Process of redesign labHP

C6231edcdc6eb8d18d37228fcc479112?s=47 Can Hikida
July 24, 2020
15

Process of redesign labHP

C6231edcdc6eb8d18d37228fcc479112?s=128

Can Hikida

July 24, 2020
Tweet

Transcript

  1. 作品紹介 ⼤⽯研究室WEBサイト リニューアル UX/UI設計(進⾏中)

  2. 固体化学研究室 Solid state chemistry 研究内容 業績 設備・装置 ニュース メンバー Oh-ishi

    Group News 研究室のサイトリニューアル 研究室のサイトリニューアル メンズサポートクリニック ホーム 9:41 固体化学研究室 Solid state chemistry Oh-ishi Group お知らせ一覧へ News 2020.01.29 草野さん,石嵜さん,大貫さん,酒井さん、横本さん が彩の国ビジネスアリーナ2020で自己発熱型CO 2 吸収 材の研究成果を出展、発表しました。 2020.01.29 草野さん,石嵜さん,大貫さん,酒井さん、横本さん が彩の国ビジネスアリーナ2020で自己発熱型CO 2 吸収 材の研究成果を出展、発表しました。 2020.01.29 草野さん,石嵜さん,大貫さん,酒井さん、横本さん が彩の国ビジネスアリーナ2020で自己発熱型CO 2 吸収 材の研究成果を出展、発表しました。 20h 私の所属する研究室のサイトが古く、更新が滞っていたため教授に提案してサイトの デザイン/コーディングをさせて頂くことになりました。
  3. -堅実さや新しさの印象を与える⻘⾊を主に使いました 解決施策 スタンダードレイアウトでユーザーを迷わせず、空⽩を 意識して情報にメリハリをつけました - お知らせ箇所を限定&メンバー個⼈のページをカット し更新の⼿間を減らしました。 - ⾒出しやボタンで全体の統⼀感を演出しました -

    -サイト運営が教授のみで更新に時間がかけられない -デザインに統⼀感がなくわかりづらい印象がある -情報にメリハリがなく⾒づらい印象がある -古いイメージがある 課題 研究室のサイトリニューアル 研究室のサイトリニューアル
  4. ⻄村幸太郎 17歳(⾼校3年⽣)/男/理系 同居家族構成:親・親族(東京都) ⼤学受験のための⼤学調査 化学系を志望中 ⼤学はいくつか決めたがまだどの 分野に⾏くかは⼤学のサイトを⾒ て検討中 どんなことをやっているのかを主 に知りたい

    筒井克⼰ 65歳(国⽴⼤教授)/男/理系 同居家族構成:妻、息⼦(埼⽟県) 専⾨は無機化学 進⾏中の研究の課題解決の協⼒ 者を探している 共同研究先を探している 年収1200万円 ⾼橋了 34歳/男 同居家族構成:親・親族(東京都) 化学メーカー営業 修⼠課程新卒から10年 年収600万円 メーカーで開発中の製品の実⽤ 化に向けて協⼒者兼共同実験者 を探している 新製品の化学計算ソフトの紹介 が主な仕事 ニーズとマッチしているか素早く 知る必要があり Persona 未来感 内容 雰囲気 設備 内容 業績 設備 内容 ⼈員 -研究内容に興味があり、サイト訪問をする⼈物の⼀例-
  5. ブラウザ ⾃宅/会社/学校 情報設計 重視するべき内容 重視するべき内容 実験内容 実験内容 設備 設備 研究員

    研究員 業績 業績 次に重視するべき内容 次に重視するべき内容
  6. ホーム -未来感が伝わり、興味を持ってもらえるように- 情報を⾒やすく 情報を⾒やすく 最近の活動を紹介するため に、始めにニュースを⼊れま した。またユーザーが知りた い研究内容を⼤きく表⽰させ ました。

  7. 研究内容 -読んでいて疲れないように- 余⽩。 余⽩。 専⾨的な内容で疲れないよう に余⽩を充分にとることで息 抜き感を与えました。

  8. 業績/ニュース -やったことがすぐに伝わるように- 可読性を重視 可読性を重視 発⾏された時期を⼀⽬で分かりやす くし、気になる期間の情報を⼊⼿し やすくしました。

  9. 設備・装置 -充実度が伝わるように- グループ化で 分かりやすく グループ化で 分かりやすく 装置を分かりやすく3つのグル ープに分けし、スマートフォン⽤ のサイトでは折りたたんでスクロ ールを少なくしました。

    画像の準備がまだできていませ んが、今後追加予定です。
  10. メンバー・アクセス -更新しやすく、アクセスしやすく- ページの追加 ページの削除 ページの追加 ページの削除 アクセスページを増やしてきっ かけを増やしました。 また教授、助教授以外のメン バー個⼈のページを削除する

    ことで更新のしやすさを上げ ました。