高齢者UIへの取り組みと自発的改善チームの作り方 / Elderly UI and Scrum Team

高齢者UIへの取り組みと自発的改善チームの作り方 / Elderly UI and Scrum Team

twitterはこちら。 https://twitter.com/shikichee

821d32cef3cffc72017042a0baffeddb?s=128

Takuya Shikichi

July 11, 2019
Tweet

Transcript

  1. 高齢者UIへの取り組みと 自発的改善チームの作り方 Ubie, Inc. 敷地 琢也 @shikichee 2019/07/11 HealthTech0.5#3 HealthTech各社サービスの技術的要件

  2. 敷地 琢也 @shikichee エンジニア 兼 スクラムマスター 2年前に社員一人目としてUbieにジョイン 自己紹介

  3. 今日お話しすること 1. AI問診Ubieについて 2. 高齢者UIへの取り組み 3. 自発的改善チームの作り方

  4. Ubieは、医師とエンジニアが創業した AI医療スタートアップです。  代表:阿部吉倫(医師)・久保恒太(エンジニア)  設立:2017年5月 従業員:24名 (2019年6月現在) 資本金:5.7億円(資本準備金含む ) ユビー Ubieとは

  5. © 2019 Ubie, Inc. 5 主な事業 医療機関向け 業務効率化 AI問診Ubie 患者向け

    病気推測 Dr.Ubie
  6. © 2019 Ubie, Inc. 6 6 病院で、 患者が診察を待つ間に 起きていること

  7. © 2019 Ubie, Inc. 7 7

  8. © 2019 Ubie, Inc. 8 8 外来診療が増えると... 医師は、医師本来の診療業務以外で忙殺されている それ以上に 電子カルテ記載など事務作業が増える

    * Annals of Internal Medicine(2016年9月) +1時間 +2時間 +1時間
  9. © 2019 Ubie, Inc. 9 9 * 過労死ラインは厚生労働省基準、勤務医残業量は厚生労働省調査より 80 時間/月

    166 時間/月 過労死ライン 過労死ラインをはるかに超える残業量 勤務医
  10. © 2019 Ubie, Inc. 1 0 取組み1:AIによる、個別化された事前問診 患者一人ひとりの症状に合わせて、 AIが質問を自動生成。 医師の診断に必要な事前情報を、従来の紙問診より「深く」「広く」聴取できるように。

  11. © 2019 Ubie, Inc. 1 1 取組み2:自然言語処理による「翻訳」 医師監修のもと、患者の事前問診結果に自然言語処理を施し、医師の専門語に翻訳して出力。 患者が事前に答える画面 (約十数問)

    医師が診察時に見る画面
  12. © 2019 Ubie, Inc. 1 2 実績 * 目々澤醫院 頭痛外来の事例。導入前

    10.26±1.63分(n=48)、導入後3.54±1.46分(n=164)(2018年11月 頭痛学会) ** 2017年7月〜2019年6月。導入数はのべ。 外来の問診時間 90件以上 導入医療機関 (大病院10件含む) 1/3に短縮
  13. 全てが順調ではなかった


  14. 今日お話しすること 1. AI問診Ubieについて 2. 高齢者UIへの取り組み 3. 自発的改善チームの作り方

  15. 時は遡ること2年前

  16. 構想から2ヶ月で プロダクトをリリース

  17. 次々とクリニックに導入するも。。

  18. ほぼすべて8件のクリニックで離脱
 導入して、3日で使われなくなることも...

  19. 導入病院では想定と違うことが 患者 受付 患者 使い方が全然わからないんだけど...(怒) スミマセン。。いつもの用紙をお使いください (全然効率化できてない。次から使うのやめよう ) これ、何したらいいんですか...?(困)

  20. なぜ使えないのか???


  21. 実は病院に来る初診患者
 40%が70代以上だった


  22. 公園にいる高齢者にインタビュー

  23. 社員の親戚にインタビュー 一人が現地でインタビュー もう一人がリモートでビデオチャット。気づいたことを観察&メモ

  24. Webやアプリで使われるUIが 伝わらない!?

  25. ドロップダウン 「何をしたらいいで すか・・?」

  26. キーボード & インクリメンタルサーチ (なんか出てきた。 打てない・・・)

  27. スライドバー (何をしたら・・?)

