Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

2017_jaws_ug_night_shuhei

E2990aeac55129e485762fe0946dd1bc?s=47 morioka shuhei
June 02, 2017
2.9k

 2017_jaws_ug_night_shuhei

AWSでのデータ集積基盤構築
AWS SUMMIT TOKYO 2017 JAWS-UG ナイトイベント

E2990aeac55129e485762fe0946dd1bc?s=128

morioka shuhei

June 02, 2017
Tweet

Transcript

  1. 安くて簡単! AWS でのデー タ集積基盤構築 Speee 森岡周平

  2. 今日のお話 Kinesis Firehose + Athena と QuickSight を使って 簡単なデー タ確認基盤を

    AWS 初心者が1日で作った話 を5分くらいで
  3. お話のゴー ル Kinesis Firehose + Athena ( デー タの集積) QuickSight

    ( デー タの可視化) で デー タの可視化が簡単にできそうと思えること 今日話さないこと TreasureData との比較 Kinesis Firehose のパフォー マンスなど ※ 時間的な問題で省略します
  4. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  5. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  6. 名前: 森岡周平 GitHub Account: Selmertsx 業務での使用言語: Ruby, Java AWS 歴:

    ( ちゃんと触り始めて) 半年 会社: Speee 所属部署: 開発基盤部 / ヌリカエ
  7. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  8. 外壁塗装の一括見積もりサー ビス 専門のアドバイザー が、 お客様にヒアリングした 情報を元に、 適切な業者様を紹介させて頂く

  9. 施工業者様に紹介、 成約することで売上を得る

  10. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  11. やりたいこと 社内のアドバイザー の行動量に対する、 利益 ( お客様の満足度と 施工業者様の売上 ) を最大化したい アドバイザー

    は専門的な知識や相場の把握が求められる アドバイザー の育成には時間が掛かり、 簡単に採用できない 一人あたりの効率を最大化することが事業の成長に直結 見たいデー タ アドバイザー の通話時間 アドバイザー の通話回数 アドバイザー の管理画面の操作数 ※ お客様のサー ビス満足度、 属性毎に集計したい
  12. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  13. Kinesis Firehose+Athena / MySQL にデー タを集積 QuickSight でデー タを可視化

  14. 説明 このシステムの説明を デー タの集積 デー タの可視化 上記2つの処理を通して説明します

  15. デー タの集積について

  16. Kinesis Firehose 任意のデー タを API だけでS3/RedShift に送信できる機能 デー タの圧縮や暗号化も可能 Delivery

    Stream の設定はコンソー ルから5 分で可能 # ruby sample code client.put_record( delivery_stream_name: "DeliveryStreamName", record: { data: [name,path,time].to_csv } ) #s3://dict/year/month/day/hour/xxx 森岡周平,/path/nurikae_app/a,2017-06-01 05:58:15.979 森岡周平,/path/nurikae_app/b,2017-06-01 05:58:19.326 森岡周平,/path/nurikae_app/c,2017-06-01 05:58:22.507
  17. お客様との通話は自作 windows app 施工業者様への紹介はweb の管理画面 Kinesis Firehose からS3 にデー タを集積し

    Athena でデー タを集計
  18. デー タの可視化について

  19. QuickSight AWS から提供されているBI ツー ル (Re:dash っぽい)

  20. S3/RDS 等をデー タソー スにデー タの可視化が可能 AWS に乗ってる場合めちゃくちゃ楽 お値段: $9/user (10

    GB SPICE include) SPICE に import しておけば、 ちょっといじっても Athena にリクエストが飛ばない SPICE 使った場合、custom SQL は使えない
  21. 架電ログなどは Athena から取得 売上デー タなどは MySQL から取得

  22. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  23. アドバイザー 毎のKPI をリアルタイムで可視化 ※ 単位等々 はちょっと説明できません

  24. None
  25. Agenda 自己紹介 事業説明 ( ぬりかえ) 可視化対象のデー タについて 構築システムの説明 可視化した結果 まとめ

  26. まとめ Kinesis Firehose + Athena + QuickSight を使って 1日でデー タを可視化できる環境が作れた

    Athena のSDK が公開されたので簡単 アドバイザー 業務に関して、 誰が、 何を、 どれく らいやっているのか可視化できた 価値を最大化するためのリソー ス配分や、 業務で のボトルネックが明確になった かかったお金は総額 $10 程度. ※ 金額の詳細は、 色々 な都合で割愛
  27. 最後に AWS のECS などの機能を使って Heroku Review Apps の機能を安価に実現する Revieee というOSS

    も開発したりしています GitHub でコー ドを公開しているので、 良かったら見てみて下さい https://github.com/speee/webapp-revieee http://tech.speee.jp/entry/2017/05/15/112804
  28. 以上です! ご清聴ありがとう ございました