Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

第22回SIG-FIN 発表資料 "オプションアプローチによる中小企業の現金残高の推測"

Kenji Usui
March 03, 2019

第22回SIG-FIN 発表資料 "オプションアプローチによる中小企業の現金残高の推測"

オプションアプローチによる中小企業の現金残高の推測
Cash Prediction for Small and Medium Enterprises by Option Approach

予稿原稿はこちらへ
http://sigfin.org/022-21/

Kenji Usui

March 03, 2019
Tweet

More Decks by Kenji Usui

Other Decks in Technology

Transcript

  1. オプションアプローチによる中小企業の現金残高の推測
    Cash Prediction for Small and Medium Enterprises by Option Approach
    2019/03/03 第22回 SIG-FIN 研究会
    freee株式会社 薄井研二

    View full-size slide

  2. 2
    1. 研究背景と手法
    2. 結果と考察
    3. まとめと展望

    View full-size slide

  3. 3
    1. 研究背景と手法
    2. 結果と考察
    3. まとめと展望

    View full-size slide

  4. 4
    なぜ資金繰りが必要なのか?
    資金繰りとは資金の収支を管理して
    過不足を調整すること
    企業では売買掛取引により
    利益と資金の収支が一致しない
    売上
    入金
    仕入
    出金

    View full-size slide

  5. 5
    資金不足による黒字倒産
    利益と資金の収支は一致しないので
    出金予定に合わせて資金を用意する
    資金が不足すると利益が出ているが
    資金が不足し倒産する黒字倒産が発生
    売上
    入金
    仕入
    出金
    資金不足に
    より倒産

    View full-size slide

  6. 6
    融資による資金の確保
    資金不足時は融資を受けて資金を確保する
    いつ・どれくらい融資を受ける必要があるのか
    把握するために資金繰りが必要
    売上
    入金
    仕入
    出金
    融資を受けて
    資金を確保

    View full-size slide

  7. 7
    中小企業の資金繰り
    黒字倒産する企業の93%は20人以下の中小企業
    ● 中小企業は余剰資金が少ない
    ● 資金繰りに必要な管理を行えていない
    参考: 中小企業庁 2017年度版中小企業白書
    http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H29/h29/index.html

    View full-size slide

  8. 8
    より簡単な資金予測
    中小企業では人手不足やスキル不足から
    資金繰りを十分に行えていない
    簡単に将来の資金不足タイミングや額を把握したい

    過去のデータから将来の資金を予測する
    本研究では、
    オプションアプローチを用いて現預金残高を推測

    View full-size slide

  9. 9
    オプションアプローチとは?
    資産 A
    T
    が負債 D
    T
    を下回る状態を
    デフォルトと考える構造型モデルの1つ
    株式をオプションとみなすことで
    オプション価格決定モデルからPD を算出する
    time
    value A
    T
    t T
    PD
    D
    T

    View full-size slide

  10. 株式のデータがあれば計算が可能
    ● リアルタイムな推測
    ● 実績デフォルトデータが不要
    10
    オプションアプローチのメリット
    time
    value A
    T
    t T
    PD
    D
    T

    View full-size slide

  11. 11
    本研究における置き換え
    N(−d
    2
    ) : 満期時に資産が負債を下回る確率 → T 月に現預金が任意の値 D
    T
    を下回る確率
    t : 融資開始期 → 計算開始月
    T : 負債満期 → 予測したい月
    A
    t
    : t 期の資産価値 → t 期の現預金残高
    D
    T
    : t期 の負債総額 → 任意の値
    μ
    A
    : 資産の期待成長率 → 月次現預金残高の期待成長率
    σ
    A
    : 資産の標準偏差 → 月次現預金残高の標準偏差
    参考: 森平爽一郎: 信用リスクモデリング-測定と管理-, (2009)

    View full-size slide

  12. ● クラウド会計ソフトfreeeを利用する
    未上場の企業を対象
    ● 貸借対照表より月次の現預金残高を取得
    クラウド会計ソフトfreee
    ● freee株式会社が提供する中小企業や個人事業主向
    けに提供しているクラウド会計ソフト
    ● 100万事業所に利用されている(2018年3月)
    ● クラウド型なので会計データがシステム上に集約され
    ている
    参考: クラウド会計ソフトfreee https://www.freee.co.jp/
    12
    データ

    View full-size slide

  13. 13
    評価方法
    法人の月次現預金残高1年分からパラメータ σ
    A
    とμ
    A
    を算出しオプションアプローチを用いてPDを求める
    次期1年のデータで A
    T
    が D
    T
    を下回っている状態を擬
    似デフォルトとみなしてAUCを算出する
    パラメータ計算対象期間 精度検証期間
    2016年度会計期間 2017年度会計期間

    View full-size slide

  14. 14
    1. 研究背景と手法
    2. 結果と考察
    3. まとめと展望

    View full-size slide

  15. 15
    予測期間
    実験
    ● 推測する期間 T - t を1-12ヶ月で変動させて
    AUCをそれぞれ算出し比較する
    目的
    ● 余裕をもって対策をするためになるべく
    長期の予測がしたい
    ● 一般的な商習慣から3ヶ月先の予測が重要
    time
    value A
    T
    t T
    T-t

    View full-size slide

  16. 16
    予測期間
    結果
    ● 期間が短いほどAUCは高くなる
    ● 予測期間が1-3ヶ月のときはAUC=0.79となり
    本実験の範囲で最もAUCが高かった
    Fig. 1 予測期間[月] に対するAUCの変化

    View full-size slide

  17. 17
    予測金額
    実験
    ● D
    t
    を A
    t
    の n %とおき n を10-90に10刻みで
    変動させAUCを算出する
    目的
    ● 支払いのために極端な現預金の減少を予見したい
    ● 現預金残高の安定性を把握する
    time
    value A
    T
    t T
    n
    D
    t

    View full-size slide

  18. 18
    予測金額
    結果
    ● n が大きくなるにつれてAUCは増大する傾向
    ● 極端な変動ほど精度よく推測することができる
    Fig. 2 現預金残高率[%] に対する
    AUCの変化

    View full-size slide

  19. 19
    パラメータ計算対象期間
    ● 実験
    オプションアプローチに用いる標準偏差と
    期待成長率を計算するときの対象期間を
    1-3年で変動させてAUCの変化をみる
    ● 目的
    必要なデータが少なければ新興企業などでも
    使用できる
    time
    value A
    T
    t T
    パラメータ計算対象期間

    View full-size slide

  20. 20
    パラメータ計算対象期間
    結果
    ● 対象期間を延ばしても精度の変化はかなり小さい
    Fig. 3 パラメータ計算対象期間 [年]
    に対するAUCの変化

    View full-size slide

  21. 21
    1. 研究背景と手法
    2. 結果と考察
    3. まとめと展望

    View full-size slide

  22. 22
    まとめ
    中小企業の現預金残高をオプションアプローチを用いて
    予測し精度を検証

    短期間 or 大きな変動に対する推測精度は高く1期の
    データで計算が可能である
    ● 予想期間が短いほど精度が高い
    ● 負債を現在の現預金残高よりも大きく離れた
    値にしたほうが精度が高い
    ● パラメータ(標準偏差や期待成長率)の
    計算期間は精度に大きな影響を与えない

    View full-size slide

  23. 23
    展望
    ● 時系列解析
    ● 季節変動やトレンド
    ● 業種や規模による変化
    ● 商習慣や取引実績の考慮

    View full-size slide