Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

基礎にして奥義「相談」で人を助けることを追求するぞ! / mastary of talk

A41b463f033e1304539253f8a663c950?s=47 moriyuya
November 05, 2021
1.2k

基礎にして奥義「相談」で人を助けることを追求するぞ! / mastary of talk

こじれる相談とはサヨナラバイバイ!
なめらかに協力する組織を生み出す基礎にして奥義「相談」で人を助けることを追求するぞ!

SCRUM FEST SAPPORO 2021
----------------------------------------------------

うまくいけば困った状況の打開に繋がるけれど、まずいともっと困ったことになるのが「相談」です。

相談には次のような性質があります。
・困ったらする
・誰かとする(ひとりではできない)
・1回あたり3分〜1時間
・頻度が多い
・意思決定が多い

この頻繁に行われる「相談」のやり方を多くの人は習ったことがないと思います。一人ひとりが日々の中で工夫しているとおもいます。ところが、結果にはバラツキがあります。うまくいけば事態が進展しますが、失敗すれば仕事が進まなくなってしまいます。ですから相談するタイミングや相手を慎重に選んだりします。事態がこじれてしまいかねない人を避け、うまくいく人に持ちかけようとします。

相談そのものが大きな悩みです。そして、この相談の悩みは組織や社会のいたるところで起きています。

このように考えると相談は私たちが思っていた以上に大きな影響を持った活動であると考えられると思いませんか。

相談がもっとよくなったら…つまり、もし相談したら物事がもっとなめらかに進むという確信をもてたら、何が起こるでしょう。もっと人と働くことが楽しくなり、質も大きく伸びるのではないでしょうか。

このセッションでは個人の工夫のレベルで行っているためにバラツキが発生している「相談」を、機能と構造、発生と分布から観察し、短時間の相談でいかに人を助けるかというテーマを追求します。

「なんとかしたくて相談したのに、もっと困ったことになってしまった!」
こんな事態から「あー相談して良かった!」にしていきましょう!

発表者
https://note.com/mryy/n/n6f01561a6253

A41b463f033e1304539253f8a663c950?s=128

moriyuya

November 05, 2021
Tweet

Transcript

  1. SCRUM FEST SAPPORO 2021 2021/11/05 witch&wizards inc. 森 雄哉 こじれる相談とはサヨナラバイバイ!

    なめらかに協力する組織を生み出す 基礎にして奥義「相談」で 人を助けることを追求するぞ!
  2. None
  3. 私たちは いつ困ってる?

  4. 私たちは 毎日、困ってる

  5. 私たちは 毎日、困ってる そのとき何してる?

  6. 私たちは 毎日、困ってる そのとき何してる? 相談してる!

  7. None
  8. この身近な相談について 何を知っているだろう?

  9. None
  10. 実態に合わせた 相談の定義

  11. 相談とは

  12. 相談とは 問題解決を 協働で取り組む 短時間多頻度活動

  13. None
  14. 毎日している相談の 驚きの事実

  15. 「相談、習ったことあります?」

  16. 「相談、習ったことあります?」 そういえば 習ったことない…

  17. 「助け合いがうまくいかないんです」 「相談してもギクシャクしちゃうんです」

  18. 実は自分も相手も 相談のやり方は自己流

  19. 習ってないのに 毎日している相談

  20. こじれるのは 当然なのかもしれない?

  21. None
  22. None
  23. None
  24. もしかして… 相談そのものが 大きな悩み!?

  25. 本セッションで得られること

  26. 本セッションで得られること 相談したのにもっと困った! 相談して良かった! 状況がうまくいった! 心が晴れた!

  27. 副作用 ダメ会議も激減するかも!

  28. None
  29. None
  30. 相談の影響

  31. None
  32. None
  33. None
  34. None
  35. None
  36. None
  37. None
  38. None
  39. None
  40. None
  41. None
  42. None
  43. 相談は あらゆるところで 大量に行われている

  44. 相談 仕事が止まるきっかけ 仕事が流れるきっかけ

  45. 相談は 仕事の流れに 決定的な影響を 与えている

  46. さらにいえば

  47. 仕事の流れは 多くの「人と人との相談」という 協働活動によって 維持/修繕/改善されていると 考えられないだろうか?

