Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

大規模カンファレンスを楽しみ倒す方法 / how_to_enjoy_conference

大規模カンファレンスを楽しみ倒す方法 / how_to_enjoy_conference

社内LTの発表資料を公開用に調整したスライドです。

42a6a049ac8f5265f31858a9509217fb?s=128

uhooi

May 23, 2019
Tweet

More Decks by uhooi

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ⼤規模カンファレンスを 楽しみ倒す⽅法 〜try! Swift Tokyo 2019編〜 2019/05/23 Hackerʼs Hour @the_uhooi

    1
  2. 想定する聞き⼿とゴール 2 カンファレンスで いろんな⼈と話して 楽しめるようになる カンファレンスに… ・参加したことがない ・参加しても誰とも 話さない 聞き⼿

    ゴール メインは男性・エンジニア
  3. アジェンダ 3 l Swiftとtry! Swiftの概要 l カンファレンスを楽しむには l 実際にどう楽しんだか l

    セッション(講演) l まとめ
  4. 「Swift」とは︖ 4 l Appleが提供しているプログラミング⾔語 l 主な⽤途︓iOSアプリの開発

  5. 「try! Swift Tokyo 2019」の概要 5 l ⽇時︓2019/03/21(⽊)〜23(⼟) l 場所︓ベルサール渋⾕ファースト (3⽇⽬は異なる)

    l 値段︓$350 ⽇本で⾏われる最も⼤きなSwiftのカンファレンス 32カ国から 900⼈もの⽅が参加
  6. スケジュール 6 l 1⽇⽬ セッション l 2⽇⽬ セッション &懇親会 l

    3⽇⽬ ハンズオン研修 (⼿を動かす研修) &もくもく会(⾃習) try! Swiftは シングル セッション
  7. カンファレンスを楽しむには︖ 7

  8. カンファレンスを楽しむコツ 8 l 事前準備をしっかりする l とにかく話しかける

  9. 事前準備 9

  10. 各種SNSに登録する 10 l Twitter(必須) エンジニアはTwitterをやっている⼈が 圧倒的に多い 交流⽤にアカウントを作成すべき l Facebook たまにFacebookしかやっていない⼈も

    いるので登録しておく
  11. Twitterのアイコンと名前は覚えやすいようにする 11 インパクト型 本名型 例

  12. 前⽇の⼼掛け 12 飲み過ぎない にんにくを ⾷べない ちゃんと お⾵呂に ⼊る ⽀度を して

    よく寝る
  13. カンファレンス当⽇ 13

  14. 14 とにかく話しかける︕

  15. 話しかけるコツ 15 l セッション後の休憩時間や昼休み中がベスト l まずは前後左右の席の話しかけやすそうな⼈から ⾃分にとって話しかけにくい⼈に無理して話しかける必要はない l 最初の⼀⾔は「先ほどのセッション楽しかったですね︕」 「セッション」という共通の話題が予め⽤意されている

    ⼤体の⼈はいろいろお話ししてくれる l 無視されてもすぐに切り替える 無視されるのはよくあること
  16. 16 話しかけられることは ないと思え︕

  17. 17 あと

  18. 18 もし⾃分が 「先ほどのセッション楽しかったですね︕」 と話しかけられたら嬉しくないですか︖

  19. 19 私は嬉しいです

  20. 20 有料の⼤規模カンファレンスに来る⼈は 当たり前だけどみんな意欲が⾼く 気が合うことが多い

  21. 話した後 21 l 最後に必ずSNSや名刺を交換する 「Twitterのアカウント教えてください」で断られることはあまりない →匿名でアカウントを複数作れるからだと思う 名刺から発展することはほぼないので、Twitterがベスト l Twitterは「いいね」を押すことから始める いきなりDMを送ると警戒されるかもしれない

    徐々にリプを送って地道に仲良くなる
  22. 22 ここからは実際の様⼦をご覧ください

  23. try! Swift Tokyo 2019 〜1⽇⽬〜 23

  24. セッションはこんな感じ(1/2) 24

  25. セッションはこんな感じ(2/2) 25

  26. ブースはこんな感じ 26

  27. たくさんステッカーを頂いた︕ 27

  28. 会場内で話した⼈たち 28 前 初 ⾃ 初

  29. try! Swift Tokyo 2019 〜2⽇⽬〜 29

  30. 会場内で話した⼈たち 30 ⾃ 初

  31. 公式キャラクターが可愛い 31

  32. 懇親会はこんな感じ 32

  33. 懇親会で話した⼈たち 33 ⾃ 初 初 初 初 初 初 初

    10⼈以上の⽅と技術的なお話ができた︕
  34. try! Swift Tokyo 2019 〜3⽇⽬〜 34

  35. もくもく会はこんな感じ↓ 35

  36. 36 最⾼の3⽇間でした

  37. try! Swift Tokyo 2019のセッション 3選 37

  38. ①iOS端末を利⽤した⼼理学研究の背景と展望 38 l ⼼理学×プログラミング l 扱いやすく⾼速なSwiftだから ⼼理学の研究に使えた l Twitterのアイコン が可愛い︕

    オリジナルとのこと
  39. ②ポートレートモードを⾃作しよう 39 l 背景をボカす処理を ⾃作 被写界深度や⾊の境界を 利⽤している

  40. ③SwiftCheckで始めるProperty-based Testing 40 l Swift以外でも使えるテスト⼿法 簡単にいうと「性質(Property)」をテストする l 例︓配列を逆順にする `reverse()` メソッド

    [1, 2, 3] → [3, 2, 1] - 要素数が変わらない - 2回実⾏すると 元に戻る
  41. まとめ 41 l 事前準備をしっかりする l カンファレンスでいろんな⼈と話すのは楽しい l Swiftは素晴らしいプログラミング⾔語 SNSや勉強会でもみんな優しい l

    とにかく楽しむ︕
  42. 参考 42 l TOKYO - try! Swift Conference https://www.tryswift.co /events

    /2019/tokyo /jp / l try! Swift officialʼs albums | Flickr https://www.flickr.com /photos /tryswift /albums l try! Swift Tokyo 2019 資料まとめ – Qiita https://qiita.com /mishimay/items /32e59b589c49e21702b9