ開発だけでなく、インフラやDB、セキュリティなど多様なバックグラウンドを保有 エンジニア 津崎 善昭 2019年M&Aクラウド⼊社。データベーススペシャリ スト、セキュリティスペシャリスト、ネットワーク スペシャリスト資格保有。PHP Conference 2020/PHPerKaigi 2021,2022登壇。 エンジニア 濱⽥ 晃輔 2020年M&Aクラウド⼊社。⼤学院では物性物理学 の理論モデルを⽤いた数値計算⼿法を研究。前職ニ フティでは登録者数50万⼈の光回線接続サービスの 開発‧運⽤に従事。 Licensed Scrum Master 資格 保有。PHP Conference 2020/PHPerKaigi 2021登 壇。 エンジニア 塚原 彰仁 2021年M&Aクラウド⼊社。副業でカフェのサブス クリプションサービス「cafepass」を共同開発。開 発以外にもPMとしても従事、プロジェクト進⾏に ついてBacklog World 2019で登壇。PHPerKaigi 2020,2021,2022登壇。 CTO 荒井 和平 2017年M&Aクラウド⼊社。⼤学時代はECサイトの レコメンドアルゴリズムについて研究。新卒で株式 会社ドワンゴに⼊社し、ニコニコ漫画アプリでは⽴ ち上げにiOS開発で参加し、マンガアプリの新しい ユーザー体験で特許取得。OSSコントリビュー ター。PHPerKaigi 2021,2022登壇。 エンジニア 鈴⽊ 智也 2018年M&Aクラウド⼊社。⼤学院で量⼦化学シ ミュレーションを学ぶ。新卒で株式会社ドワンゴに ⼊社しMAU100万のシステムでインフラエンジニア として従事。PHP Conference 2020/PHPerKaigi 2020,2021登壇。 エンジニア 久保⽥ 賢⼆朗 2019年M&Aクラウド⼊社。前職アイスタイルでは チーフエンジニアとしてコスメ‧美容の総合情報サ イト@cosmeの新サービスの開発や共通基盤開発に 従事。PHP Conference2020,2021登壇。 PHPerKaigi2021,2022,2023 登壇。

Slide 53

Slide 53 text

Copyright© M&Aクラウド こんな⽅を求めています 54

Slide 54

Slide 54 text

Copyright© M&Aクラウド 55 企業価値最⼤主義の1‧2‧10(ワン‧ツー‧テン) M&AクラウドのValueは、「1 Team」「2nd Priority」「10 Player」の3つを持つ⼈材が集まることで、 ミッションを実現し企業価値が最⼤になるような思想で策定しています。

Slide 55

Slide 55 text

Copyright© M&Aクラウド 56 Value "1 Team" 1つのチームでチャレンジしよう。 スタートアップは、まるでジェットコースターのような「⼈⽣の⾮⽇常」。やればやった分だけ、会社は 伸びる。やりたい時はやりたいだけやる!そんな働き⽅ができるのは、今だけかも知れない。どうせやる なら、みんなでやろう!誰かのチャレンジはみんなで応援し、成功したらみんなで喜び、うまくいかなく てもみんなで補う。喜怒哀楽をみんなで共有できるエモいチームで1つになろう。

Slide 56

Slide 56 text

Copyright© M&Aクラウド 57 Value "2nd Priority" 顧客第⼀になろう。 それ以外の都合は2番⽬に置いておいて、まずはなによりユーザーを⼤事にすること。ユーザーが求める ことの本質に応えること。⻑期の視点ではユーザーにもっとも価値を提供できる会社が、必ず流通⾰命を 起こす。⾃分たちの作ったサービスで、ユーザーが喜ぶ瞬間は最⾼の時間だ。とにかく迷ったら⾃分達の ことより、ユーザーのことを考えよう。