  48. 仕事の流れは相談に支えられている 仕事の流れ

  49. 仕事の流れは相談に支えられている 仕事の流れ 仕事の流れを支える多種多様な相談

  50. もし

  51. もし会社の中で いたるところで行われる 「相談」という協働活動が

  52. もし会社の中で いたるところで行われる 「相談」という協働活動が 劇的な改善をしたら 会社は良くなるだろうか?

  53. もし毎日の相談の質が良くなったら…

  54. もし組織のあらゆる階層、そして 顧客との相談の質がよくなったら…

  55. もし問題に関する相談の質が良くなったら…

  56. もし仕事の流れを支える 多種多様な相談の質が良くなったら…

  57. これからの人生、あと何回 相談するだろう?

  58. これからの人生、あと何回 相談するだろう? およそ数万回

  59. これからの人生、あと何回 相談するだろう? もし、その質を劇的に 高められたら? およそ数万回

  60. 私たちが考えていた以上に 相談の影響は 大きいと思いませんか?

  61. こじれる相談とはサヨナラバイバイ!

  62. こじれる相談とはサヨナラバイバイ! なめらかに協力する組織を生み出す 基礎にして奥義「相談」で 人を助けることを追求するぞ!

  63. None
  64. None
  65. 「相談」 うまくいってる?

  66. None
  67. 相談は人と人との活動

  68. None
  69. ×

  70. ×

  71. 相談は 相手によっても 成否が変わってしまう

  72. 相談は 相手によっても 成否が変わってしまう 「バラツキ」

  73. None
  74. ◎◎◎

  75. ◎◎◎

  76. ◎◎◎

  77. 相談が失敗すると 仕事の流れが乱される

  78. 相談の結果は バラツキが大きく その影響は大きい

  79. 私たちの仕事は 相談の質のバラツキに 振り回されている

  80. None
  81. None
  82. じゃあ まずい相談では 何が起きてる?

  83. インターネットミーム 「車のエンジン」

  84. None
  85. None
  86. None
  87. None
  88. None
  89. None
  90. None
  91. None
  92. 相談とは

  93. 相談とは 問題解決を 協働で取り組む 短時間多頻度活動

  94. 協働で取り組む

  95. お互いが 相手が何を望んでいるのか無関心 なとき相談は失敗する

  96. None
  97. None
  98. None
  99. None
  100. None
  101. None
  102. None
  103. None
  104. None
  105. None
  106. ダメな相談は 混線脱線に向かって 一直線

  107. どんな相談だったら よかった?

  108. None
  109. None
  110. None
  111. None
  112. None
  113. None
  114. None
  115. 線は線でも 線を集めて 協働戦線

  116. None
  117. None
  118. 相談を取りまく状況

  119. ×

  120. 学校教育で相談を 習った人はほとんどいない

  121. None
  122. None
  123. 学校教育で読解したり 作者のお気持ちを考え 続けて大学に入ったり 就職したりしても 結果として残念な相談や 長い会議が量産されている

  124. 読解能力など 簡単には上げられない 個人の能力に依存してたら バラツキを避けられない

  125. 相談の専門家として カウンセラーがあるが 学ぶには何百時間も必要

  126. None
  127. 私たちが必要とする 相談の方法の条件 簡単手軽に 練習時間も少なく バラツキを修正できる方法

  128. None
  129. None
  130. スムーズな相談を どうやって実現する?

  131. 問題空間

  132. None
  133. None
  134. None
  135. None
  136. None
  137. None
  138. 相談の問題空間

  139. None
  140. None
  141. None
  142. 実例 ダメな例と改善例

  143. 「起きてること」だけ ダメパターン

  144. None
  145. None
  146. 「起きてること」だけ 改善パターン

  147. None
  148. None
  149. None
  150. None
  151. 「望んでいること」だけ ダメパターン

  152. None
  153. None
  154. 「望んでいること」だけ 改善パターン

  155. None
  156. None
  157. None
  158. None
  159. 「やってみること」だけ ダメパターン

  160. None
  161. None
  162. 「やってみること」だけ 改善パターン

  163. None
  164. None
  165. None
  166. None
  167. O:起きていること N:望んでいること Y:やってみること

  168. O:起きていること N:望んでいること Y:やってみること 空間で表現するだけ

  169. None
  170. None
  171. None
  172. None
  173. None
  174. None
  175. None
  176. None
  177. None
  178. None
  179. AとBを 重ね合わせてみる

