Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Chompyの配車ロジックの変遷

yagitatsu
April 22, 2022
340

 Chompyの配車ロジックの変遷

数理最適化: Optimization Night #6 のLT。

yagitatsu

April 22, 2022
Tweet

Transcript

  1. 数理最適化: Optimization Night #6
    2022/04/22
    Chompyの配車ロジックの
    変遷を語ってみる

    View full-size slide

  2. ● yagitatsu
    ● Chompy, Inc. CTO, Co-Founder
    ● Backendながめ。なんでもやる
    系。数理最適化は詳しくない。
    ● Twitter: @yagitatsu3
    ● GitHub: @yagitatsu
    自己紹介

    View full-size slide

  3. ● UberEatsみたいなフードデリバリーアプリです (左図)
    ● 今はピボットして、飲食店向けのアプリもたくさんつくってます (右図)
    Chompyってなに?

    View full-size slide

  4. フードデリバリーの注文の流れ
    飲食店パートナー
    クルー(配達員) お客さま
    1. アプリで料理を注文
    店舗一覧や検索機能から
    気になるお店を選んで注文
    2. タブレットで注文受付
    注文が入ったら調理開始
    調理完了ボタンを押し
    クルーの到着を待ちます
    3. 配達
    配達員パートナーが
    オンデマンドにお届け

    View full-size slide

  5. ● やりたいこと
    ○ ピークとオフピークで需要に大きな差があるので、供給側で柔軟に対応できるようにしたい
    ○ ピークにたくさんの注文が集中するので、できるだけ「効率よく」配達したい
    ■ 「効率よく」とは、「安さ」「早さ」「稼ぎやすい」の3つの観点がある
    Chompyの配車ロジックに関する課題

    View full-size slide

  6. ● やりたいことを実現するために決めたこと
    ○ クルーの契約形態と報酬設計
    ■ 契約形態
    ● 他社と同様に業務委託で、1件単位でオファーを出し、承諾して完遂した場合のみ
    報酬付与、とする (=ギグワークと言われている)
    ○ フードデリバリーは、ピークとオフピークで需要の差が激しいため、バイト
    を雇っても時給で安定的に報酬を出すことが難しいため
    ■ 報酬設計
    ● 「安さ」≒「早さ」≒「稼ぎやすい」になるようにする
    ○ 距離が短いものほど安く、長いものほど高くする => 距離料金の導入
    ○ 距離が短いものほど時給が高く、クルーにとっても得するようにする => 固
    定料金の導入
    Chompyの配車ロジックに関する課題

    View full-size slide

  7. ● 注文ごとにワーカーが動き、注文店舗から一番近いクルーを探してオファー
    するようになっていた (早い ≒ 安い ≒ 稼ぎやすい ≒ 効率が良い)
    ● このときの課題
    ○ クルーの安定確保: クルーが特定の時間に、必要な人数分集まってくれるか全く読めない
    ● Next
    ○ アルバイトと同様に、時間あたりで最低報酬を出す機能(チャレンジという名称)を導入
    Chompyリリース初期の配車ロジック

    View full-size slide

  8. ● 時間あたりで最低報酬の出るクルーが新たに出現したことで、「安さ」≠
    「早さ」≠「稼ぎやすい」となり、「効率の良い状態」を定義することが難
    しくなった
    ○ 最低報酬の出るクルーへのオファーを優先すると、部分的な「安さ」は改善するように見え
    るが、「早さ」が達成できなくなり、結果的に効率が悪くなってしまう
    ○ 副作用として、最低報酬の出るクルーとでないクルーで、待遇の差を感じたクルーがデモチ
    ベーションして、結果的にピークにクルー不足で逼迫してしまう問題も発生した
    ○ 1年弱いろんな調整をした結果、最終的に、配車の優先度は2種類のクルーで区別しないよう
    にした
    チャレンジ導入後の配車ロジックの課題





    View full-size slide

  9. ● 先に来た注文から順に近いクルーを探していくと、より長い時間軸でみると
    最適ではないケースがあることに気づき、大きなシステムアップデートを実
    施した
    その後、Batch Matchingへ進化
    引用元: https://www.uber.com/us/en/marketplace/matching/

    View full-size slide