Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Clojure.specを活用したコード・ファーストスタイルのRESTサービス開発

 Clojure.specを活用したコード・ファーストスタイルのRESTサービス開発

(増席) 教養としてのClojure - そろそろ学んでおきたい2017年秋
https://d-cube.connpass.com/event/67567/presentation/

0aa34b4eff41585cdaba159adc29e328?s=128

Kenji Nakamura

October 05, 2017
Tweet

Transcript

  1. を活用したコード・ファーストスタ を活用したコード・ファーストスタ イルの イルの サービス開発 サービス開発 - D3 Meetup 教養としてのClojure

    2017/10/4 - 株式会社シグニファイア 代表 中村研二
  2. 自己紹介 自己紹介 年間米国の金融・通信系スタートアップでエンジニア・マネー ジャ・ディレクターをしていました。 年から開発は 。ミッションクリティカルシステ ムにも使用しました。 昨年 の開発に特化した、株式会社シグニファ イアを設立。

  3. 紹介したいこと 紹介したいこと コードと デザインの乖離を無くし、メンテナンスコストを最 小に抑える の動的言語を活用したクイック・ターンアラウンドな開 発サイクル の活用例 質問・ディスカッションは で!

  4. の文法解説 の詳細な使い方 の詳細

  5. って って 型がないから心配 で静的型付き言語とは違ったアプローチでエラー チェック 起動が遅くて 駆動開発 によるホットリロー ディング カッコが多くて読み書きしづらそう

    モードを使えばカッコを気にせずコーディングでき る!
  6. フレームワーク フレームワーク ビルドツール 対話開発環境 サーバ抽象化フレームワーク 上で動作するルーティングライブラリ 上で 用の機能を追加したライ ブラリ

  7. フレームワーク フレームワーク を定義する スペックに準拠し、設計、 ドキュメントなどをサポートするツール群 データ構造を定義し、バリデーションなどを行うラ イブラリ に や ス

    キーマ、 サポート機能を付加するライブラリ サーバーを起動することなく 上のロジックをテスト することができるライブラリ
  8. プロジェクトの生成と設定 プロジェクトの生成と設定 は をサポート、 はまだ 依存だが で 対応予定) lein new

    compojure-api-with-spec
  9. None
  10. (defproject compojure-api-with-spec "0.1.0-SNAPSHOT" :description "compojure-api v2 and clojure.spec demo" :url

    "https://github.com/k2n/compojure-api-with-spec" :license {:name "Eclipse Public License" :url "http://www.eclipse.org/legal/epl-v10.html"} :dependencies [[clj-time "0.14.0"] [metosin/compojure-api "2.0.0-alpha7"] [metosin/spec-tools "0.3.2"] [org.clojure/clojure "1.9.0-beta1"]] :ring {:handler compojure-api-with-spec.handler/app :async? true :nrepl {:start? true}} :uberjar-name "server.jar" :profiles {:dev {:dependencies [[peridot "0.5.0"]] :plugins [[lein-ring "0.12.0"] [com.jakemccrary/lein-test-refresh "0.21.1"]] :global-vars {*warn-on-reflection* true}}})
  11. None
  12. (ns compojure-api-with-spec.handler (:require [compojure.api.sweet :refer [api]] [compojure-api-with-spec [spec-coercion-routes :refer [spec-coercion-routes]]

    [spec-validation-routes :refer [spec-validation-routes]]])) (def app (api {:swagger {:ui "/" :spec "/swagger.json" :data {:info {:title "Clojureでコード・ファーストなSwagger駆動REST API"} :tags [{:name "validation" :description "clojure.specによるバリデーション"} {:name "coercion" :description "clojure.specでコアーション"}]}}} spec-validation-routes spec-coercion-routes))
  13. None
  14. (ns compojure-api-with-spec.spec-validation-routes (:require [compojure.api.sweet :refer [context GET POST]] [ring.util.http-response :refer

    [ok]] [clojure.spec.alpha :as s] [spec-tools.spec :as spec])) (def email-regex #"^[a-zA-Z0-9._%+-]+@[a-zA-Z0-9.-]+\.[a-zA-Z]{2,63}$") (def max-age 140) (s/def ::greeting (assoc spec/string? :description "このように注釈を定義することができる")) (s/def ::comment (assoc spec/string? :description "年齢の偶奇数を判定します")) (s/def ::response (s/keys :req-un [::greeting ::comment])) (s/def ::email (s/and spec/string? #(re-matches email-regex %))) (s/def ::age (s/and spec/int? #(> max-age %) #((complement neg?) %))) (defn validation-handler [email-address current-age] {:pre [(s/valid? ::email email-address) (s/valid? ::age current-age)] :post [(s/valid? ::response %)]} {:greeting (str email-address "を登録しました!") :comment (if (even? current-age) "あなたの年齢は偶数です"
  15. None
  16. (ns compojure-api-with-spec.spec-coercion-routes (:require [compojure.api.sweet :refer [context GET POST]] [compojure.api.coercion.spec :as

    spec-coercion] [ring.util.http-response :refer [ok]] [clojure.spec.alpha :as s] [spec-tools.conform :as conform] [spec-tools.core :as st] [spec-tools.spec :as spec])) (s/def ::name spec/string?) (s/def ::amount (assoc spec/bigdec? :json-schema/type "string" :description "整数または小数を文字列として入力")) (s/def ::amount-type spec/string?) (defn string->bigdec [_ x] (cond (bigdec? x) x (string? x) (try (java.math.BigDecimal. x) (catch NumberFormatException e ::s/invalid)) :else ::s/invalid)) (def string-conforming (st/type-conforming
  17. None
  18. (ns compojure-api-with-spec.spec-routes-test (:require [clojure.test :refer :all] [clojure.edn :as edn] [cheshire.core

    :as json] [compojure-api-with-spec.handler :refer [app]] [peridot.core :refer :all])) (deftest spec-routes-test (testing "validation" (testing "get" (testing "valid email address" (is (= 200 (-> (session app) (request "/validation?email-address=foo@example.com") :response :status)))) (testing "email address without domain" (is (= 400 (-> (session app) (request "/validation?email-address=foo") :response :status)))) (testing "email address without TLD" (is (= 400 (-> (session app) (request "/validation?email-address=foo@example") :response :status)))) (testing "email address with 1 character TLD, which is invalid."
  19. 終わりに 終わりに 今回の例はマクロを多用した 的な使われ方。通常はこれほど マジカルではない。 と はまだα版 の統合 への適用 を導入したくなったらお声がけください!コンサル・開

    発承ります。