  180. None
  181. 違う話をしてた!

  182. None
  183. こじれる相談は 遠い話ではなく 近い話から生まれ、 違いに気づかないから こじれたままになる

  184. 混線脱線の こじれを成長させず いかに簡単に 協働戦線を育むか

  185. 1.起きていること 2.望んでいること 3. やってみること 3点を明らかにして ズレを見ていこう

  186. 相談の良し悪し 「よい相談だった」と 思えるシグナルは何?

  187. 相談が終わると 何が起こるか?

  188. 相談が終わると 何が起こるか? 相談者はひとりで 立ち向かう状況が起こる

  189. None
  190. None
  191. None
  192. 事態の制御が 失われている状態を 何に変えるか

  193. 相談を終えたとき 「事態を掌握している感覚」 をもっていること

  194. None
  195. None
  196. None
  197. 相談は何によって難しくなるか 相談の難易度

  198. None
  199. None
  200. None
  201. None
  202. None
  203. しんどいときは うまくいきにくい しかし気負いでなんとか しようとしてしまう

  204. いかにうまくいく状態を 維持するかが大切 気負いは失敗の元

  205. None
  206. 「ちょっと相談に乗って もらっていいですか」

  207. 「ちょっと相談に乗って もらっていいですか」 本人は「ちょっと」という が実は心理的に高いハード ルを乗り越えてきている 可能性がある

  208. 相談を受ける支援者は 相談者が自分の負い目を 気にすることなく 困ったことに集中できる ように関わる

  209. 気負いと負い目を 薄めていこう

  210. None
  211. None
  212. 相談支援者のアンチパターン こじれる相談

  213. 相談者の不安と 相談される側の不安と欲求が 混線脱線のこじれを生む

  214. 相談者の不安

  215. None
  216. 相談を受ける側の不安 そして欲求

  217. None
  218. 相談を受ける支援者の やってしまいがちな こじれを生むパターン

  219. None
  220. None
  221. None
  222. None
  223. None
  224. None
  225. None
  226. None
  227. None
  228. None
  229. None
  230. None
  231. None
  232. None
  233. None
  234. None
  235. None
  236. None
  237. None
  238. None
  239. None
  240. None
  241. None
  242. None
  243. None
  244. None
  245. None
  246. None
  247. None
  248. None
  249. None
  250. None
  251. こじれる相談の よくある共通点

  252. お互いが自分の関心事で 頭がいっぱい

  253. None
  254. None
  255. None
  256. 実りある相談が 生まれる環境を目指して

  257. None
  258. Googleによる パフォーマンスの高い チームの研究

  259. 心理的安全性

  260. 心理的安全とは メンバーが何かをいうこと に恥じたり、他のメンバー を拒絶したりしないと確信 を持っている状態のこと

  261. 心理的安全性で 満たされてる?

  262. 心理的安全性で 満たされてる? どれくらい?

  263. メンバーが 率直に伝えることに どれくらいリスクがあると 感じているだろう?

  264. 上司やメンバーに 心穏やかにいえるだろうか?

  265. 上司やメンバーに 心穏やかにいえるだろうか? 「分かりません」 「賛成しません」 「やめたほうがいいです」

  266. 上司やメンバーに 心穏やかにいえるだろうか? 「分かりません」 「賛成しません」 「やめたほうがいいです」 いつもいえている?

