Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

re:Invent 2021 個人的に気になったアップデート / re:Invent 2021 my favorite update

re:Invent 2021 個人的に気になったアップデート / re:Invent 2021 my favorite update

2021/12/27
JAWS-UG 初心者支部#40 年忘れLT大会!!
https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/232787/

Masanori Yamaguchi

December 27, 2021
Tweet

More Decks by Masanori Yamaguchi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. re:Invent 2021
    個人的に気になったアップデート
    JAWS-UG 千葉支部
    山口 正徳
    JAWS-UG 初心者支部#40 年忘れLT大会!!

    View full-size slide

  2. Name.   : 山口 正徳
    JAWS-UG : JAWS-UG千葉支部,
           JAWS DAYS 2021実行委員長 
          
    Awards  : AWS Community Hero, AWS Samurai 2020
    Favorite AWS Services : AWS Fargate, AWS Lambda
    自己紹介

    View full-size slide

  3. Table of Contents
    ・アップデートとは、新サービスや現行サービスの
     機能強化などを指しています
    ・re:Invent 2021 で発表されたアップデートより
     個人的に気になったものを紹介します

    View full-size slide

  4. AWS Well-Architected Framework
     https://aws.amazon.com/jp/architecture/well-architected/

    View full-size slide

  5. AWS Well-Architected Framework
    ・AWSが多くのユーザーに対して、そのアーキテクチャ
     をレビューし、支援してきたノウハウが集結されている
    ・クラウド上でシステムを設計・実行するために必要な
     概念、設計原則がまとめられたフレームワーク
    ・運用効率、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス、
    コスト最適化と5つの柱に基づいている

    View full-size slide

  6. 例:信頼性の柱
    ・設計原則
     ・障害から自動的に復旧する
     ・復旧手順をテストする
     ・水平方向にスケールしてワークロード全体の
      可用性を高める
     など
    ・変更管理、障害管理、可用性目標の実装例など
     注意するポイントと実装例

    View full-size slide

  7. AWS Well-Architected Tools

    View full-size slide

  8. 運用効率、セキュリティ、信頼性、
    パフォーマンス、 コスト最適化、(new)持続可能性
    持続可能性が新たに柱に追加

    View full-size slide

  9. つまり、システムのあるべき姿を
    見つめ直す時が来たということ

    View full-size slide

  10. あなたのシステムは、本当に
    その規模のリソースを必要としていますか?

    View full-size slide

  11. あなたの顧客は、システムに対し
    本当にその性能を求めていますか?

    View full-size slide

  12. AWSというプラットフォームを自分たちにとってうまく
    利用することだけではなく、Sustainabilityについて
    常にセットで考えなければいけない状況にあります。

    View full-size slide

  13. スケールアウトだけではなく、スケールインを実装する。
    インスタンスタイプを1つ落とす。
    I/Oを求められていない場合は磁気ディスクを採用する。

    View full-size slide

  14. 持続可能性の柱は簡単なところから適用できます。

    View full-size slide

  15. Go Build, Be Sustainable.

    View full-size slide