Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

MCH+動き始めてます! / MCH+ has begun

Ryo Manzoku
April 28, 2019
410

MCH+動き始めてます! / MCH+ has begun

2019-05-07 MCH Public Viewingにて

Ryo Manzoku

April 28, 2019
Tweet

More Decks by Ryo Manzoku

Transcript

  1. MCH+ 動き始めています!
    ブロックチェーンエンジニア 満足

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    ・rmanzoku#10001 @rmanzoku
    ・double jump.tokyo / ブロックチェーンエンジニア
    ・Ethereumとマイクリを繋ぐところ担当、
    サーバのお守り担当

    View full-size slide

  3. Blockchain上の価値を考え直す MCH+
    ・ERC-721 NFTは、Ethereum上にオープンな「資産・アセット」である
    いまのマイクリアセットの価値を決めているのは?運営なのでは?
    ・ユーザーの活動は、オープンになっているか?
    オフチェーンのサーバとみんなの記憶にしかない。
    ・Blockchainによって、ユーザーのものとなったアセットの「価値」や、ユーザー自身の「実績」はもっ
    と非中央集権的に扱えるべきではないか?
    ・MCH+はあくまで仮称。MCHにとどまらない汎用的なブロックチェーン上の価値を考えていく。

    View full-size slide

  4. MCH Hackathonを開催しました!
    https://www.mchhackathon.com/

    View full-size slide

  5. MCH Hackathonを開催しました!

    View full-size slide

  6. MCH Hackathonを開催しました!

    View full-size slide

  7. MCH Hackathonを開催しました!

    View full-size slide

  8. MCH Hackathonで確認できたこと
    ・新しい「属性」を登録できることで新しい 「遊び」が生まれ「価値」 となる。
    ・MCHの外/ゲームを超えた人と人のコミュニケーション に需要がある。真のソーシャルゲーム?
    ・ERC-721という仕様を採用しているので、 同様のゲーム/サービスで同じことが行える 。
    ・ユーザーも企業もBlockchainというオープンな場に期待 をしている。
    ・この体験を継続できるよう拡げていく

    View full-size slide

  9. メタデータを通した「価値」の
    オープン化

    View full-size slide

  10. メタデータとは
    ・ERC-721で規定されているMetadataという
    項目をEthereumに書き込むことで、
    Ethereum外からその価値を定義できる仕様
    ・ステータスやスキル状況など CryptoWorldの
    情報を、外部に伝えるもの
    ・OpenSeaやBazaarでヒーローのパラメータが
    確認できるのはこれを使っているから
    $ curl -s https://www.mycryptoheroes.net/metadata/heroes/50010001 | jq .
    {
    "name": "MCH Hero: #50010001 Lv.100",
    "description": "HeroName: Nobunaga Oda",
    "image": "https://www.mycryptoheroes.net/images/heroes/2000/5001.png",
    "attributes": {
    "rarity": "Legendary"
    "hp": 480,
    "phy": 205,
    "int": 76,
    "agi": 111,
    "lv": 100,
    "passive_skill": "Rule the Empire by Force",
    "active_skill": "Red Strike",
    },
    "external_url": "https://www.mycryptoheroes.net/heroes/50010001",
    "image_url": "https://www.mycryptoheroes.net/images/heroes/2000/5001.png"
    }

    View full-size slide

  11. メタデータを通して価値を確認できる
    ・メタデータによってど CryptoWorldの外でもアセットの属性を確認できる
    ・人はある属性に対して価値を感じる ことができる。
    ・メタデータは誰のもの?
    いまはMCH運営しかその属性を登録できない
    ・アセットに対する価値は、誰でも登録できるべきである。
    ・アセット価値のオープン化

    View full-size slide

  12. Plusmeta API (仮)
    ・アセットの価値を誰でも登録できる
    ・誰でも価値を参照できる
    ・秘密鍵を使って署名するので、
    誰が登録したかを検証可能
    $ curl -s https://www.mycryptoheroes.net/metadata/heroes/50010001 | jq .
    {
    "name": "MCH Hero: #50010001 Lv.100",
    "description": "HeroName: Nobunaga Oda",
    "image":
    "https://www.mycryptoheroes.net/images/heroes/2000/5001.png",
    "attributes": {
    "rarity": "Legendary"
    "hp": 480,
    "phy": 205,
    "int": 76,
    "agi": 111,
    "lv": 100,
    "passive_skill": "Rule the Empire by Force",
    "active_skill": "Red Strike",
    },
    "external_url": "https://www.mycryptoheroes.net/heroes/50010001",
    "image_url":
    "https://www.mycryptoheroes.net/images/heroes/2000/5001.png"
    }
    これに追加できる!

    View full-size slide

  13. 具体的には?
    ・アセットを使ったゲームを自分で作ってよい
    ・アセットに関する情報を自由に付与してよい
    ・作った便利ツールのデータを登録してもよい
    ・(事業者を含め)自分たちの作った価値を登録してもよい

    View full-size slide

  14. Plusmeta API(仮) はβ版として近日公開!
    ・アセットに価値を誰でも登録できる
    ・アセットの価値を誰でも 正しく参照できる
    ・アセットを軸として、 価値が繋がる
    ・Plusmeta APIにより「マイクリ」が「アセット」の一つの要素 となる

    View full-size slide

  15. オンチェーン上で「実績 / 属性」のオー
    プン化

    View full-size slide

  16. 実績オンチェーン化
    ・マイクリでの実績を、マイクリ外でも実績として表明できる
    ・マイクリのあの人が、〇〇でも活躍している!がブロックチェーンで証明できる時代
    ・ユーザー行動のオープン化

    View full-size slide

  17. 実績コントラクト
    ・各種大会のランキング、ポイント、トロフィー
    ・ランドの活動状況や所属情報 貢献度 etc..
    ・これら、いまはオフチェーンでしか確認できなかったものを Ethereum上で確認できる
    これにより、スマートコントラクトを介して「実績」をオープンに扱えるようになる

    View full-size slide

  18. その他構想

    View full-size slide

  19. マイクリの仕組みをオープン化
    ・GUM相互利用
    ・在庫連動ダッチオークションの提供
    ・スマートコントラクトのノウハウ提供
    ・Ethereumとオフチェーン連携のノウハウ提供

    View full-size slide

  20. コミュニティサポート
    ・MCH HackathonのDiscordを引き継ぎ、コミュニティサポートを継続。
    ・MCH関連のAPI拡充。
    ・継続的にHackathonや主催勉強会行い、 MCHやブロックチェーン全体の価値を確固たるものとし
    て確立できるような活動を行っていきます。
    ・皆さんがアセットに価値を感じたとき、その価値を登録するお手伝いをしていきます 。

    View full-size slide