Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

10分間_RPA概論_運用_保守編__v1.pdf

Ba2580705f839d9dcd51b30a5e7a2dd9?s=47 一戸寿哉
August 10, 2018
1.5k

 10分間_RPA概論_運用_保守編__v1.pdf

Ba2580705f839d9dcd51b30a5e7a2dd9?s=128

一戸寿哉

August 10, 2018
Tweet

Transcript

  1. 10分間 RPA概論 ~運用・保守編~

  2. 自己紹介 • 一戸 寿哉(いちのへ かずや) • 34歳 • 青森県五所川原市 •

    趣味 バスケ、カラオケ • 職歴 • 2017年2月までSE 無線LAN、カーエレ、外為 • 2017年3月からコンサル RPA(約1年4ヶ月)
  3. 本日のテーマ RPAにおける運用・保守に関する 「概論」と「実務経験から得た気付き」を共有します。

  4. アジェンダ • 体制図 • 運用 • 保守 • 基盤 •

    分析
  5. 体制図 プロジェクトオーナー プロジェクトマネージャ PMO コンサル • 案件さがし • 現状分析 •

    要件定義 開発 • 設計 • 製造 • テスト インフラ • 設計 • 構築 • 監視 RMO
  6. RMOとは KPMGコンサルティング株式会社 RPA高度化に向けた方法論と活用事例より抜粋 https://home.kpmg.com/jp/ja/home/insights/2017/11/rpa-methodology-case-20171115.html

  7. RMOの役割 プロジェクトオーナー プロジェクトマネージャ PMO コンサル • 案件さがし • 現状分析 •

    要件定義 開発 • 設計 • 製造 • テスト インフラ • 設計 • 構築 • 監視 RMO • 運用 • 保守 • 基盤 • 分析
  8. 運用 資源管理 • リリース管理 ユーザとの日程調整、ロボ毎の初期設定 • 端末管理 新しいPCが必要な場合の調達、在庫管理 • ライセンス管理

    新しいPCへのライセンス適用、在庫管理 利用促進 • サポートデスク 問合せ、使い方のレクチャ等 • エラー監視 エラー検知 ⇒ ユーザ対応、リカバリ • 障害管理 一次切り分け 台帳で管理 チケットで管理 • ノウハウ蓄積 • KPI:処理時間
  9. 運用 リリース後あるある • リリース直後はエラーが多い ⇒ 試用期間中はよくユーザと会話する。 仕様に齟齬があったり、使いにくければ改善。 ⇒ 人が起動するではなく、スケジュール化を検討(巻き取ってしまう) ⇒

    試運用期間を設ける。 ロボ規模によるが平均1か月程度。この期間でエラーを解消。 ⇒ ユーザの期待値をコントロール。 エラーがある程度は起きることを伝えておく。 • 最初はなかなか使ってくれないユーザもいる
  10. 保守 開発チームとは別で、以下を実施する。 • 追加要望 • 障害対応 • エラー改善 • イベント対応(業務システム・全社ツール等に改定があったときの改修)

    開発チームは新規案件に注力 KPI:エラー率
  11. 保守 よくあるエラー • 過剰にエラーログが出力されてしまう(エラー率が上がってしまう) ⇒ ユーザ起因のエラーは「業務エラー」として、システムエラーと区別でき るように例外処理を実装する。(UiPathだとBusinessRuleException) • システム画面や要素が認識できない (システム改定があった等)

    • 想定よりシステム処理が長引いてタイムアウト • ユーザがINPUTファイルのフォーマットの使い方を間違えた
  12. 基盤 • 開発標準 • 開発フレームワーク • ツール管理 (台帳管理、チケット管理、構成管理など) • ナレッジシェア

    (サンプル、テンプレート、部品の提供など) • PoC (初の外部システム連携などチャレンジ案件) 開発・保守・運用をスムーズに回すための仕組みを提供
  13. 基盤 開発標準 • プロジェクトフォルダの構成 Input/Output/Templateなど • 命名規則 変数、引数、ロボット名ルールなど • ワークフロー記載ルール

    ネストは3階層までなど • 例外処理 システムエラー、業務エラーなど • ログフォーマット 実行PC、実行ユーザ、ロボットID、エラー内容 実行PC、実行ユーザ、ロボットID … ログを集中管理、分析するために最低限、必要な項目 ・どのロボが使われている・使われていない、エラーが多い・少ない ・どの部署で使われている・使われていない、エラーが多い・少ない ロボ=ロボットID、部署=PC × ユーザ あまり多くは決めない。
  14. 分析 • 稼働実績 稼働実績がなければ、改修 or 撤去が必要 • エラー数/エラー率 KPI:エラー率(ロボ品質) 定期的にログデータを分析し、「どのロボが、どの部署で、使われてい

    る・使われていない、エラーが多い・少ない」を把握し、必要に応じて ロボ改修またはPC・ライセンス撤去を促す。 BIツールで自動レポート作成・可視化
  15. 分析 BIサンプル(PowerBI) • プロジェクトのKPIを一か所に集約 • RPAツールにも機能あり

  16. 分析 BIあるある 見た目は便利そうだが… 複雑な集計をし始めると、BIツールのメンテが終わらない… 最低限、必要なものは何か? を、模索中… • 稼働実績 • ROI

    … ロボット台帳との連携や、計算式の埋め込みが必要 • エラー数 • チケット数 • 開発状況