Slide 1

Slide 1 text

Idein会社紹介資料 2024年2月15日更新 Idein株式会社

Slide 2

Slide 2 text

2 目次 • 会社概要 • マネジメント紹介 • 沿革 • Statement • 事業内容 – Actcast事業– • 事業戦略 –Actcast5カ年計画– • 組織図 • 従業員数 • 福利厚生/その他 • 人事評価制度 • 給与体系 –Grade給と職務給– 事業開発部門 技術開発部門 管理部門 –職務別給与レンジ(基本給/年)–

Slide 3

Slide 3 text

3 会社名 設立年月 代表取締役 資本金 事業内容 従業員数 本社所在地 Idein株式会社 2015年4月 中村晃一 28.6億円(その他資本剰余金含む) 1.Actcast事業(Edge-Computing AI Platform) 2.受託開発事業 (次世代自動車開発での協業等) 56名 (2024年2月現在) 東京都千代田区神田神保町1-4-13 会社概要-1 基本情報

Slide 4

Slide 4 text

4 経済産業省J-Startup企業 認定AIパートナー Inception Programメンバー 認定パートナー ET&IoT Technology 2019 GP 外部株主 外部評価 会社概要-2

Slide 5

Slide 5 text

5 マネジメント紹介 ーCEO、CTO、CFOー 東京大学情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 博士課程を退学し当社創業 大学では主に高性能計算の為の最適化コンパイラ技 術を研究 2018年にARMの選定するARM Innovatorに日本人で 初めて選定 Founder/CEO 中村 晃一 大阪大学情報科学研究科システム専攻修士課程卒 大学では超解像技術の研究を行う 卒業後、東芝、バイオインフォマティクス系ベンチ ャー、フリーランスを経て当社共同創業 Founder/CTO 山田 康之 神戸大学国際協力研究科修士課程卒 前職の大和証券SMBC(現大和証券)では、投資銀行 部門 にてキャピタルマーケットおよびコーポレー トファイナンス業務に従事し、IPO/PO/M&Aなど 数多くのディールを手掛ける。当社へは2019年7 月に参画。2019年9月、2020年10月の調達ラウン ド成功に大きく貢献し、2023年4月より現職。 CFO 姜 太一

Slide 6

Slide 6 text

6 東京大学大学院情報理工学研究科修士課程修了 学部課程在学中の2006年、自然言語処理と検索エンジンの開発を目的とした株式会社PreferredInfrastructureに 参画し、最高技術責任者となる。2011年に米シリコンバレーにてTreasureData,Inc.を設立し、カスタマーデー タプラットフォーム(CDP)サービス開始。最高技術責任者として事業拡大を牽引。2018年にArm社による買収 を経てArmデータビジネスユニットVPofTechnologyを務める。現在TreasureData,Inc.CEO 一橋大学大学院国際企業戦略研究科修了 大和証券エスエムビ-シ-株式会社(現大和証券株式会社)、株式会社三井住友銀行を経て 2019年に当社監査役就任 村岡竜介税理士行政書士事務所を経営 2018年9月 当社監査役就任 2005年に最高裁判所司法研修所終了・弁護士登録 2012年6月、ニューヨーク州弁護士登録 2014年1月にアンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー就任(現任) ソニー、Sony Network Entertainment Int’l (米国)を経て、Global Brainに参画 ソニーでは、ソフトウェアエンジニアとして、AI・Big Data技術の研究開発および、VAIOやPlayStationなどへ の事業適用をリード。ソニーでの最後の2年はサンフランシスコに赴任し、PlayStation 4のLaunch Teamの一 員として、PlayStation Networkのシステム開発など広範な業務に従事 Global Brainにおいて、Partner / Europe Division Head / London Office Representative 社外取締役・監査役会 社外取締役 太田 一樹 常勤監査役 滝澤 あい 監査役 村岡 竜介 監査役 戸倉 圭太 社外取締役 上前田 直樹

