Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

meetup_20210608_kintai.pdf

 meetup_20210608_kintai.pdf

RAKUS Meetup発表資料

https://rakus.connpass.com/event/211947/

3d795f3e14655c5791b0ab84a40b7b35?s=128

Yusuke Konno(Rakus)

June 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. #RAKUSMeetup ©2021 RAKUS Co., Ltd. 新機能開発の アーキテクチャ選定 楽楽勤怠開発課 今野裕介

  2. #RAKUSMeetup 今野裕介(こんのゆうすけ) • 開発本部・第三開発部・楽楽勤怠開発課所属 • バックエンドエンジニア • 2020/7/1入社 ◦ 前職ではレコメンドエンジンASPサービスの設計・開発・運用・

    保守を担当 ◦ 現在は打刻機能をメインに新機能開発を担当 • 趣味 ◦ カメラ・城巡り
  3. #RAKUSMeetup 楽楽勤怠の紹介 • クラウド型勤怠管理サービスです • 2020/10に初期リリース後、ほぼ毎月新機能リリース中!

  4. #RAKUSMeetup ICカード打刻機能 • 2021/2/16(火)にリリース • 端末はPitTouchPro2を利用 ◦ PCがなくても打刻が可能 ◦ 工場や店舗など、PCが持ち込めない環境でも打刻が可能

    • 端末はラクスから販売したもののみ利用可能
  5. #RAKUSMeetup PitTouchPro2の概要 • 打刻(出退勤・休憩・外出)やカード登録削除が可能 • リクエストはXHR Level2で行われている ◦ 組み込みのSafariが内部で稼働している模様 •

    NWに問題がある場合には打刻を再送する機能が存在する ◦ 端末内部に打刻データを保存しておき、NWが再開すると再送する • ICカードはFeliCa、Mifareに対応
  6. #RAKUSMeetup PitTouchPro2外観

  7. #RAKUSMeetup ICカード打刻の要件 • PitTouchPro2端末による出勤打刻および退勤打刻ができる • PitTouchPro2端末によるカード登録・削除ができる ◦ 登録削除用に従業員照会も実施できる • 楽楽勤怠がメンテナンス中の場合、打刻データが失われない

    ◦ メンテ以外でも不慮の事故でデータが失われない
  8. #RAKUSMeetup 打刻データの性質 • エンドユーザーの行動ログの一つである • データは失われてはいけない ◦ 失われるとエンドユーザーは勤怠時刻申請が必要になる ◦ 頻繁に失われていると楽楽勤怠への信頼性が下がる

    ◦ データが失われないための機構が必要 • 重複しても(大きな)問題がない ◦ 同じ日時の打刻を何回繰り返しても、勤怠計算上は影響がない ◦ 影響を受けるのはパフォーマンス面だけ
  9. #RAKUSMeetup アーキテクチャ図 PitTouchPro2 打刻アプリ ケーション 楽楽勤怠 同期バッチ ① ④ ②

    ③ A B
  10. #RAKUSMeetup RabbitMQ • 打刻データの保存のために採用 ◦ 社内での導入実績がある ◦ 公式ドキュメントなど、情報量が豊富 • バージョンは3.8系

    ◦ ErlangはZero-dependency Erlang RPM for RabbitMQの23系を採用 • クラスター構成
  11. #RAKUSMeetup Resilience4jの採用 • Javaのフォールトトレラント用のライブラリ • サーキットブレーカー、リトライ、流量制御、タイムアウトハンドリングなどができる • 今回は以下を採用 ◦ サーキットブレーカー

    ▪ 打刻アプリケーション => 楽楽勤怠のAPI通信のみ(図中②) ◦ リトライ ▪ 楽楽勤怠API通信箇所(図中②およびB) ▪ RabbitMQへのPublish(図中③)
  12. #RAKUSMeetup Resilience4jの採用箇所 PitTouchPro2 打刻アプリ ケーション 楽楽勤怠 同期バッチ ① ④ ②

    ③ A B サーキットブレーカー+リトライ リトライのみ
  13. #RAKUSMeetup やってみた感想 • 実現すべき事自体はシンプル • 事故った時の想定をどこまでやるかが大変 ◦ RabbitMQの採用、リトライ、サーキットブレーカーの適用 ◦ 異常系のテストが大変

    • 情報量の偏り ◦ RabbitMQは公式ドキュメントや英語文献が豊富 ◦ Resilience4jは公式のサンプルコードすら動かなくて辛い