Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プロダクトのアジリティを高めるためにアイミツSaaSをリプレイスした話 / imitsu saas replace

unilabo
September 27, 2021
530

プロダクトのアジリティを高めるためにアイミツSaaSをリプレイスした話 / imitsu saas replace

仮説検証をいかに素早く行うかが大事と考えます。 これまでのアイミツから、新しいプロダクトを開発するために既存環境から脱却し、仮説検証を素早く行える仕組みを作った話です。

unilabo

September 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. ϓϩμΫτͷΞδϦςΟΛߴΊΔͨΊʹ
    ΞΠϛπ4BB4ΛϦϓϨΠεͨ͠࿩
    2021.09.08

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    リードエンジニア 兼 CPO室
    竹澤 裕次郎 (Yujiro Takezawa)
    展示会イベントや不動産にまつわるWebプロダクト開発に携わり、
    エンジニアとして複数の新規事業立ち上げを経験。
    2021年4月ユニラボ入社
    現在はリードエンジニアとしてアイミツSaaSのプロダクト開発、
    およびCPO室を兼任し、事業横断でのプロダクト戦略の策定、推
    進、各プロダクトの価値向上に従事。

    View full-size slide

  3. 会社紹介
    アイミツ開発チーム
    アイミツSaaS
    開発チーム
    アイミツCLOUD
    開発チーム
    データ分析チーム デザイナーチーム
    CTO / プロダクトマネージャー
    アイミツ アイミツCLOUD
    アイミツSaaS
    2021/4よりリプレイス
    project推進中
    2021/4 β版リリース
    2021/5 リプレイス完

    2021/04 リリース
    PMFに向けて仮説検証

    事業横断でのプロダク
    ト戦略の策定、推進
    各プロダクトの価値向

    情報システムチーム
    CPO室

    View full-size slide

  4. 目次
    ● リプレイスの経緯
    ● アジリティ向上のためにリプレイス
    ● リプレイスして得られたもの
    ● さらにチームのアジリティを⾼める︕
    ● まとめ

    View full-size slide

  5. ϦϓϨΠεͷܦҢ

    View full-size slide

  6. サービスの紹介
    法⼈向けSaaS⽐較サービス「アイミツSaaS」
    ๏ਓ޲͚4BB4Λൺֱ͠ɺࢿྉ੥ٻͰ͖ΔαʔϏεɻ
    ӦۀɾϚʔέςΟϯάɾ)3ɾ৘ใγεςϜͳͲɺ༷ʑͳ෼໺
    ͷ4BB4Λ໢ཏ͠ɺͦΕΒͷՁ֨΍ػೳɺಛ௃ͳͲɺൺֱʹඞ
    ཁͳ৘ใΛ·ͱΊͯ͝঺հ͠·͢ɻ

    View full-size slide

  7. リプレイスの経緯
    アイミツSaaSの変遷
    ● 2020年12⽉にα版リリース
    ○ 約2週間で開発/リリースし最速で検証を開始
    ○ リリースを早めるためにアイミツに相乗り
    ● 2021年4⽉にβ版リリース
    ○ SaaSカテゴリ追加やデザインの刷新などを⾏った
    ● 初期リリースから速いペースで検証/開発を進めていった

    View full-size slide

  8. リプレイスの経緯
    相乗りしたことで開発速度へ影響が出てきた
    ● インフラでの影響
    ○ リリースがアイミツ/アイミツSaaSで共通のため、リリース確
    認や調整が増えていた
    ○ 2つのプロダクトのコミット履歴が混ざるので追いきれない
    ● アプリケーションでの影響
    ○ 独⾃フレームワークがメインのため慣れるまで時間がかかる
    ○ 共通部分とそうでない箇所が混ざり、影響範囲が不明確のため
    開発前の調査に時間がかかっていた

    View full-size slide

  9. ΞδϦςΟ޲্ͷͨΊʹϦϓϨΠε

    View full-size slide

  10. アジリティ向上のためにリプレイス
    アジリティとは
    ● アジャイル(素早い、機敏な)の名詞形
    ● アプリケーションを迅速に、状況の変化に柔軟に対応できるように
    開発を⾏う
    ● アジャイル開発ができるようにインフラ/アプリケーションの整備を
    する名⽬でリプレイス

