Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2月下旬開催_エンジニア職LT会_なかひこくん_.pdf

E473e5af1263c050599921981db46068?s=47 akatsukinewgrad
May 19, 2022
290

 2月下旬開催_エンジニア職LT会_なかひこくん_.pdf

E473e5af1263c050599921981db46068?s=128

akatsukinewgrad

May 19, 2022
Tweet

Transcript

  1. ヴァーチャル美少女としてのZoom 参加を支える技術
 なかひこくん@アカツキ


  2. 自己紹介


  3. - 社会人2年目
 - チーム ATLAS のエンジニア 
 - 女児向けアニメのオタク 


    - Twitter, Facebook, GitHub : takanakahiko 
 - 最近はエルデンリングやっている 
 #エルデン退勤 #エルデン休憩 
 なかひこくん

  4. - 社会人2年目
 - チーム ATLAS のエンジニア 
 - 女児向けアニメのオタク 


    - Twitter, Facebook, GitHub : takanakahiko 
 - 最近はエルデンリングやっている 
 #エルデン退勤 #エルデン休憩 
 なかひこくん
 何やってるの?

  5. ゲーム内
 通貨管理基盤
 ゲーム事業向け 
 Enterprise Tools 
 (GitHub, CircleCI) 


    ゲームセキュリティ 
 サーバ管理
 クラウドセキュリティ 
 ゲームエンジニアを支援するための仕組みや知見の提供
 ATLASというチーム

  6. ゲーム内
 通貨管理基盤
 ゲーム事業向け 
 Enterprise Tools 
 (GitHub, CircleCI) 


    ゲームセキュリティ 
 サーバ管理
 クラウドセキュリティ 
 ゲームエンジニアを支援するための仕組みや知見の提供
 なかひこくんの担当

  7. ランキング機能
 課金機能
 バトルロジック
 3DCGの描画
 ・
 ・
 ・
 クライアント
 サーバー
 タイトルA


    バトルロジック
 課金機能
 音ゲーシステム
 派手な画面演出
 ・
 ・
 ・
 クライアント
 サーバー
 タイトルB
 PvPロジック
 課金機能
 アニメーションの再生 
 美麗BGMの再生
 ・
 ・
 ・
 クライアント
 サーバー
 タイトルC
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 通貨管理基盤
 課金機能
 石の残高管理
 • 立ち上げ時に同じ機能を1から作る必要がない 
 • 仕様変更への対応は基盤を中心に行える 
 ゲーム内通貨管理基盤について
 各ゲームの
 開発チームが実装
 ATLAS から提供

  8. はじめに


  9. 話変わって
 最近 VTuber が流行っていますよね 
 Facebook が Meta になったよね 


    VRChat など、既にそういった文化圏もあるし 
 
 気になるなあ... 気になりますよね?

  10. Zoomにキャラクターとして参加する
 3D キャラクターをアイデンティティーとする時代は遠くない 
 リアルアバター、そうでない姿、という多様性が認められる環境 
 好きな見た目でお互いにコミュニケーションを取ったほうが幸せでは? 
 気軽にカメラをオンにしやすいよね 


  11. キャラクター準備編


  12. とはいえモデリング大変
 BlenderとかMayaとか
 初心者が一人でやるのはとても難しい


  13. キャラクターモデルを買うという選択肢
 Booth等でモデルを買うことができる
 前提 : VRM を利用することで様々なソフトウェアで利用しやすい
 
 3Dモデルがアイデンティティになっていく時代におけるオリジナリティは?
 そんなあなたに


  14. VRoid Studio
 Pixiv 社が開発している 3D モデリングツール。
 人形の 3D モデルに特化していて VRM

    という共通規格で出力可能。
 専門知識を要することなく敷居が低い。
 VRoid Hub 等の連携もしやすい。
 
 https://vroid.com/studio
 

  15. そもそも VRoid とは
 Pixiv 社が提供する3Dキャラのプラットフォーム。
 モデルの作成、公開、シェア、販売まで包括。
 ※販売はBoothで行われている


  16. VRoid Studio


  17. None
  18. VRoid Studio
 VRMファイルへ
 書き出します。


  19. VRoid Studio 
 ポーズを試すこともできる。
 お人形遊びは純粋に楽しい。


  20. VRoid Studio 
 こういう遊びもできる


  21. VRoid を使うメリット
 エコシステムに巻かれやすい。 
 服の規格等が共通化されているため、 
 パーツや服をモデル間で共有できる。 
 
 例)


    服は Booth 等で販売が行われている。 
 画像の受け渡しをするだけで着替えが完了。 

  22. 仮想カメラ編


  23. Unity を使う?
 VRM は Unity で扱いやすいように
 パッケージが提供されています。
 やっぱゲームエンジンは何でもできて最高。
 
 しかしエンジニアじゃない人でも


    気軽に触りたい...。

  24. Kalidoface 3D
 https://3d.kalidoface.com/
 
 Web サイト上で
 VRM を表示するできる!
 PWA としても動作


  25. Kalidoface 3D
 モデルの設定をする
 
 ①Charactersを開く
 ②VRMをアップロードする
 
 ※スライド作成時に一時的にUIが乱れていましたが 
  現在は元に戻っています

  26. Kalidoface 3D
 カメラの設定をする
 
 ①設定を開く
 ②カメラを選ぶ


  27. Kalidoface 3D
 Pip を有効化する
 
 ①Picture-in-Pictureを選択
 ②新しいウィンドウが出来る


  28. Kalidoface 3D
 ここを押す!!!!!
 
 動く!!!!!!!!!!!
 
 かわいい!!!!!!!!!!


  29. Zoom で画面共有する?
 キャラクターが動いている画面を共有することで皆に見てもらえる。
 でも自分が発表しないときは...?
 
 →自分のキャラクターが映るカメラを用意する必要がある
 →そんなあなたに


  30. CamTwist
 擬似的なカメラを
 作ることが出来る


  31. CamTwist
 できた!!!!!!!!


  32. おわりに


  33. アカツキの景色
 皆が思い思いの姿で会議に参加している 


  34. まとめ
 • リテラシーは求められど、かなりコモディティ化してきている
 • 今回紹介できなかったけど他にもツールはたくさん
 • このエコシステムにどう乗っていくか考えていく必要がある
 • エコシステムを提供していく側が諸々を握っていくのもある
 


    みんな!
 バーチャルキャラクターでZoomに参加しようや!!