高齢者UIプロトタイプ検証の学び

821d32cef3cffc72017042a0baffeddb?s=47 Takuya Shikichi
November 16, 2018
13k

 高齢者UIプロトタイプ検証の学び

重要なポイントと質問の回答はこちら
https://note.mu/shikichee/n/n1c78ed4b4af7

twitterはこちら。 https://twitter.com/shikichee

821d32cef3cffc72017042a0baffeddb?s=128

Takuya Shikichi

November 16, 2018
Tweet

Transcript

  1. 〜 エンジニアがユーザーテストをやってみた 〜 高齢者UIプロトタイプ検証の学び Ubie, Inc. 敷地 琢也 @shikichee 2018/11/16

    s-dev talks 〜サービス開発勉強会〜 #5 「プロトタイピング」
  2. 目的なきプロトタイプの失敗事例と 課題発見のために何をしたかを 話したいと思います!

  3. 自己紹介 敷地 琢也 @shikichee フロントエンド寄りのエンジニア AI医療スタートアップ

  4. Ubie株式会社とは Ubieは、病名予測の技術を武器に、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」 ことをミッションに事業を行なっています。 代表者: 阿部吉倫・久保恒太 設 立: 2017年 5月 従業員: 15人(2018年11月現在)

  5. 今日お話するサービス、AI問診Ubieとは 病院の待ち時間に患者の症状に合わせて、 AIが質問を自動生成。

  6. 今日お話するサービス、AI問診Ubieとは その回答を元に、自動で電子カルテに書く内容を生成 6 患者の回答画面 医師の確認画面

  7. 本日お話すること 1. プロトタイプ高速検証 & リリースするも・・? 2. 最重要課題を解決するためのプロトタイプ検証 3. 高齢者の行動観察による改善

  8. 本日お話すること 1. プロトタイプ高速検証 & リリースするも・・? 2. 最重要課題を解決するためのプロトタイプ検証 3. 高齢者の行動観察による改善

  9.    当時のチーム体制 エンジニア 2人 医師 2人 メインデザイナーがほぼいない状態からスタート 助っ人デザイナー 数人

  10. Adobe XDでプロトタイプの作成 44枚!超大作のプロトタイプ エンジニアが苦戦しながらも作った

  11. どうですかね? クリニックの院長5人にプロトタイプテスト よさそうですね 便利そうです。XXという機能も欲しいです うん!よさそう!楽勝!

  12. 2ヶ月でプロダクトを高速リリース 次々とクリニックへ導入!

  13. しかし...

  14. ちゃんと”テストしたつもり”なのに、現場は反応が違った 患者 受付 使い方が全然わからないんだけど...(怒) スミマセン。。いつもの用紙をお使いください (全然効率化できてない。次から使うのやめよう ) 患者 これ、何したらいいんですか...?(困)

  15. ほぼすべて8件のクリニックで離脱 導入して、3日で使われなくなることも...

  16. 自分はプロトタイプテストを したつもりだったのになぜ・・?

  17. 合意のためのプロトタイプによる失敗 質問の仕方: ニーズがあることを確認 目的: 「これでいいですかね?」 聞いた人: クリニックの院長 観察の仕方: 会話のメモのみ

  18. 本日お話すること 1. プロトタイプ高速検証 & リリースするも・・? 2. 最重要課題を解決するためのプロトタイプ検証 3. 高齢者の行動観察による改善

  19. プロダクトの何が一番問題だったか? 該当する症状なしを押す人が続出

  20. 一番重要な課題のアプローチ検証 自分の訴えたい症状が探せない 課題: (頭が痛いんだけど。。どこだろう。。)

  21. プロトタイプで1つに限らずパターン検証 タップだけで済む簡単なUIを作成

  22. 50代6人にユーザーテスト 身体から症状を選ぶパターンが一番人気

  23. ユーザーはすべての選択肢を じっくり読んで選んでいて 時間がかかっていた

  24. 徐々に絞り込む形式では 負荷が高そう

  25. プロトタイプで検証したパターンを諦め、検索UIの開発 複雑な操作だけど出来るのか?

  26. 本当に患者は使えるのだろうか・・? また、使われなくなるのでは・・?

  27. 本日お話すること 1. プロトタイプ高速検証 & リリースするも・・? 2. 最重要課題を解決するためのプロトタイプ検証 3. 高齢者の行動観察による改善

  28. 公園にいる高齢者にインタビュー

  29. メンバーの親戚(70〜80代)5人にインタビュー 一人が現地でインタビュー もう一人がリモートでビデオチャット 気づいたことを観察&メモ

  30. 高齢者インタビューでの課題発見 1. 検索のUI・ドロップダウンUIが使えない 2. 目的のボタンを探すのに時間がかかっている 手元の迷い、言動など些細なことからの発見が大きい

  31. 解決法1:「標準UI」をやめて「数字入力式」に After Before

  32. 高齢者がよく使うUI 「ATM」からヒントを得た

  33. 解決法2:「 キーボード配列」をやめて「あいうえお表配列」

  34. 高齢者がよく使うUI 「カラオケのデンモク」からヒントを得た

  35. 解決策3:見やすい色・文字を検証する

  36. 強調色使い。トレンドよりも押しやすさ・読みやすさを重視 After Before

  37. 改善の結果 高齢者の方でもスムーズに使えるプロダクトに

  38. 合意のためのプロトタイプによる失敗 質問の仕方: ニーズがあることを確認 目的: 「これでいいですかね?」 聞いた人: クリニックの院長 観察の仕方: 会話のメモのみ

  39. 課題発見のためのプロトタイプ 質問の仕方: 想定する動きができるか? 目的: 「〇〇という動きをしてください」 聞いた人: 高齢者 観察の仕方: 手の動き、言動を全て観察

  40. 課題発見のためのプロトタイプで注意深く観察しよう 合意のためのプロトタイプで満足しない まとめ