Slide 7

Slide 7 text

7 2015年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 4月:Idein株式会社を設立(東京都千代田区 資本金300万円) 1月:本社移転(東京都千代田区内) 7月:総額1.8億円の資金調達実施 1月:本社移転(東京都千代田区内) 3月:アイシン精機株式会社との資本業務提携契約を締結 11月:経済産業省推進のスタートアップ企業の育成支援プログラム 「J-Startup」でJ-Startup企業に選定 12月:AI/IoTプラットフォームサービスActcastのα版をリリース 1月:Actcastの正式版をリリース 6月:英国Arm LimitedのArm AI Partner Programに認定パートナーとして参加 10月:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、双日株式会社との資本業務提携契約を締結 総額20億円の資金調達実施 12月:Actcast Partner 100社加入 7月:2021 Japan-U.S. Innovation Awards「イノベーション・ショーケース」を受賞 12月:本社移転(東京都千代田区内) 沿革 3月:本社移転(東京都千代田区内) 7月:Actcastのβ版をリリース NVIDIA Inception Programパートナー企業に認定 9月:総額8.3億円の資金調達実施 10月:ET/IoT Technology 2019でActcastがグランプリを獲得 2023年 2022年 4月:Actcast 累計登録台数 15,000台突破(*) (=国内シェアNo.1エッジAIプラットフォーム) 12月:伊藤忠商事と資本業務提携 2016年 3月:CIAと「防犯ソリューション」で業務提携 (*)デロイト トーマツ ミック経済研究所 『エッジAIコンピューティング市場の実態と将来展望 2021年度版』 「エッジAIプラットフォームのベンダシェア(台 数)」、および同『エッジAIコンピューティング市場の実態と将来展望 2022年度版』 「エッジAIプラットフォームのベンダシェア(台数)」による)

Slide 8

Slide 8 text

8 Vision 社会の発展は様々な価値観や需要を柔軟に受け入れ、個々人に自由をもたらしてきました。 我々は、あらゆるモノ・コトが柔軟にアップデートされる世界を創り、社会の発展を加速します。 ソフトウェア化された世界を創る Mission あらゆるところでソフトウェアを動かし、相互に連携させ、 生み出される膨大な情報を手軽に扱える仕組みを社会実装します。 実世界のあらゆる情報をソフトウェアで扱えるようにする Statement

Slide 9

Slide 9 text

9 Statement Value

Slide 10

Slide 10 text

10 Statement Value

Slide 11

Slide 11 text

11 Statement Value

Slide 12

Slide 12 text

12 Statement Value

Slide 13

Slide 13 text

13 Statement Value

Slide 14

Slide 14 text

14 事業内容 – Actcast事業–

Slide 15

Slide 15 text

15 本格導入は コストが嵩むため投 資決断が難しい… 無数のデバイスを 全国に配置したら どう管理すれば… 個人情報取得が 事業にネガティブに 影響するのでは・・・ 実証実験 (PoC) の成功 実用化 これらの壁をクリアするインフラが必要… 大規模システムの 遠隔運用機能 DX実現のために存在した課題 Actcastにより課題を解決 実用化には3つの壁が存在した 3つの壁を打ち破ってDXを実現 コストの壁 運用の壁 プライバシー の壁 高速化技術 / SDK Edge Computing 実証実験 (PoC) の成功 実用化 コストの壁 運用の壁 プライバシー の壁 事業内容 – Actcast事業 ~ActcastでDXを実現するまで~ –

Slide 16

Slide 16 text

16 Raspberry Pi Zero $5 Raspberry Piの内蔵GPU (VideoCore IV) エッジコンピューティングの 高速化のアプローチ エッジの処理能力の 限界を引き上げる エッジ処理が 可能な水準まで 実行モデルを圧縮 他社 独自のアプローチ実現のために必要なすべてのソフトウェアスタックを自社で開発 世界 随一 事業内容 – Actcast事業 ~Actcastが実現したDX~ – アセンブラ、コンパイラ、数値計算ライブラリなど Ideinの高い技術力で、他社では困難な高速化技術開発を実現

Slide 17

Slide 17 text

17 世界唯一の高い技術力 強力なエコシステム ● プラットフォーム拡充 ● 対応デバイス増加 ● パートナーとの優先座組 競争優位を戦略的に遷移 IPO 事業戦略 –Actcast5カ年計画– Year 3. 国内確立期 Year 1. 成長開始期 Year 2. 本格成長期 Year 5~. 世界成長期 国内デファクト化と 世界展開 サービス立上げ 顧客拡大と機能強化 世界規模での デファクト化 現在地 シンボリックな実績によって サービス優位性と認知度を高める 多数かつ多様な大型案件が顕在化 多くのActcast対応デバイスが 社会実装され、事業が安定拡大 海外案件の獲得・成長が本格化し 世界的メガプラットフォーマー として更なる成長を実現

