Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

年次大会

756fcabd5aabf52ab37e9ac247294c07?s=47 vhqviet
March 19, 2018
34

 年次大会

756fcabd5aabf52ab37e9ac247294c07?s=128

vhqviet

March 19, 2018
Tweet

Transcript

  1. 言語処理学会第24回年次大会 参加報告 2018/03/19 自然言語処理研究室 VO HUYNH QUOC VIET

  2. 興味深かった発表 ▪ ターゲット領域のキーワード含有率を事例を重みとした感情分析の領域適応 – 白静, 古宮嘉那子, 新納浩幸 (茨大) ▪ 単語の極性を埋め込んだ分散表現

    – 中村拓, 田然 (東北大), 乾健太郎 (東北大/理研) ▪ 人の動作および物体認識に基づく動画像からの文生成 – 漆原理乃, 小林一郎 (お茶大)
  3. 興味深かった発表 ▪ ターゲット領域のキーワード含有率を事例の重みとした 感情分析の領域適応 – 本論文では感情分析の領域適応に対して、新たな事 例ベースの手法を提案 する。 ▪ 単語の極性を埋め込んだ分散表現

    – 単語の極性を線形関数で分離できるよ うな分散表現モデルを 2 つ提案し、 単語の極性分類と 対義語識別に対する汎化性能を評価した。 ▪ 人の動作および物体認識に基づく動画像からの文生成 – 動画像のフレームごとに人の姿勢情報 を抽出し時系列データ、人の動作を 捉えた 説明文生成手法を構築した.
  4. その他 ▪ 日本語学習者を対象にした研究がいくつかある印象を受けた。 ▪ 画像のキャプティブ生成を調べるためにnlpを使用することについて非常に多く のことがあること。 ▪ 日本語の技術や研究の知識に問題がある、私は発表者が言ったことの多くを理 解できない