Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

開発にテストプロセスを融合させていく取り組み

takefumi
September 17, 2022
260

 開発にテストプロセスを融合させていく取り組み

takefumi

September 17, 2022
Tweet

Transcript

  1. None
  2. None
  3. None
  4. 開発のプロセスにテストを融合させていくと、品質 (価値) が向上する

  5. 開発のプロセスにテストを融合させていくと、品質 (価値) が向上する と、思っています。

  6. 開発のプロセスにテストを融合させていくと、品質 (価値) が向上する と、思っています。 と、いう話をします。

  7. わりとあるある事件簿ですが、ちょっとした歯車がはずれると歴史は 繰り返されるのでしばしば発生する。 実際、うちでも発生しています。

  8. QA という立場で、開発とテストを融合させて品質(価値)を 組み込んで製品をリリースすることを考える。 開発担当者のユニットテストのやり方ではなく、 開発を含めたテストプロセスの改革・改善について話します。

  9. ということを踏まえて、 開発とテストのプロセスを融合させていく 取り組みをしています。

  10. None
  11. None
  12. None
  13. None
  14. None
  15. None
  16. None
  17. None
  18. None
  19. None
  20. PO 1名 開発担当者 2 名 (現在は 4名) QA・テスト 1 名

  21. None
  22. 品質 (価値) は製品に携わるメンバー全 員のマインドと、そこから生まれたプロセ ス・システムに宿る。

  23. None
  24. メンバー全員でやること

  25. 2022 6/22 JaSST nano

  26. 正直、完璧超人へのあこがれはあります。 ですが、人間なのでなれません

  27. 1回言ったのになんで忘れてんだ!大事なのになんで間違えてんだ! とか(人の行動に)言っても意味ない。悪意があってミスをしているわけではない。 1 回言ったら全て記憶・出きる人間ばっかりだったら、もっと世の中変わってる

  28. 品質 (価値) は製品に携わるメンバー全 員のマインドと、そこから生まれたプロセ ス・システムに宿る。

  29. None
  30. None
  31. None
  32. None
  33. None
  34. None
  35. None
  36. None
  37. None
  38. None
  39. None
  40. None
  41. None
  42. None
  43. None
  44. None
  45. None
  46. None
  47. None
  48. None
  49. None
  50. None
  51. (原文) https://janetgregory.ca/testing-from-a-holistic-point-of-view/ (翻訳) https://note.com/globis_engineers/n/neeaad6dfd67b

  52. None
  53. None
  54. None
  55. V&V (Verification & Validation) というのがあるが、 出来上がった製品の評価という意味が大きい

  56. それも大事だが、将来発生しそうなリスクや要望(追加・修正機能)をテストで把握すること。 可能であれば、対策を検討しておく V&V (Verification & Validation) というのがあるが、 出来上がった製品の評価という意味が大きい

  57. それも大事だが、将来発生しそうなリスクや要望(追加・修正機能)をテストで把握すること。 可能であれば、対策を検討しておく V&V (Verification & Validation) というのがあるが、 出来上がった製品の評価という意味が大きい こんなこともあろうかと!

  58. 予期された事故と予期されない事故では、対応速度・内容が かわってくる。 QA としては製造しているとき (リリースする前) に 把握しておきたい。 対策しなければいけないのか、リスクとしてそのままでいいのかを考える材料

  59. None
  60. None
  61. None
  62. None
  63. None
  64. https://www.jasst.jp/symposium/jasst16tohoku/pdf/S1.pdf

  65. 改型 品質特性

  66. 定義された品質特性に魂を縛られている人々にはならない。 定義されたものだけに魂を縛られて思考停止すると製品の品質を汚染し続けるの で、アクシズ落として最初から考え直してもいいと思っている。 定義された品質特性に合わせてテストするのではない 合わせるのは、実装理念・要件定義 品質特性はあくまで、思考を助けるための道具

  67. None
  68. None
  69. None
  70. None
  71. None
  72. None
  73. None
  74. None
  75. None
  76. None
  77. None
  78. 開発にテストプロセスを 融合させていく取り組み

  79. None
  80. None
  81. トップヘビーとは船舶の重心が 上部にあること。 転覆しやすくなる。 (トップヘビーな龍驤)

  82. None
  83. None
  84. None
  85. None
  86. None
  87. None
  88. None