Slide 57

Slide 57 text

Copyright© M&Aクラウド 58 Value "10 Player" T型⼈材は当たり前だ。 Investorの視点でT型⼈材を突き破れ。イノベーションの種は、専⾨性と他分野をクロスする事で発芽す る。ただし、それだけでは育たない。時間対効果や費⽤対効果、投資対効果の栄養を注ぐことで、天⾼く まっすぐに成⻑する。まずは専⾨性(↓)を徹底的に磨き、その他分野(↔)に知⾒を広げ、常に投資対 効果(↑)を意識することを忘れずに⼗になろう。そうすれば、必ず時価総額10兆円を牽引するプレイ ヤーとなる。

Slide 58

Slide 58 text

Copyright© M&Aクラウド 59 こんな⽅を求めています 募集職種 アプリケーションエンジニア 売り⼿様と買い⼿様のマッチングやメッセージを⽀えるサーバーサイドの開発をお任せします!アプリケーション設計 に⼀家⾔ある⽅⼤歓迎です! フロントエンド メディアの特性があり、レスポンスの速さ、画像の読み込みの速さなどが求められる⼀⽅、M&Aを扱うというドメイン 性から、たくさんの数字を難なく⼊⼒してもらえるようなUI‧UXにも⼒を⼊れています。 インフラ チームメンバーが増えても開発速度を落とさない、クラウドネイティブなインフラストラクチャーの構築を⼀緒に⾏っ ていただける⽅に是⾮参画していただきたいです。 サーバーサイド

Slide 59

Slide 59 text

Copyright© M&Aクラウド 60 こんな⽅を求めています 募集職種 チームの⽣産性や、開発したものをどうやってプロダクトの価値につなげるかというところに興味があり、実績を積ん できた⽅に是⾮参画していただきたいです。 エンジニアリングマネージャー

Slide 60

Slide 60 text

Copyright© M&Aクラウド Appendix 61

Slide 61

Slide 61 text

Copyright© M&Aクラウド 62 サービスの将来像 従来出会えなかった企業同⼠が出会えるようになる ITのスタートアップ スタートアップの資金調達 アドバイザー向け 買い手データベース マッチング マッチング マッチング

Slide 62

Slide 62 text

Copyright© M&Aクラウド 63 サービスの将来像 サービスと基盤に分けてシステムをスケール M&Aクラウドサービス 資金調達サービス アカウント基盤 買い手向けサービス メッセージ基盤 アドバイザー向けサービス メール配信基盤 AI基盤 ログ収集基盤 データ分析基盤 稼働中 稼働中 稼働中 稼働中 サービス 基盤 稼働中 着⼿中

Slide 63

Slide 63 text

Copyright© M&Aクラウド 64 データチームの将来像

Slide 64

Slide 64 text

Copyright© M&Aクラウド 65 データエンジニアリングどんなことやるの? データから、営業‧CS‧マーケの動きを提案していきます 獲得業界選定 チャネル分析 月次の行動分析 営業 ユーザー抽出 行動分析 成約管理 マッチング CS 獲得業種選定 獲得規模選定 チャネル分析 月次の行動分析 マーケ

Slide 65

Slide 65 text

Copyright© M&Aクラウド 66 機械学習どんなことやるの? 弊社の持つ独⾃のデータを元にアプリケーション活⽤を⽬指します レコメンド 検索順位最適化 マッチング 売却価格算定 メール送信最適化 予測 面談設定検出 検出

Slide 66

Slide 66 text

Copyright© M&Aクラウド 67 選考フロー 選考フローは以下 1. 履歴書、職務経歴書、Jobgramでの書類選考 2. 技術⾯接 3. ⼆次⾯接 4. 最終⾯接

Slide 67

Slide 67 text

Copyright© M&Aクラウド 68 留意点 選考に進まれる⽅は以下の点をご留意ください 1. M&Aクラウドはフルリモートの会社ではありません。⽔曜⽇は全員出社Dayです。 2. インサイダー取引のリスクがあるため、個別株の売買について制限があります。 3. 副業を推奨していません。