Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

紙の学習体験をなめらかに改善する - abceedの機能開発の歴史

kakakazuma
June 28, 2022
500

紙の学習体験をなめらかに改善する - abceedの機能開発の歴史

kakakazuma

June 28, 2022
Tweet

Transcript

  1. © 2022 Globee Inc. All rights reserved. 自己紹介 上赤 一馬

    (かみあか かずま) 2017/8~ 株式会社Globee CTO (2015/4からパートタイム)
  2. © 2022 Globee Inc. All rights reserved. なめらかな改善 なめらかな改善 →既存の仕組みに慣れている人でも受け入れやすいよう

    な改善 紙→デジタルに学習体験を移行していきたいので、下記が重要 ・紙の本に慣れている学習者でも学習しやすい学習体験 ・紙の本の著者の方/出版社が納得できるコンテンツ移植 ・紙の本での指導に慣れている先生でも使いやすい管理画面体験
  3. © 2022 Globee Inc. All rights reserved. 全体的な工夫 とにかく触っていて気持ち良いアプリを目指す ボタンのサイズは最小でも40px以上に

    ・デザイン的に難しい場合、タッチ領域だけでも40px以上に広げる APIレスポンスは可能な限り100ms以内にし、かつアプリ上でキャッ シュし2回目以降を高速に ・後述するおすすめ問題など、キャッシュできないAPIもあり ・キャッシュ実装はバグを産みやすい問題もある ユーザーが操作できない時間をできるだけ作らない ・インジケータで画面全体を覆わず、読み込み箇所にのみ出す 行動に対して0.5秒以内にフィードバックを返す ・画面遷移が遅くなる場合、ボタンにタッチフィードバックをつける
  4. © 2022 Globee Inc. All rights reserved. 非なめらか事例 リデザイン時に一部画面を削除 /統合したところ、元々使ってくれ

    ていたユーザーが怒り、低評価 レビューがたくさん投稿される →意見を整理し、確かに必要と 思った画面は復活させる 既存機能を使えなくする際 は慎重な検討が必要 (機能を増やしすぎないために時に は毅然とした判断も必要)
  5. © 2022 Globee Inc. All rights reserved. abceedの機能開発の特徴/楽しさ 作りたい機能が多いので新規実装の機会が多く、機能の幅も 広い

    ・ToC/学校/自社スクールと対象ユーザーの幅が広い ・学習体験へのこだわりが強く、画面の作りがいがある ・とにかくやりたいことが多い! ユーザーの反応を感じやすい ・まず社内にコアユーザーがいる ・自社スクール運用しているので、生の声聞きやすい ・学校現場と密に連携しているので、学校現場からの声も聞きやすい
  6. © 2022 Globee Inc. All rights reserved. まとめ ・なめらかな改善→既存の仕組みに慣れている人でも受け入れやす い改善

    ・なめらかな改善のために、多少コストを払ってでも紙の書籍を尊重し たデザインにしたり、やや冗長な画面を複数作ったり、現場で使われ ている教材を全て実装してから学校導入を進めたりしている ・機能開発は楽しいので興味ある人はぜひ話聞きにきてください