  267. 動揺を誘う不穏なことを 伝えるために 勇気が必要なら

  268. 動揺を誘う不穏なことを 伝えるために 勇気が必要なら その関係の心理的安全性は 途上である

  269. さらに言えば ネガティブなことを 言えたとしても

  270. さらに言えば ネガティブなことを 言えたとしても 礼儀正しさというベールで 本音を包んでないか

  271. お互いに相手の 出方を見定めようと お互いの距離を 推し量ることばかり 気にしてないだろうか

  272. None
  273. None
  274. None
  275. 協働で 事態を掌握している感覚を いかに醸成していくか

  276. None
  277. Googleによる パフォーマンスの高い チームの研究は 心理的安全性だけじゃない

  278. None
  279. 心理的安全性は 現在でも注目されるが 他にも4つある

  280. None
  281. None
  282. None
  283. None
  284. None
  285. 相談者と 相談される人で 考えると

  286. None
  287. None
  288. None
  289. 信頼とは何か

  290. 能力に 対する期待 相手の意図に 対する期待 安心 個別的信頼 カテゴリー的信頼 一般的信頼 情報依存的信頼 医師や

    パイロット 不確実性:低 機会C:低 内輪、村落、マフィア 不確実性:高 機会C:高 相手に 対する態度・感情 人格特性に 対する態度・感情 特定個人の情報に もとづく 相手の所属する 属性情報にもとづく 不特定他者に 対する態度・感情 自然の秩序に 対する期待 道徳的秩序に 対する期待 人間関係的信頼 人格的信頼 信頼性 太陽や 熱、重さ 信頼
  291. 信頼とは 誠実さの期待

  292. 信頼とは 誠実さの期待 能力の期待

  293. None
  294. None
  295. 信頼を構成するマップ

  296. 不誠実 誠実 能 力 が 高 い 能 力 が

    低 い
  297. 不誠実 誠実 能 力 が 高 い 能 力 が

    低 い
  298. 不誠実 誠実 能 力 が 高 い 能 力 が

    低 い
  299. 不誠実 誠実 能 力 が 高 い 能 力 が

    低 い
  300. 不誠実 誠実 能 力 が 高 い 能 力 が

    低 い
  301. 私たちが 疑問を差し込むことなく 信頼していること

  302. None
  303. 蛇口をひねれば 飲める水が出る

  304. 蛇口をひねれば 飲める水が出る 疑う余地すらないほど 信じきっている

  305. 満たされた信頼とは 「蛇口をひねれば水が出る」と 確信するのと同じ水準で

  306. 満たされた信頼とは 「蛇口をひねれば水が出る」と 確信するのと同じ水準で 私たちは事態を掌握できると 誠実さと能力を当たり前として 確信している

  307. いたるところで行われる相談を いかに心理的安全性、信頼を 高いレベルで実現した関係下で いかに行えるようにするか

  308. None
  309. まとめ

  310. 私たちが相談について 知っていること

  311. None
  312. 相談は組織に 大きな影響を与えている

  313. None
  314. None
  315. None
  316. 相談 仕事が止まるきっかけ 仕事が流れるきっかけ

  317. 仕事の流れは相談に支えられている 仕事の流れ 仕事の流れを支える多種多様な相談

  318. 相談の質には バラツキがあり 私たちの仕事は 相談のバラツキに 振り回されている

  319. ×

  320. まずい相談では 何が起きてる?

  321. None
  322. ダメな相談は 混線脱線に向かって 一直線

  323. どんな相談だったら よかった?

  324. None
  325. None
  326. 線は線でも 線を集めて 協働戦線

  327. 私たちが必要とする 相談の方法の条件 簡単手軽に 練習時間も少なく バラツキを修正できる方法

  328. スムーズな相談を どうやって実現する?

  329. O:起きていること N:望んでいること Y:やってみること

  330. None
  331. None
  332. 基礎にして奥義 とは何か

  333. 蛇口をひねれば 飲める水が出る

  334. 満たされた信頼とは 「蛇口をひねれば水が出る」と 確信するのと同じ水準で 私たちは事態を掌握できると 誠実さと能力を当たり前として 確信している

  335. いたるところで行われる相談を いかに心理的安全性、信頼を 高いレベルで実現した関係下で いかに行えるようにするか

  336. まずは1回 しかし1年後には1000回 10年後には1万回

  337. ONYさんと やっていこう!

  338. こじれる相談とはサヨナラバイバイ! なめらかに協力する組織を生み出す 基礎にして奥義「相談」で 人を助けることを追求するぞ!

  339. Additional

  340. None
  341. None
  342. None