Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS Lambda ではじめる Rust

Yuki Toyoda
August 26, 2020
460

AWS Lambda ではじめる Rust

AWS GameDay in CyberAgent で発表した資料です。

Yuki Toyoda

August 26, 2020
Tweet

Transcript

  1. AWS Lambda meets Rust ではじめる

  2. Yuki Toyoda 事業本部某プロダクト テックリード ❤ 2

  3. 本を出しました。 買ってください。 『実践 プログラミング入門』 3 宣伝

  4. Contents 4 Rust とは、AWS Lambda とは カスタムランタイムを用いた の利用例 AWS Lambda

    で Rust 登場人物のご紹介 まとめ 1 2 3
  5. 1. Rust とは、AWS Lambda とは 登場人物のご紹介

  6. “A language empowering everyone to build reliable and efficient software.”

    6
  7. Rust の特徴 7 爆速 や より平均して早 く、 並のスピードが出 る。 がない。

    安全‍♀ 基本的にセグフォしない。 メモリ安全性を強力に担 保しており、 やデータ 競合などはコンパイル時 に検出される。 開発者体験 一貫性がある文法で開発 者を迷わせない。また、 というビルドツール 兼パッケージ管理ツール が最高。
  8. 先日登壇した資料にさらに詳しく記載した。 プログラミング言語Rustのご紹介 https://speakerdeck.com/helloyuk13/puroguraminguyan-yu-rustfalsegoshao-jie 詳しくは 8

  9. いわゆるサーバーレスを実現するためのサービス。 λ AWS Lambda とは 9

  10. 2. AWS Lambda で Rust カスタムランタイムを使って を 動かしてみる

  11. Lambda のカスタムランタイムで Rust を利用可能に 年の後半に「カスタムランタイム」が 登場し、 も実質利用可能になった。 最初の お試しとして個人的に結構 おすすめ。

    11
  12. やってみるしかない 12 使う必然性はないが、やりたいからやるのだ。

  13. • 今回は、リクエストを送ると内容を に保存する を 作る。 • リクエストを →中でデータを起こす → に保存

    できる形に変換する →保存する。 作るもの 13
  14. ※ クレート のライブラリのこと • lambda-runtime 向けカスタムランタイム。 • serde の Ser

    De をする。 • rusoto-dynamodb 向けの ◦ の 。 • cargo-aws-lambda 向けバイナリの生成〜リリースまでを 一挙に行ってくれる。 必要なクレート 14
  15. • というのが最終的なバイナリ名になる。 ディレクトリ構成 15

  16. がつく関数はマクロである。 がエントリポイント。 lambda-runtime を用意しておく 16

  17. の中身を定義しておく。 lambda-runtime を用意しておく 17

  18. アトリビュート(他言語だとアノテーションとも)を定義するだけ。 serde を使って JSON のパースをできるようにする 18

  19. が扱えるように構造体を に変換する。 DynamoDB へ保存する 19

  20. 保存をかける。 DynamoDB へ保存する 20

  21. デプロイ 21 • がかなり便利で、これを使っておく。 向けの プラグイン。 • の公式では、クロスビルドの設定が必要など、いくつか注意 点がある。 •

    ならこれをインストールしておいて、設定ファイル を書いて実行するだけ。
  22. の を に追加する。複数指定できる。 デプロイ 22

  23. コマンドを叩く。 デプロイ 23

  24. デプロイ 24

  25. 3. まとめ まとめ

  26. • のお試しのために を使うのはおすすめ。 • 手軽に試すために必要なクレートをご紹介した。 • がビルド周りのめんどくささを一気に解消。 • Rust はいいぞ。←一番大事

    • コード https://github.com/yuk1ty/aws-lambda-rust-example まとめ 26
  27. についての質問や、導入のご相談はいつでもどうぞ! 27 ご清聴ありがとうございました