  28. そのほかにも発見がたくさん • ボタンをグッと押し込んでしまい、反応しない • 画面遷移が早すぎると気づかない • 難しい漢字が読めないことも(痰、咳など) • コントラストが低い&文字が小さいと読めない

  29. PCやスマホに慣れていないと大変なUI 高齢者が普段使い慣れてる デバイスを参考に新しいUIを開発

  30. ドロップダウンをやめて数字入力式に After
 Before


  31. 高齢者がよく使うUI、ATMからヒントを得た

  32. キーボード配列を、あいうえお表配列に

  33. カラオケのデンモクからヒントを得た

  34. スライドバーをやめてボタン式に

  35. ウォシュレットを参考に

  36. 視覚障害がある方の見え方を 疑似体験できるゴーグルでテスト さらに改善していくために、顧客になりきる

  37. 細かい改善 & 改善 • ボタンを押した時に音を鳴らす • 一定時間操作がないとボタンが点滅 • 英語を極力使わない(タップなど) •

    色の調整 • 質問文を目立たせる        
  38. 全てが順調ではなかった


  39. 今日お話しすること 1. AI問診Ubieについて 2. 高齢者UIへの取り組み 3. 自発的改善チームの作り方

  40. 全く進捗が出ない日々が続く とある週の振り返り ボードより

  41. 当時のプロジェクト体制 施策決め 開発 (なんでリリースできないんだろう) メンバーアサイン (このタスクなんだ? 今、誰が何やってるんだっけ・・??) (このタスクなんだろ? 次に何やればいいんだ?) デザイナー

    カスタマー サクセス 医師 エンジニア
  42. 開発内で起こってたこと • タスクの優先順位が分からない • Doingに残り続けるタスク • 他の人のコードレビュー大変 • 何が終わるべきで、何が終わらなかったのかわからない •

    開発コスト込で優先順位つけられていない 施策決め 開発
  43. チームの分割 & スクラム導入 医師 & プロダクトオーナー カスタマーサクセス & プロダクトオーナー エンジニア

    & スクラムマスター デザイナー & スクラムマスター 患者画面チーム 医師画面チーム
  44. POとSMは、全員CSM, CSPO研修に参加 スクラム何やればいいの? 疑問が続出 メンバーには、少しずつ理解してもらう スクラムマスター プロダクトオーナー チームメンバー

  45. スクラムガイドをもとに各ミーティングの意義を説明 引用: スクラムガイド https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2017/2017-Scrum-Guide-Japanese.pdf 1. 該当するイベントのスクリーンショッ トを会議の説明欄に貼る 2. ミーティング開始時にみんなで読む 3.

    スクラムマスターが補足して、 イベント開始
  46. 独自ルールを作らずに
 まずは型通りにやることが重要


  47. 導入初期は当然うまくいかない バックログ見ても分からない 見積もりが合わない 他チームからの差し込み 振り返りボードより

  48. 導入初期は当然うまくいかない バックログ見ても分からない 見積もりが合わない 他チームからの差し込み 振り返りボードより 分かりやすく 書くことを徹底 見積もり時に 詳細化 差し込みタスクを

    毎日共有
  49. 次第にチームが成長

  50. 自然と様々な良い現象が • 自然とペアプロが発生 • 全員が施策を理解してるため、レビューが爆速 • プロトタイプに全員でコメント • デザイナーや医師が分析用のSQLを書いたり、 Dockerを立ち上げて修正し、プルリク作るように

    • インタビュー動画を見ながら全員でアイディア出し
  51. スクラムの導入により
 自発的改善チームへ


  52. まとめ AI問診Ubieについて → 医師の業務を効率化するタブレット問診 高齢者UIへの取り組み → 使い慣れたデバイスを参考にUI改善 自発的改善チームの作り方 → 型通りのスクラム導入し成長したチームへ