Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

EC事業部の各サービスを支えるCREチームの新体制 /New Structure Of EC CRE Team

Futoshi Endo
November 18, 2021
870

EC事業部の各サービスを支えるCREチームの新体制 /New Structure Of EC CRE Team

2021.11.18 Pepabo Tech Conference #17
ref:https://pepabo.connpass.com/event/229248/

スライド内リンク
ref:https://hr.pepabo.com/interview/2021/05/07/5597

Futoshi Endo

November 18, 2021
Tweet

More Decks by Futoshi Endo

Transcript

  1. EC事業部の各サービスを支える CREチームの新体制 遠藤 太徳 / GMO Pepabo, inc. 2021.11.18 Pepabo

    Tech Conference #17 1
  2. 2 自己紹介 EC事業部 CRE/QAチーム ソフトウェアエンジニア  遠藤 太徳 Futoshi Endo •

    2017年にエンジニア職として新卒入社し、 「グーペ」チームに配属されました。 • 現在はEC事業部 CRE/QAチームで「カラー ミーショップ」をメインにオーナー様からのお問 い合わせ対応、機能改善を行っています。 • 料理を作るのが好きで最近は鍋ばっかり作っ ています。
  3. イントロダクション 3

  4. 4 イントロダクション ・この発表ではチーム内で抱えていた課題を乗り越えて今のチーム体制になった過程にフォーカスしたお話を します ・EC事業部CREチームで具体的に取り組んでいる内容は「ペパボ HRブログ」に上がっている記事をご覧くださ い。 https://hr.pepabo.com/interview/2021/05/07/5597

  5. アジェンダ 5

  6. 6 今日のアジェンダ • EC事業部CREチームの紹介 • チーム体制が変わった経緯 • チーム体制が変わった事で生まれた課題 • 課題に対して取り組んだ事

    • まとめ
  7. EC事業部CREチームの紹介 7

  8. 8 サービス利用者様から送られてきたお問い合わせ をCSの方で受け取ります。その後、 CSだけは解決 できなかった問題に対して CREで技術力を持って 解決に導きます。 お問い合わせの傾向から不具合修正、機能開発 行いサービス改善を行います。 EC事業部のCREチームの紹介

    お問い合わせ担当(CS) CRE 届いたお問い合わせ CRE サービス利用者様 EC事業部CREチームの活動
  9. EC事業部のCREチームの紹介 9 EC事業部で扱っている 3つのサービス 誰でもかんたんに HPを最短1分で作れ るサービス 国内最大級の ネットショップ 作成サービス

    決済機能付の 定期販売ページを簡単 に作成できる サービス
  10. EC事業部のCREチームの紹介 10 各サービスをメインで担当する人が在籍しつつ、チーム間で情報共有する形をとりな がらサービス改善に取り組んでいます。

  11. チーム体制が変わった経緯 11

  12. チーム体制が変わった経緯 2018年11月~ 2020年1月 カラーミーショップ CREチームが誕生 テレワークが始 まる 2020年1月にテレワークが始まる 12

  13. チーム体制が変わった経緯 2018年11月~ 2021年2月 2020年1月 カラーミーショップ CREチームが誕生 2021年10月 「グーペ」のCREが集合 「カラーミーリピート」の CREが集合

    2020年1月にテレワークが始まる 2021年2月の組織変更を機にカラーミーショップ以外のCREが集合した テレワークが始 まる 組織変更が行 われる 13
  14. チーム体制が変わった経緯 組織変更が行われた理由 ・CRE同士で情報共有をすばやく行いサービス利用者様からの要望に柔軟に対応する ・エンジニア間でスキル共有を行いチーム全体の技術力向上を図る 14

  15. チーム体制が変わった事で 生まれた課題 15

  16. チーム体制が変わった事で生まれた課題 16 課題1:新メンバーが入ってきてもサービス特有の知識がな いため対応に時間が掛かってしまう 課題2:メンバーが増えた事で今までのタスク管理では他メ ンバーのタスクの進捗がわかりづらくなった 課題3:テレワークに移行したがオフィスで行っていた気軽 に業務を相談するのが難しくなった

  17. 17 タスク管理はGitHub Enterpriseのプロジェクトボードを使って管理していた チーム体制が変わった事で生まれた課題 ・タスクを追加した順でカードが積まれる。

