Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新規プロダクトをマネジメントするために工夫したこと

 新規プロダクトをマネジメントするために工夫したこと

6317140224223dc052beb887078cc810?s=128

Minato Nakamura

April 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021/4/27 Minato Nakamura MedPeer .inc 新規プロダクトを マネジメントするために 工夫したこと コロナ禍でも事業成長を加速させたマネジメントのウラ側

  2. 1. 自己紹介 2. MedPeerTalkについて 3. Talk誕生のストーリー 4. 工夫したこと Agenda

  3. 自己紹介 01 Chapter.

  4. • MedPeer[2019.1~] • Ruby / Javascript • 自転車 Minato Nakamura

    @nanntorokusei
  5. MedPeer Talk について 02 Chapter.

  6. MedPeerの事業

  7. None
  8. MedPeer Talk 製薬企業から必要とさ れている、MRによる 情報提供の機会を提供 するチャットツール

  9. 03 Chapter. Talk誕生の ストーリー

  10. 去年の始め、 これから先どうなるか 全く不透明だった状態

  11. 新規サービスの立ち上げを するには特殊な状況 だが、ゆっくりとしては いられない

  12. そんな中、 「MRが医師に直接 会いに行くことが難しい」 という明らかな課題はあった

  13. どうしたら 「MRが医師に会えないこと」 を解決できるのか? ユーザーも正解は分からない 体感値もない

  14. そこで、 PMが以前から温めていた 医師とMRのマッチングサービス のアイディアを具体化することに...

  15. 04 Chapter. 工夫したこと

  16. マネジメントするために 工夫したこと ↓ マネジメントそのものではなく 自分がどう動いたか

  17. さて、作ろう となったとき... こんなことありませんか

  18. 言われた仕様に納得しづらい • この機能は本当にユーザーが 望んでいるのか? • 顧客が求めている背景が理解できない...

  19. 聞くしかない

  20. ユーザーの話を聞いた • 医師(石見さん)に話を聞いた • クライアント商談に同席した ◦ オンラインは同席しやすい(個人的に)

  21. こんな辛みも あったりするかも?

  22. いろんなことが伝言ゲーム • どこかのミーティングで仕様が変わったり • 法務の人に、こっちの機能を伝えたりあっち の制約を聞いたり • 知らないうちに重要クライアントが取れそう だったり

  23. 会話するしかない

  24. ステークホルダと会話した • ステークホルダーを含めた要件定義を週2回 • 法務とのミーティングに参加した • セールス戦略ミーティングに参加した

  25. 情報の共有が たいへん?

  26. 目まぐるしく変わる状況 • 細かな仕様調整 • サービス全体の整合 • 時間との戦い

  27. 密になるしかない

  28. チームメンバとリモートで密になった • PMと日次でミーティング • エンジニアメンバーと毎日朝会 • 週次での振り返り

  29. 結局何をやっていたのか? • プロダクトビジョンを把握する • 戦略を理解する • メンバーに共有する

  30. 振り返ると • プロダクトの方向性、軸を理解できた • コミュニケーションの時間が増えた ◦ 特にリモート下では積極的に話を聞く必要がある • ステークホルダーとの連携がスムーズに なった

  31. 何故できたのか オンラインだったから (首を突っ込みやすい気がする)

  32. 何故できたのか だけではなく、 PMや関係者の人が 首を突っ込むPL(僕)を 受け入れてくれた

  33. さいごに 05 Chapter.

  34. まとめ • 軸と方向性が見えてくるとプロダクト愛 が生まれる • 当たり前のことをやれることも大事 • メドピア良いよ

  35. None
  36. 質疑応答 スライドのくまさんは LINEスタンプで使えるよ→

  37. Thank you!!