Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Vertex AIによるフルマネージドなMLOps導入

yu-ma
March 18, 2022
350

Vertex AIによるフルマネージドなMLOps導入

yu-ma

March 18, 2022
Tweet

Transcript

  1. Copyright ©2022 by Future Corporation Vertex AIによる フルマネージドなMLOps導入 Future株式会社 Strategic

    AI Group 真鍋 優
  2. Copyright ©2022 by Future Corporation  氏名:真鍋 優 (マナベ ユウ)

     出身:大阪  趣味:バイク・ゲーム(最近は某フロムゲー)  学歴:同志社大学 → 奈良先端科学技術大学院大学 研究内容はHadoop等の分散処理  新卒3年目  Strategic AI Group・MLOpsチーム所属  AIチームのインフラ係  Kubernetes計算基盤の運用やMLOps導入を推進 2022/3/18 2 自己紹介
  3. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐「機械学習プロセス/サイクルの円滑な運用を実現すること」 - 機械学習プロジェクトのビジネス展開が増加し、MLOpsの注目が高まっている 2022/3/18 3

    MLOpsとは iguazio社主催 ML管理・自動化が対象 MLプロダクション・ライフサイクルが対象 研究と産業の横断的な取り組みに挑戦 実用的な機械学習ワークフローに従い、 新学習法と理論の開発など、横断的な研究を対象 日本ソフトウェア科学界の公式研究会 MLシステムの開発・テスト・運用方法の確立を目指す
  4. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐Machine Learning + Develop +

    Operate  機械学習(ML)プロジェクトにDevOpsの概念を適用し、全工程をスムーズに回すことが目標  収集したデータをどのように管理するか  前処理の内容と学習の結果の整合性をどのように担保するか  データサイエンティストのためのコーディング環境や、ハイスペックな学習環境を如何に用意するか  データサイエンティストの実装するアルゴリズムを、如何にサービスとしてデプロイするか  刻々と変化するデータに対して、どのように高い精度を維持し続けるか ...etc 2022/3/18 4 MLOpsとは データ収集 前処理 コーディング 学習 評価 デプロイ 監視
  5. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐Machine Learning + Develop +

    Operate  機械学習(ML)プロジェクトにDevOpsの概念を適用し、全工程をスムーズに回すことが目標  収集したデータをどのように管理するか  前処理の内容と学習の結果の整合性をどのように担保するか  データサイエンティストのためのコーディング環境や、ハイスペックな学習環境を如何に用意するか  データサイエンティストの実装するアルゴリズムを、如何にサービスとしてデプロイするか  刻々と変化するデータに対して、どのように高い精度を維持し続けるか ...etc 2022/3/18 5 MLOpsとは データ収集 前処理 コーディング 学習 評価 デプロイ 監視
  6. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐必要な ML ツールがすべて揃った一元的な AI プラットフォーム

     2021年5月19日にGA  MLOpsでカバーすべきワークフローに対応  データ収集 :Datasets  学習 :Training  実装 :Workbench  サービング :Prediction, Model  監視 :Monitoring, Metadata etc... 2022/3/18 6 Vertex AI https://cloud.google.com/vertex-ai
  7. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐「データ サイエンス ワークフロー全体の単一開発環境」  フルマネージド型のコンピューティング環境

     JupyterLabの環境を簡単に構築  BigQueryやGCS、Vertex AI等の他サービスにスムーズにアクセス可能 2022/3/18 7 Vertex AI WorkBench https://cloud.google.com/vertex-ai-workbench https://cloud.google.com/deep-learning-vm/docs/images
  8. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐3クリックで環境構築 2022/3/18 8 WorkBench作成手順

  9. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐1クリックで開発環境へ - 選択したイメージのパッケージがインストールされているため、すぐにブラウザ上で開発を始められる 2022/3/18 9

    WorkBench作成手順 データサイエンティストの要求に合わせて、素早く均一な環境を構築することが可能
  10. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐WorkBenchで実装した前処理や学習・評価のコードをどこで実行するか?  サービス展開を見据えて、データサイエンティストの開発環境に依存していないことを担保したい  処理に合わせて、必要なコンピューティングリソースを用意したい

     前処理・学習・評価のバージョン整合性を取りたい 2022/3/18 10 ML実行環境
  11. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐「ML ワークフローを一連のステップとしてカプセル化」  処理(コンポーネント)を複数繋げ、一連の処理として実行 

    処理ごとに異なる環境・スペックで実行できる  毎回新しい環境で実行するため、実行環境への依存が少ない  コンポーネントと入出力データの依存関係が明快  各種パラメータや入出力データ、評価結果も記録  サーバレスなので、実行時にのみ課金が発生 2022/3/18 11 Vertex AI Pipelineの概要 https://cloud.google.com/vertex-ai/docs/pipelines/introduction
  12. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐コンポーネント  Pipelineを構成する処理単位  コンポーネントの種類は下記の通り

     Dataflow  Apatch BeamジョブをDataflowに送信する  AutoML  AutoMLを用いたトレーニングを行う  モデル・エンドポイント  モデルのインポート・エクスポートや、モデルのサービングエンドポイントを構築する  バッチ予測  作成済みのモデルを指定し、バッチ予測を実行する  CustomJob  ベースイメージや作成したイメージを指定しPythonモジュールを実行する 2022/3/18 12 Vertex AI Pipelineの構成要素 https://cloud.google.com/vertex-ai/docs/pipelines/gcpc-list
  13. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐アーティファクト、メトリクス  コンポーネントの出力結果および評価結果  GCSに保存され再現性を担保

     Json形式で情報を埋め込める 2022/3/18 13 Vertex AI Pipelineの構成要素
  14. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐入力と出力を自動で記録し、実験の再現性を担保する  データの入出力を管理  複数回のPipeline実行結果を1つに

     Jsonを見れば、実験の状況を確認できる  実行ステータス  開始・終了日時  実行時間  各種設定パラメータ ... 2022/3/18 14 Vertex AIにおけるメタデータ管理 一連の処理をまとめて管理することで、実験パラメータとモデルの整合性を担保 サービス化における、パラメータやコードのバージョン選定をサポート
  15. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐Vertex AIにより、MLOpsで対応すべき広範囲をカバー 2022/3/18 15 GCPサービスとの連携

    データ収集 前処理 コーディング 学習 評価 デプロイ 監視 Composer Bigquery GCS Logging Monitoring Workbench Dataset AutoML Pipeline Model Metadata データを格納 前処理 パイプライン 起動 学習 モデル作成 デプロイ 学習データ保存 全体を監視
  16. Copyright ©2022 by Future Corporation ❐MLOpsの導入のため、フルマネージドなクラウド環境を活用  MLOpsの導入により、MLプロジェクトのライフサイクルを円滑に回したい  今回はコーディング環境と学習等の実行環境に着目し、2つのサービスを紹介

     WorkBench  複数人が利用できる統一的な開発環境を用意  個々人のマシン環境・スペックに左右されない環境で開発することで、サービス化を行う時点での影響を軽減する  Pipeline  コンポーネントごとに実行環境を指定することが可能  サーバレス・フルマネージドな環境であり、毎回新鮮な環境で実行することが可能  入出力データや各種パラメータ、処理内容と評価結果の記録を自動で取ることができる 2022/3/18 16 まとめ
  17. Copyright ©2022 by Future Corporation