Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

[経営者が語る]Power Platformで業務改革!作業工数を把握し可視化せよ

F3a1e840687f6bd000898d6620c00a3f?s=47 frogkoby
December 21, 2018

[経営者が語る]Power Platformで業務改革!作業工数を把握し可視化せよ

Power Platformで社内の業務改善をした話。
株式会社フロッグポッド
小林竜也

F3a1e840687f6bd000898d6620c00a3f?s=128

frogkoby

December 21, 2018
Tweet

Transcript

  1. 株式会社フロッグポッド 代表取締役 小林竜也 [経営者が語る] Power Platformで業務改革! 作業工数を把握し可視化せよ

  2. 2 小林 竜也 株式会社フロッグポッド 代表取締役社長 日本電子専門学校コンピューターミュージック課卒業。 楽器輸入代理店で営業を経験し、デザイン会社へ転職。 大手建設機械メーカーのハウスエージェンシーにて様々な媒 体の制作を手掛ける。 2003年独立。2006年に株式会社フロッグポッドを設立。

    趣味:音楽・ゴルフ・サッカー・映画・読書 @rockfun tatsuya.kobayashi.3367 自己紹介
  3. 会社紹介 3 社名 株式会社フロッグポッド 所在地 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6 日宝小伝馬町ビル3A 資本金 1,000万円 設立

    2006年12月11日(13期目) 従業員数 13名 売上高 1億2900万円(2017年度) 主要事業 システム開発・デザイン制作・印刷およびノベルティー制作・派遣業 自社開発サービス提供(柔整・接骨院向け電子カルテアプリ)
  4. 4 積極採用中です!

  5. 5 本日のゴール 非エンジニアの私が、これだけ業務 が簡素化し改善できたので、管理部 門の皆さんにも必ず出来るし、やっ てみたい!と思って貰いたいです。

  6. 6 厳しい現実と課題

  7. 7 3ヶ月連続赤字! このグラフのデータは、何を表すでしょう?

  8. 開発会社の厳しい現実と課題 • 期末まで経常利益が確定しない… • 社員が増えるごとにランニングコスト上昇… • 受注金額が増えれば、入金サイクルの悪化… • 開発長期化で赤字リスクも上昇… 8

    まてまて それで納品遅れで失注したり?
  9. あぁ 工数管理したい!! 9

  10. 10 しかしスタッフは全員忙しく

  11. 11 社長自らやるしかない

  12. 12 初期: OneNoteとExcel

  13. システム運用図 13 データ入力 データ転記作業 社員 グラフ化 可視化作業

  14. 14

  15. 15

  16. 16

  17. 運用コスト試算 17 データ入力 データ転記作業 社員 グラフ化 入力に1人1日10分 年間 240H×10名=2400H 転記に1日10分

    年間 240H ※年間稼働日:240日と想定 加工に 毎月60分 年間 720H トータル時間 3360H 可視化
  18. OneNote工数管理のメリット・デメリット 18 • 自由記入で気軽だが、案件情報の識別化が難しい • 文字情報なので、時間のカウントが自動で出来ない。 • 誰かが毎月グラフ化のレポートをまとめる手間が必要 • 情報を把握できるタイミングが月1回しかない。

    時間をかける割に、得られる情報が少ない!
  19. 19 私がやりたかったの、 これじゃない!

  20. 20 入力をアプリ化したい!

  21. 21 当然スタッフは全員忙しく

  22. 22 社長自らやるしかない!

  23. 23 中期: サイボウズ Kintone導入

  24. サイボウズKintoneとは 24 自社の業務に必要なシス テムを開発の知識がなく ても誰でもかんたんに作 れます。

  25. システム運用図 25 データ入力 グラフ化 API連携 見積・請求書作成 クラウドサービス 社員

  26. 26

  27. 27

  28. API連携とは 28 見積作成サービスで作成した、クライアント名や案件名、 合計金額などを、別システム連携して取得できる機能 これは便利!やりたい!!

  29. 29 Java Script??? じゃばすくりぷと???

  30. 運用コスト試算 30 データ入力 グラフ化 社員 入力に1人1日10分 年間 240H×10名=2400H 転記作業廃止 0H

    加工も自動 0H トータル時間 2400H 見積作成した入力データを再利用する ことで、更に業務全体で効率アップ ※年間稼働日:240日と想定
  31. Kintone工数管理のメリット・デメリット 31 • 簡単にアプリ化でき、管理に係るコストは大幅に減った。 • アプリが分断化していて、入力はなかなか癖づかなかった。 • 利便性が向上したお陰で、改善の視点が業務全体に広がった! 社内にある沢山の情報を繋げることが、 業務改善に繋がるんじゃないか?

  32. 32 現在: Power Platformの採用

  33. Power Platformとは 33 Azure Data Connectors Common Data Service for

    Apps
  34. システム運用図 34 工数入力アプリ 作成 PowerApps Common Data Service データベース コラボレーション

    ツールと グループ チャット Teams 通知 Power BI データを可視化(グラフ) 収集 可視化 Flow Azure Active Directory
  35. 35 実際に構築した 工数管理アプリ DEMO

  36. 工数管理システム運用図 36 工数入力アプリ 作成 PowerApps Common Data Service データベース コラボレーション

    ツールと グループ チャット Teams 通知 Power BI データを可視化(グラフ) 収集 可視化 Flow Azure Active Directory データはわかりやすく可視化され 全員が自然にコスト意識を持ち 数字を減らす以上の効果が広がり始める
  37. 経理データから販管費 の取り込み 将来の工数管理開発予定 37 工数入力アプリ 作成 PowerApps Common Data Service

    データベース コラボレーション ツールと グループ チャット Teams Power BI データを可視化(グラフ) Flow Azure Active Directory Flow
  38. デジタルフィードバックループ 業務を最適化 製品に変革 お客様と関わる 従業員に力を 2 データ + インテリ ジェンス

  39. 39 更に私たちの考える もっと先にも Microsoftは業務改善を 準備してくれている。

  40. Power BIに誰でも利用できる AI機能が搭載されたり 40

  41. 共通データモデル Common Data Model 41

  42. オープンデータイニシアティブを発表

  43. ぜひ管理部門の皆さまも、 改善活動に、ローコーディング アプリを作成して、 活用してもらいたいです! ご清聴ありがとうございました。