Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

kintone のカユいところに手が届く! ノンプログラマーの gusuku Customine 体験レポート

15f308a66ec8592d6b083b6f8f4e57b4?s=47 keiji maejima
July 06, 2019
150

kintone のカユいところに手が届く! ノンプログラマーの gusuku Customine 体験レポート

15f308a66ec8592d6b083b6f8f4e57b4?s=128

keiji maejima

July 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. kintoneのカユいところに手が届く! ノンプログラマーの gusuku Customine体験レポート kintone Café 愛媛 Vol.13 令和元年7月6日(土) 前島啓二

  2. 目的 gusuku Customineによる カスタマイズを体験し、 どんなことができるかリポートします!

  3. gusuku Customine(グスクカスタマイン)とは カスタマイン

  4. 「自分でコーディング」をためらう 最大の理由 セキュリティのリスクも背負う必要がある

  5. フリープランでどこまで試せるか? ・複数アプリにカスタマイズを入れてみたい ・都度アプリスロットを解放 ・有料プランに個人で申し込むか‥ と思ったら⇒⇒

  6. None
  7. 一生に一度の、 検証プランに申し込んでみました!!

  8. まず、感想として らく! たのしい!

  9. できなかったことが次々に実現する ▼▼ キントーンはじめて使った頃の感動と同じ =つくる楽しさ

  10. 疑問点は、ほぼヘルプで解決 ヘルプが、使いやす過ぎ

  11. 検証プラン、 開始1週間でここまでできました ⇒⇒

  12. やってみた① 画面関連 レコード背景色変更

  13. やってみた① 画面関連 フィールドをタブでグループ分け モバイル版での動作は、標準機能と錯覚するほど(鳥肌)

  14. やってみた② レコード一斉更新 チェックボックスで複数レコード選択し、 ボタンで、一斉にステータス更新

  15. やってみた② レコード一斉更新 一覧画面に ボタンや☑を追加 ☑のレコードを 一斉更新 完了メッセージ表示し 画面を再読み込み (済んだToDoを消す)

  16. ここからは、複数アプリをまたぐ、 カスタマイズです。 (これぞ検証プランの意義!)

  17. やってみた③ ドロップダウン 選択枝の多いドロップダウンは設定とメンテが大変 選択肢を別アプリのレコードから取得する Customineで作ったドロップダウン 標準の ドロップダウン

  18. やってみた③ ドロップダウン ドロップダウンの 元になる別アプリ 設定はこれだけ! (アプリスロットは2つ使用)

  19. やってみた④ ルックアップ先アプリ自動更新 取引先等の社員マスタ的アプリ 自動で更新! 社員が所属する会社のマスタ 会社が移転し、住所を更新

  20. 設定はこれだけ! (アプリスロットは2つ使用) やってみた④ ルックアップ先アプリ自動更新

  21. やってみた⑤ 関連レコードの数値を自動計算 取引先等の社員マスタ的アプリ 有給の所得日数を管理するアプリ ・標準機能では、関連レコード一覧の数値を 合計できないため、人が手計算する。 (たいした計算ではないけど、微妙‥) ・現状では、Customineでも直接解決する 機能はないようです。 Customineでの解決策

    ・関連レコード一覧のデータをそのまま テーブルへコピーする機能を活用。 ・有給が承認された時点で、テーブルに 取得日数がコピー。 あとは、標準機能の出番。「計算」機能で 有給取得日数と残日数が自動更新! 標準で合計できる 手計算・・ 有給を申請する 別のアプリの 関連レコード テーブルへコピー
  22. 設定はこれだけ! (アプリスロットは2つ使用) やってみた⑤ 関連レコードの数値を自動計算 マッピングも クリックで 式の手打ち不要!

  23. Customineを使っての気付き ✐ 「やること」や「条件」を先に知っておくことも大事 ★Customineの機能を眺めていたら課題を思いつく、ということが結構多い ★検索ワードに必ず引っかかるとは限らない ・ドロップダウン ⇒ プルダウン ・再読み込み ⇒

    リロード ✐安い! ‥人件費と比較するべき ★プログラマーに依頼する or 雇うとなると‥ ★標準機能で頑張るorプラグインor開発依頼orと悩む時間を節減
  24. まとめ プログラミングをしないkintoneユーザーの これからの必須スキル=武器 (どうしても必要な機能を早く、安く選べる) プラグイン・連携機能 (スピード感を持ってアプリ開発できる) 業務改善 標準機能 (要件を定義できる、やらないことを決められる) (どうしても必要な機能を早く、安く作れる)

    開発者との人脈 (最も困難で、本当に必要なことを頼める)