Slide 18

Slide 18 text

18 組織図 2024/2/1現在

Slide 19

Slide 19 text

19 56人 (役員除く) 従業員数 9 22 38 43 52 58 56 4 1 0 1 2 0 1 2018年1月 2019年3月 2020年3月 2021年3月 2022年3月 2023年10月 2024年2月 正社員・短時間正社員 34歳 2024/2/1現在 社員数推移 部署構成比 社員数 平均年齢 契約社員・パートタイマー 事業開発本部 18 技術開発本部 27 コーポレート本部 経営企画部 11

Slide 20

Slide 20 text

20 借上社宅 住宅手当 確定拠出年金制度 団体生命保険 ストックオプション PC購入 自由に機種を選べます BYOD、購入補助制度あり 福利厚生 その他 福利厚生/その他 利用サービス etc. 最大75,000円 紹介制度 リファラル制度 友人紹介で50万円 働き方 フルフレックス (コアタイム無し) 裁量労働制 リモートワーク 管理手法 ケイデンス -Cadence- (四半期ごとのサイクル) OKR -Objectives and Key Results- リモートワーク手当 10,000円 ライフプラン手当49,000円

Slide 21

Slide 21 text

21 BBQなどの社内イベント ビアバッシュ 福利厚生/その他 オフィスヨガ フリー (ドリンク、お菓子、書籍) ※現在、各種イベントは新型コロナウイルスの影響で自粛しております

Slide 22

Slide 22 text

22 人事評価制度 等級(Grade)の枠組みに沿って行った評価が、報酬に反映されます 等級(Grade) 評価 報酬 Gradeを決める軸 評価するアウトプット Grade 成果評価 行動評価 Valueに基づく行動規範 インセンティブ賞与 職務給 Grade給 基本給

Slide 23

Slide 23 text

23 アウトプットのレベル ※Grade給以外に、職務ごとの「職務給」が支給されます Grade 会社の価値を保つ 会社の価値向上をもたらす 会社の価値向上を安定的かつ継続的にもたらす 会社の飛躍的な価値向上をもたらす 構造的または非連続な成長を導くことで 会社に飛躍的な価値向上をもたらす 1 2 3 4 5 給与体系 –Grade給と職務給– Grade評価基準 職務ごとにGrade評価し、それに応じた報酬を支給します

Slide 24

Slide 24 text

24 経営企画部 Project Promotion Strategy Marketing 給与体系 –Grade別給与レンジ(基本給/年)– 基本給=Grade給+職務給 (万円) ※別途、借上社宅制度・住宅手当(75,000円/月)、賞与インセンティブあり 0 500 1,000 1,500 2,000 Grade 1 Grade 2 Grade 3 Grade 4 Grade 5 ※Strategyは、Grade5は個別設定

Slide 25

Slide 25 text

25 給与体系 –Grade別給与レンジ(基本給/年)– 基本給=Grade給+職務給 (万円) ※別途、借上社宅制度・住宅手当(75,000円/月)、賞与インセンティブあり 0 500 1,000 1,500 2,000 Grade 1 Grade 2 Grade 3 Grade 4 Grade 5 Inside Sales Field Sales Customer Success Solution Architect Sales Support Technical Support 事業開発本部 ※Inside Sales, Sales Supportは、Grade5は個別設定

Slide 26

Slide 26 text

26 給与体系 –Grade別給与レンジ(基本給/年)– 基本給=Grade給+職務給 (万円) ※別途、借上社宅制度・住宅手当(75,000円/月)、賞与インセンティブあり 0 500 1,000 1,500 2,000 Grade 1 Grade 2 Grade 3 Grade 4 Grade 5 技術開発本部 Expert Management PdM

Slide 27

Slide 27 text

27 コーポレート本部 Back Office 給与体系 –Grade別給与レンジ(基本給/年)– 基本給=Grade給+職務給 (万円) ※別途、借上社宅制度・住宅手当(75,000円/月)、賞与インセンティブあり 0 500 1,000 1,500 2,000 Grade 1 Grade 2 Grade 3 Grade 4 Grade 5

Slide 28

Slide 28 text

28 0 500 1,000 1,500 2,000 給与体系 –職務別給与レンジ(基本給/年)– 基本給=Grade給+職務給 (万円) ※別途、借上社宅制度・住宅手当(75,000円/月)、賞与インセンティブあり ※Inside Sales, Strategy, Sales Supportは、Grade5は個別設定

Slide 29

Slide 29 text

みなさまのご応募をお待ちしております! https://idein.jp/ [email protected] Idein