Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Lightningアプリケーションビルダーを利用した効果的なページ作成方法について

73218e8b94cd019a29c6833ad9d12c83?s=47 arino1992
February 22, 2022
34

 Lightningアプリケーションビルダーを利用した効果的なページ作成方法について

73218e8b94cd019a29c6833ad9d12c83?s=128

arino1992

February 22, 2022
Tweet

Transcript

  1. 1 Lightningアプリケーションビルダーを 利用した効果的なページ作成方法について 株式会社キットアライブ 有野 翔太郎 February 22nd, 2022

  2. 自己紹介 2 有野 翔太郎 出身 北海道 岩見沢市 経歴 ・Salesforce Admin(2年)

    ・Salesforce Developer(4年半) Salesforceを触る前は、 Javaを使ったシステム開発やBIツールの保全運用を行っていました。 ※ この資料の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません arino1992 趣味 ぬいぐるみ集め、お酒を飲む(飲まれる) arino1992
  3. 3 Lightningアプリケーションビルダー

  4. Lightningアプリケーションビルダーとは 4 LightningExperienceのカスタムページを簡単に作成する ためのポイント&クリックツール。

  5. Lightningアプリケーションビルダーの基本 5 利用可能なコンポーネント ページのプレビュー ページ情報・ コンポーネントの設定 利用したいコンポーネントを自由に配置・設定することが可能。

  6. 6 イチオシ機能 コンポーネントの表示を設定

  7. コンポーネントの表示を設定とは 7 各コンポーネントには表示条件を設定することが可能。 レコードの情報や閲覧しているユーザ情報を取得して、 コンポーネント自体の表示・非表示を切り替えることができる。

  8. ユーザ情報、何を取得できる? 8 ユーザオブジェクト項目情報を取得することが可能。 言語 プロファイル 名前 カスタム項目

  9. 9 表示設定の使用例① ユーザの言語情報で表示切替

  10. 表示設定の使用例① ユーザの言語情報で表示切替 あらかじめコンポーネントを2つ用意しておき、 それぞれを閲覧ユーザの言語が日本語か日本語ではないかで 条件を設定しておく。 10

  11. 11 表示設定の使用例① ユーザの言語情報で表示切替 閲覧したユーザの言語設定によって、表示が変わる。

  12. 表示設定の使用例② カスタム設定+数式項目で バッチ処理の完了を検知 12

  13. 13 表示設定の使用例② カスタム設定+数式項目でバッチ処理の完了を検知 ユースケース: 基幹システム等から明細データをSalesforceに日次バッチで 連携している組織。 まだ古いデータ データおかしくない!? まだ今日のバッチ 処理が完了してな

    くて・・・
  14. 14 表示設定の使用例② カスタム設定+数式項目でバッチ処理の完了を検知 ユーザオブジェクト側でチェックボックス数式項目を作成。 カスタム設定の対象項目が今日以上であれば、TRUEに設定。 勿論、バッチ処理 で項目を更新する 必要があります。

  15. 15 表示設定の使用例② カスタム設定+数式項目でバッチ処理の完了を検知 Lightningページにコンポーネントを作成して、 先程作成した項目がFALSEの時に表示されるよう設定。

  16. 16 表示設定の使用例② カスタム設定+数式項目でバッチ処理の完了を検知 データが最新のものではないことを知らせることができる。 通知の手間も省け、営業 企画のユーザも困らない。

  17. 工夫次第で色々な表示設定ができる プロファイルやロール毎に見えるコンポーネントを切り替え 営業 → 売上系関連リスト、etc.. マーケ→ Pardot系コンポーネント、ニュース、etc.. タイムゾーン毎に個別のアラート表示を設定 日本の人には”17:55までに日報登録を~” アメリカの人には”~までに日報登録を~”

    etc.. 17
  18. 終わりに コンポーネントの表示を設定することで、 閲覧したユーザ毎に適切なページを表示させることができます。 設定自体はシンプルで簡単なので、工夫次第で どなたでも効果的なページを作成することができます。 是非、組織上での設定・実装のヒントにお役立てください! 18