ビザスク Engineer Meetup #3

ビザスク Engineer Meetup #3

Cc1d44496599ad61c1bdb15f0445378d?s=128

Soshi Hanamura

August 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. ビザスク Engineer Meetup #3 CTOとVPoEの話 @hanasoo

  2. 花村 創史 @hanasoo • 好きなもの: (4), , , • 2007

    - 株式会社日本技芸 ◦ 受託開発 / rakumo開発 • 2012 - 株式会社GREE Platform Team • 2013 - 株式会社ビザスク 共同創業 ◦ 2012, 週末でビザスクを開発開始 ◦ 2013, 資金調達と合わせて起業 ◦ 2014, CHO => CTO
  3. 1. ビザスクについて

  4. 世界中の知見をつなぐ VISION 組織、世代、地域を超えて 知見を集積し、つなぐことで 世界のイノベーションに貢献する MISSION

  5. スポットコンサル ビジネスの知見を求める 人/企業と、まさにその道のエ キスパートをマッチング 多種多様な知見を 15,000/1h(平均)で ヒアリング ビジネス知見に特化した 日本最大級の スキルシェア

    プラットフォーム
  6. 2つのマッチング方法 非公開 Profile + やりとり情報 過去案件 公開 Profiles クライアント
 (地方中小企業/ベンチャー/個人)

    クライアント
 (メーカー/コンサル/金融) ビザスクスタッフ アドバイザー リサーチ
 マネージャー プロジェクト
 マネージャー
  7. これまでの実績 流通総額(実績)
 5年後の流通総額
 today
 ▼
 利用企業例


  8. 2. ビザスク 2019

  9. ビザスク 2019 • 会社全体で90名弱 / 開発メンバー 30名弱 ◦ 今年になって開発は12名の増加 •

    サービスを成長させる開発を続々と ◦ Ex, Webサービスリニューアル ◦ Ex, フルサポートチームは、287施策/year • リファクタリング等へのリソース投下 ◦ プロフィールDBをゼロから再設計 • 新しいチームの立ち上げ中 ◦ QAチーム, SREチーム • 海外展開への対応 • AIマッチングへの準備
  10. ビザスク 2019 CTOとしての課題 • 技術ロードマップが必要 ◦ 使用技術のver upのタイミングは? ◦ 新規技術調査のリソース確保

    ◦ AIマッチング実現ための知見 • 開発組織のスケールの課題 ◦ エンジニア採用 / 技術ブランディング ◦ オンボーディング / 目標設定 / 評価 ◦ チームビルディング
  11. CTOに求められる要件  人のマネジメント得意
 すぐれた開発者
 戦略のエキスパート


  12. んなもん、できるかっ!

  13. VPoE 導入 • “Vice President of Engineering” ◦ “エンジニア副社長? •

    海外で一般的になってきた日本でも最近よくみる ◦ 「メルカリCTO交代,VP of Engineeringの2頭体制に」 • マネジメントの総責任者。エンジニア組織の課題解決。 ◦ ⇔ CTOは技術戦略・決定の責任者 • 組織規模が小さければ、CTOが兼任 • 会社によってタイミングや求められるものは違う ◦ VPoE ⇔ CTO ⇔ CPO という組み合わせもある • どっちが偉いとかではない役割分担。
  14. それぞれ見てる方向が違う 先頭で
 進む方向を考える人
 メンバーの方を向いて
 進めるように見守る人
 VPoE
 CTO
 後ろを向いたまま前は見えないし、前を向くと後ろは見えない!!


  15. ビザスクはCTO + VPoE 体制へ CTO Misson • 知見をつなぐマッチン グプラットフォームの 実現

    業務 • 技術戦略の立案/実施 • ロードマップの意思決 定 • 予算の最終決裁 VPoE Mission • 組織のパフォーマンス 最大化 業務 • 採用/育成/評価 • 組織のマネジメント 世界中の知見をつなぐ」データベースとマッチングプラットフォームの実現 ビザスクのCTOを 新規募集 (wantedly)
  16. CTO募集! • 「ビジネス知見のシェアサービス」 • 私達しかもっていないデータベース • 非常にユニークなサービス • 圧倒的な成長速度 •

    開発30名 => 3年後に100名 • グローバル展開 • AIマッチングへの挑戦
  17. その他にもこんな人さがしております! ➜ toCをグロースさせるWebエンジニア ➜ toBのマッチングをグロースさせるWebエンジニア ➜ 事業横断で課題解決するフロントエンド ➜ UI/UXにこだわりぬきたいデザイナー ➜

    サービス品質を向上させるQAエンジニア ➜ 安定稼働に貢献するSREエンジニア ➜ 検索に強みをもったエンジニア ➜ 経理周りの知識をもった経理エンジニア ➜ 攻めの姿勢で社内を改善したい情シス
  18. 9.11 採用イベント! ご興味あるかたぜひ!