    View full-size slide

  11. アジリティ向上のためにリプレイス
    インフラでのボトルネック解消のために
    ● Githubリポジトリを新規作成
    ○ リリースタイミングなどの調整が事業内で完結するように
    ● AWSアカウントを新規作成
    ○ Code Deploy/ECS などを利⽤し環境構築
    ○ AWS Organizationsを利⽤し、既存アカウントに紐付ける形
    で新規アカウントを作成
    ○ それによりAWS IAMによる権限管理や費⽤の管理などが事業
    単位で可能に

    View full-size slide

  12. アジリティ向上のためにリプレイス

    View full-size slide

  13. アジリティ向上のためにリプレイス
    アプリケーションでのボトルネック解消のために
    ● Laravelで1から作り直すことにした
    ● 既存アプリケーションでも⼀部Laravelが使われていた
    ○ メンバーの学習コストが低く、⼀部のコードは流⽤可能だった
    ● 個⼈的にLaravelでアプリケーションの⽴ち上げを複数回経験して
    おり、開発の初速が出しやすかった
    ● クリーンアーキテクチャやDDDなどを参考に設計することで変更容
    易正を担保し、アジリティを⾼められるようにしました

    View full-size slide

  14. ϦϓϨΠεͯ͠ಘΒΕͨ΋ͷ

    View full-size slide

  15. リプレイスして得られたもの
    素早い開発と安⼼なリリースが可能に
    ● リリース判断が事業内で完結するようになった
    ○ インフラの影響範囲がアイミツSaaS内で留められたので
    リリース調整などが不要になった
    ● シンプルでわかりやすいアプリケーションに︕
    ○ Laravelに集約されため、シンプルで影響範囲がわかりやすく
    ○ ⾃動テストや静的解析ツールも導⼊することでコードの変更コ
    ストを抑えられました
    ● 開発にかかる⼯数がへり素早い仮説検証が可能に︕

    View full-size slide

  16. リプレイスして得られたもの
    チーム内でのコミュニケーションが増えた
    ● ビジネスサイドとのコミュニケーションを増やせた
    ○ いままでは開発に専念しないとサイクルが回らなかったが、
    開発スピードが上がったため時間が取れるようになった
    ○ 施策の⽬的や背景など、なぜやるのかを話し合えるように
    ● コミュニケーションが増えることで、認識の違いによるミスなどが
    なくなり、より素早い仮説検証が可能に︕
    ● アジャイルなチームへの第1歩を踏み出せた︕

    View full-size slide

  17. ͞ΒʹνʔϜͷΞδϦςΟΛߴΊΔʂ

    View full-size slide

  18. さらにチームのアジリティを高める!
    スクラムを⼀部導⼊
    ● アジャイル開発の王道を取り⼊れチームに浸透させていく
    ○ プロダクトバックログ/振り返りでワンチーム感︕

    View full-size slide

  19. さらにチームのアジリティを高める!
    プロダクト合宿(1day)
    ● エンジニアサイド/ビジネスサイドと別れていたのをチームとして⼀体
    感を醸成するために合宿を実施
    ○ 事業のビジョンを深堀りしたり、お互いを知るためゲームをしたり
    ● 相⼿を知ることで、遠慮がちだった意⾒が⾔えるようになり、コミュニ
    ケーションが活発に︕

    View full-size slide

  20. まとめ
    ● 新規事業において仮説検証を素早く⾏える環境づくりが⼤事
    ● アイミツSaaSでは、保守性や変更容易性を⾼めるアプローチ
    ○ クリーンアーキテクチャやDDDなどが参考になった
    ○ ⾃動テストや静的解析も導⼊し、気軽にリファクタリングでき
    る環境に
    ● コミュニケーションを促進するには開発のスピードが重要と気づき
    ○ 開発タスクが溜まっていると視野が狭くなり、プロダクトの事
    などに気が回らなくなっていた
    ○ 開発をする、しないも含めて少しの余裕がある状態を保つこと
    も良いプロダクト、強いチームを作るために重要

    View full-size slide

  21. ご清聴ありがとうございました

    View full-size slide