Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20190212.pdf

59cbc6c10d2d1ab75aeaf6c4b7515490?s=47 d9magai
February 12, 2019
34

 20190212.pdf

59cbc6c10d2d1ab75aeaf6c4b7515490?s=128

d9magai

February 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. JAWS-UG TOHOKU 熊谷 AWS re:Invent 2018 行ってきました報告

  2. 2 re:Inventに初めて行って来ました • re:Invent初参加かつ初海外渡航 • 発表された新サービスの紹介等は少なめ • 私が体験したことや参加する上でのTipsなどを紹介

  3. 3 自己紹介 • 名前:熊谷大地 • 所属:千株式会社 ものづくり部 • 幼稚園・保育園向け写真サービス を運営してます

    • 宮城県出身 • 1児の父
  4. 4 アジェンダ • AWS re:Inventとは? • どうやって行った? • 現地の様子 •

    行きたくなった?
  5. 5 AWS re:Inventとは?

  6. 6 AWS re:Inventとは? • AWS世界最大のカンファレンス • いわゆる営業イベントとは異なる学習型のイベント • 2018年は11月25日から30日までの6日間 •

    多くの新サービス/アップデートを発表 • 2017年 40+ 、 2018年 100+
  7. 7 AWS re:Inventとは? • ラスベガスの7ホテルが会場 • 参加者は5万人以上 • 日本から1000人以上 •

    2100以上のセッション
  8. 8 ベネチアン re:Inventの中核ホテル キーノート/Expo会場もここ

  9. 9 treasure island 今回、宿泊したホテル 会場にはならなかったがとても大きい

  10. 10 どうやって行った?

  11. 11 どうやって行った? • ジャパンツアー(B[添乗員同行]コース)で • Bコース[トレジャーアイランド] : 約28万(込み込み) • re:Inventカンファレンス登録費用:約17万

    => 計45万 • ホテル-空港間送迎、搭乗/乗り継ぎの手続きサポートは渡航経験が少ない人で も安心 • ホテルや会場にも日本人のツアーデスクがあり相談できて安心 • ジャパンナイト/WrapUpセッション/ブースツアーなどAWSJと連携した企画もあ る
  12. 12 • 成田空港 - シアトル(タコマ)空港 - マッカラン空港 • シアトルで入国審査 •

    渡航理由は「Conference in Las Vegas」でOK • 定番質問(渡航理由、滞在期間)以外で「会社名言え、名刺見せ ろ」という質問もあった(同行者談) どうやって行った?
  13. 13 成田 ➡[9h]➡シアトル ➡[2.5h]➡ マッカラン どうやって行った?

  14. 14 事前準備 • パスポート → 必須 ◦ 本籍地から遠いと申請が手間だった • ESTA(電子渡航認証システム)申請

    → 必須 ◦ ツアーに申請を代行してもらった(自前でも可) • 海外旅行保険加入 → 念のため加入した • 両替 → チップとカジノ用 ◦ 1ドル札多めがよい。総額2万円程度で足りる。実際余った • WiFiルーターレンタル → 必須 ◦ 500MB/dayのプランで十分。会場や宿泊先にもWifiあるが外出先では必須 • モバイルバッテリー ◦ 移動中や会場でバッテリーがモリモリ減るので必須
  15. 15 現地の様子

  16. 16

  17. 17

  18. 18 街並み ホテルもビルもオブジェも何もかもデカかった

  19. 19 気候 • 朝と夜が冷え込む ◦ 昼はともかく、朝と夜は寒さ対策大事。 ◦ 東京と同じ程度の気温 • 雨はほとんど降らない

    ◦ 年間で10日程度らしい ◦ 幸運?にも期間中降った ◦ ラスベガスに傘はいらない、と聞いていたが 持って行った折り畳み傘が役に立った
  20. 20 レジストレーション 紫色のサイケデリックな会場でレジ ストレーション ID、パーカー、水筒をもらう 到着した日の夕方が空いていてオススメ ウォーターサーバーがあちこちに設置してあ るので、有難い。乾燥対策大事

  21. 21 セッション

  22. 22 • 大量のセッションがある(2100+) ◦ 人気セッションは[REPEAT]セッションもある • 新サービス発表されると急遽[NEW LAUNCH] セッションが追加される •

    事前にスマホアプリor Webで予約 ◦ スマホアプリでは、予約の他にもスケジュール を見たりバス乗り場を調べたりもできる セッション
  23. 23 キーノート

  24. 24 • サイケデリックで巨大な会場で行われる • Andy Jassy (AWS CEO) • Werner

    Vogels(Amazon.com CTO) • 新サービスや重要アップデートが発表される ラウンジでヘッドホン借りてモニ ターでも視聴可 キーノート
  25. 25 Expo

  26. 26 • 展示場 ◦ ベネチアン/アリアの2ホテルにある ◦ スポンサーブースいっぱい ◦ 各企業のサービスのデモもみれる ◦

    ノベルティも貰える ▪ デカイ人と写真とってTシャツGET ▪ ルーレットまわす ▪ ゲームで対決 Expo
  27. 27 • 現地でAWS認定試験を受験できる ◦ 資格もっていると認定者ラウンジに入れる ◦ 同行者がSysOpsを受験しました➡(同行者が) 無事合格! AWS認定試験 待合室

    戦利品
  28. 28 • 受付 ◦ カンファレンス登録と認定アカのメアドが同じであれば予めIDに登録されてい るらしい(IDスキャンですぐ入れる) • メアドが異なる場合は受付で氏名を伝えて認定者検索してもらう • ラウンジでは

    ◦ 奥にあるGiveawayでお土産もらえる ◦ ソファーでくつろぐ ◦ ゲームできる(ピンボールとか) ◦ コーヒーや軽食たべのみ放題 認定者ラウンジ
  29. 29 認定者ラウンジ

  30. 30 Japan Wrap-up Session • AWSJが今回発表された内容を紹介 • re:Inventの復習として利用できる • すぐ満席になったので早めの申し込みが吉

  31. 31 食事

  32. 32 • re:Inventのパーティー・イベント • 食べる • 飲む • アトラクションで遊ぶ •

    お土産もらう re:Play
  33. 33 re:Play

  34. 34 行きたくなった?

  35. 35 行かなくても、 • キーノートはライブ中継でみれる • 各セッションの動画/スライドは公開 • ブログでレポートがすぐに出る re:Inventへ行く意義

  36. 36 それでも行く価値はあるか?

  37. 37 re:Inventへ行く意義 • 現地で感じる熱量 • AWSのこれまでの軌跡 • これから思い描く未来 • 英語圏で行動するという経験

  38. None