  18. 18 今までのタスク管理では進捗を確認するのが難しくなった チーム体制が変わった事で生まれた課題

  19. チーム体制が変わった事で生まれた課題 19 課題1:新メンバーが入ってきてもサービス特有の知識がな いため対応に時間が掛かってしまう 課題2:メンバーが増えた事で今までのタスク管理では他メ ンバーのタスクの進捗がわかりづらくなった 課題3:テレワークに移行したがオフィスで行っていた気軽 に業務を相談するのが難しくなった

  20. 20 チーム体制が変わった事で生まれた課題 サービス特有の知識 がないため対応に時 間がかかる タスクの進捗がだせない タスクの相談をしようにもテレ ワーク下や、メンバーのタスク が見えずらい為 相談しづらい

    課題が組み合わさった結果、サービス改善がしづらい悪循環が起きてしまった
  21. 課題に対して取り組んだ事 21

  22. 担当するサービスとチームメンバーが増えた事で生まれた課題 22 課題1:新メンバーが入ってきてもサービス特有の知識がない ため対応に時間が掛かってしまう 課題2:チームメンバーが増えた事で各々が持っているタスク の進捗がわかりづらくなった 課題3:テレワークに移行したがオフィスで行っていた気軽に 業務を相談するのが難しくなった

  23. 課題に対して取り組んだ事 23 サービス知識がないと対応できない部分はドキュメントに残してすぐに キャッチアップできるようにしておく • チーム全体でNotionを活用して対応フローな どをドキュメント化しておく • サービス知識がなくてもドキュメントを見ればす ぐに仕事に着手できるように備えておく

    • ドキュメントがない対応フローがあれば都度追 加していく
  24. 担当するサービスとチームメンバーが増えた事で生まれた課題 24 課題1:新メンバーが入ってきてもサービス特有の知識がない ため対応に時間が掛かってしまう 課題2:チームメンバーが増えた事で各々が持っているタスク の進捗がわかりづらくなった 課題3:テレワークに移行したがオフィスで行っていた気軽に 業務を相談するのが難しくなった

  25. 課題に対して取り組んだ事 25 タスクの締め切りを設定して今取り組んでいるタスクを可視化する ・Notionで1つのページで各サービスのCREタスクの進捗が確認できるにした ・Sort機能を使って締め切りが近いタスクが上位に来るようになった事で現在取り組んでい るタスクが可視化される 締め切りが近いタスク

  26. 課題に対して取り組んだ事 26 担当しているタスクの進捗報告をオンラインMTGで行う「朝会」を開催 Notionのタスクボードを全員で見ながら、それぞれ前日にやっていたタスクと今日や るタスクを共有する

  27. 担当するサービスとチームメンバーが増えた事で生まれた課題 27 課題1:担当するサービスが増えた事で新たなサービスの知 識が必要になった 課題2:チームメンバーが増えた事で各々が持っているタスク の進捗がわかりづらくなった 課題3:テレワークに移行した事で気軽にコミュニケーションが 取れなくなった

  28. 課題に対して取り組んだ事 28 定期的に業務相談ができるオンラインMTGの時間を設けた サービスに詳しいエンジニアの方に相談したり、ちょっとした雑談をする際にも 活用されてチーム内で気軽にコミュニケーションが取れるようになった

  29. まとめ 29

  30. 30 まとめ • 対応フローがまとまったドキュメントを整備する事で新しくサービスを担 当してもすぐにタスクに着手ができるようになった • タスクの締め切りを設定し、Notionのタスクボードを使う事でチームメン バーが今持っていているタスクの進捗がわかるようになった • 業務相談ができるオンラインMTGを定期的に設ける事でテレワーク下で

    もチームメンバーで気軽にコミュニケーションが取れるようになった
  31. 31 まとめ 課題が解消された事でサービス改善がしやすい環境になった! マニュアルを見る事 ですぐに作業に取り かかれる サービス特有の知識 がないため対応に時 間がかかる タスクの進捗がだ

    せない タスクの相談をしようにも テレワーク下や、メンバーのタ スクが見えずらい為相談しづら い タスクの進捗が難しけ ればオンラインMTGで 相談 Notionのタスクボードで 常にメンバーのタスクの 進捗を確認する
  32. 32 “チーム全員で改善に取り組む” まとめ EC事業部各サービスの利用者に寄り添って使いやすさ No.1を目指し CRE活動をチーム全員で行なっていきます!

  33. 33