Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UI/UXデザイナー紹介資料 / CoDMON product designer

UI/UXデザイナー紹介資料 / CoDMON product designer

コドモン開発チーム

November 08, 2023
Tweet

More Decks by コドモン開発チーム

Transcript

  1. プロダクトデザインチーム
    株式会社コドモン
    2023/11

    View full-size slide

  2. 01 コドモンについて

    View full-size slide

  3. 3
    パパママと、子どもとの時間に
    1秒でも多くの笑顔と愛情を
    すべての先生に
    子どもと向き合う時間と心のゆとりを
    「保育・子育て」と
    社会をつなげる
    保護者の子育てへの伴走
    保育・教育者の環境改善 子育ての社会インフラ作り
    子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに
    Mission 私たちのミッション

    View full-size slide

  4. 4
    Product プロダクト
    全国の
    1/4の保育施設で導入されています

    View full-size slide

  5. 登降園記録や保育料の計算
    5
    すべての先生に子どもと向き合う時間と
    心のゆとりを生み出す
    保護者へ渡す膨大な量の書類
    保護者からの電話連絡対応
    園児情報を園内で共有したい
    連絡はアプリ上で完結
    連絡帳をアプリで一斉配信
    他クラスの情報を共有しやすい
    打刻記録から自動計算
    Value Proposition 私たちの提供価値

    View full-size slide

  6. 自治体とのモデル事業や、こどもDX
    推進協会を通じた規制緩和・補助金
    など政策提言による事業環境整備
    6
    解決すべき課題が多く、事業機会にあふれた領域
    Future コドモンのこれから
    他業態施設への
    横展開
    保護者向けに
    さらなる価値提供
    行政・政府との
    取り組み強化
    保護者支援領域や、自治体DX領域などわたしたちが社会に貢献できる分野は多く、
    一つ一つの領域で着実に提供価値を継続的に高めていきたいと考えています。
    0歳〜15歳のこどもを持つ家庭への
    子育て伴走型支援サービスの展開
    学童・小中・塾・習い事などの
    こども施設を対象に展開
    さらなる子育て支援の拡大へ

    View full-size slide

  7. 02 デザイン組織について

    View full-size slide

  8. 8
    開発組織[縦軸]とデザインチーム[横軸]のマトリクス組織で構成
    Team A
    PdM
    PD
    Eng
    Team B
    PdM
    PD
    Eng
    Team C
    PdM
    PD
    Eng
    デザインレビュー
    ガイドライン整備
    PD(プロダクトデザイン)
    チーム
    開発部
    PdMチーム Engineerチーム
    11名 8名 50名
    MD(マーケデザイン)
    CS
    Sales
    マーケ
    Dev Organization 開発組織について

    View full-size slide

  9. issue
    What
    Why
    How
    優先度設計
    要件定義
    体験設計 開発/リリース
    PdM
    Designer Engineer
    ユーザー
    Dev Cycle 開発サイクル

    View full-size slide

  10. 10
    課題の本質に向き合う
    Our Values デザイナーの価値観
    課題解決に向けた必要な動きが求められるため、デザイン以外の領域に踏み込むことも多いです
    ディスカバリー(課題抽出)からデリバリー(デザイン作成・実装)まで幅広く関わります
    強みの掛け算で考える
    個々の強みを掛け算することで成果を最大化することを重視しています
    共同作業やコラボレーションが活発なチーム開発を行っています
    デザインの力でリードする
    デザインの能力は可視化することで人を動かすところにあると考えています
    プロトタイピングやビジュアライズによって課題解決に導きます

    View full-size slide

  11. 11
    コドモンの特徴・得られる機会
    Momentum
    ユーザー課題に集中できる環境
    デファクトスタンダードになることで事業展開が優位に進められるポジションを確立しています
    toB, toCのどちらの領域にも携われる
    伸び代の多いドメインかつ成長フェーズにあるため、様々なプロジェクトが生まれています
    目的がブレない
    社内のミッション浸透度が高く、社会全体で子どもの育ちや学びを支援する共存共栄体制を重視しています
    社会貢献度の高い事業領域
    子育てに無くてはならない社会インフラとなり、子どもの未来をより良くしたいと考えています
    1
    2
    3
    4

    View full-size slide

  12. 広告代理店や飲食情報サービスを経て、2014年にRetty株式会社に1人目のデザイナーとして
    join。名もなきスタートアップから上場に至るまで、ChiefDesignerとしてサービス・組織の両
    面からチームを牽引。また、新規事業担当として3つの新規サービスの立ち上げに従事。
    自身が親になったことをきっかけに、子供の取り巻く環境に貢献したいと考え、2023年7月に
    コドモンにjoin。デザイン組織運営のサポート(評価制度やマネジメント)や事業開発など、デ
    ザインとビジネスの両軸でチームをリード。2児の父。
    眞壁 優 Yu Makabe
    動画配信プラットフォームのフロントエンドエンジニアとして2013年にキャリアをスタートさ
    せたのち、2015年にデザイナーに転身。2019年10月に1人目のプロダクトデザイナーとしてコ
    ドモンにjoin。新規プロダクトの開発とデザインチームの立ち上げに従事。現在はデザインマ
    ネージャー兼UI/UXデザイナーとして、開発に携わりながらマネジメントや制度設計などを手が
    け、デザインチームを牽引している。2児の母。
    近藤 雄亮 Yusuke Kondo
    プロダクトデザインチームの主なメンバー
    Leading Members

    View full-size slide

  13. デザインレビュー

    View full-size slide

  14. ユーザーストーリーマッピング

    View full-size slide

  15. デザインシステムのアップデートPJ

    View full-size slide