Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

BandPocket 草案スライド

Nao Sasaki
February 20, 2019
74

BandPocket 草案スライド

音楽スタジオの予約をもっとスマートにするアプリ BandPocket のプレゼン用スライドです。
スライドの流用は禁止しますが、デザインやアイデアを真似ることは構いません。一次盗用はお控えください。

This is a presentation slide for an app that makes music studio reservations smarter.
Diversion of slides is prohibited, but it is okay to imitate designs and ideas. Please refrain from primary plagiarism.

Nao Sasaki

February 20, 2019
Tweet

Transcript

  1. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    Band Pocket
    バンドマン向けスタジオ予約アプリ
    Band

    View full-size slide

  2. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    ⾳楽に携わる⼈々のための
    よりスマートなスタジオ予約アプリ
    「より便利に、よりスマートに」
    ⾳楽活動をサポートするポケットアプリ。
    軽⾳楽部員や現役のバンドマンなどが利⽤する
    ⾳楽スタジオをスマートフォンから予約。

    View full-size slide

  3. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    今までの予約って…
    スタジオ利⽤者 ⾳楽スタジオ
    ○⽉×⽇に予約したいのですが… 何時頃のご利⽤でしょうか? 個⼈でのご利⽤ですか?
    バンドでのご利⽤ですか?
    機材貸出のご利⽤はございますか?
    何名でのご利⽤ですか?
    キャンセルの場合は代⾦の○%を…
    お名前伺っても良いでしょうか?
    お客様の電話番号は…
    それでは予約の確認を…
    情報が多すぎて予約するのも億劫になりがち

    View full-size slide

  4. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    Band Pocketがつくるモデル
    スタジオ利⽤者 ⾳楽スタジオ
    利⽤者は利⽤に、スタジオは管理に集中できる
    スタジオ予約データ
    ⽒名: …
    ⽇時: ○⽉×⽇…
    形態: バンド利⽤
    ⼈数: ○名
    電話番号: XXX-XX…
    その他: …
    おっ予約だ。
    スケジュールに組み込んで、と…
    よし!これで送ろう!

    View full-size slide

  5. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    よくあるトラブルも解決!
    スタジオが⽤意するプランに合わせて
    予約情報を⼊⼒するため、電話予約の
    課題だったキャンセル等での 「⾔った
    ⾔わない問題」を未然に防⽌できます。
    カンタン決済&割り勘機能 スタジオごとの
    特有サービスにも対応
    予約情報をいつでも確認
    予約時や利⽤後など任意のタイミング
    でのネット決済を可能にします。また
    利⽤料の割り勘計算も⾃動で対応し、
    今まで決済にかけていた⼿間を⼤きく
    削減します。
    有料の楽器貸出や運搬サービスなど、
    スタジオごとに展開されているサービ
    スも展開可能です。予約と同様にスマ
    ートフォンから利⽤できます。


    View full-size slide

  6. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    ⾃分にあったプランにカスタマイズ
    法⼈・スタジオ利⽤ 学⽣・学校利⽤
    セットアップ
    利⽤前準備
    予約管理機能
    (4部屋まで) 全て無料
    (本⼈確認の必要有)
    無料
    +¥200
    4部屋以降
    1部屋ごとに
    ¥2800
    スタジオごとの
    追加サービス
    無料
    全て無料
    (本⼈確認の必要有)
    スタジオ・施設管理機能 アプリ利⽤・予約
    法⼈・スタジオ利⽤ 学⽣・学校利⽤

    View full-size slide

  7. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    ターゲット設定
    ⾳楽スタジオ顧客層
    ・個⼈運営の⾳楽スタジオ
     ➡Kʼs STUDIO(仙台)、SOUND STUDIO SOLfA(仙台)等
    ・事業の⼀貫、及び組織運営の⾳楽スタジオ
     ➡島村楽器 店頭スタジオ、STUDIO B/2(仙台)等
    ・軽⾳楽部やサークルなど、学⽣中⼼の演奏施設
     ➡合宿研修所、その他各校施設
    スタジオ利⽤者
    ・サークルや部活動で利⽤する学⽣
     ➡⾃⾝が4年間スタジオを利⽤してきて最も利⽤⼈⼝が⾼い
      と思われるため、本サービスのコアユーザ
      として積極的に獲得を狙う。
    ・現役でバンド活動をしている⼈
     ➡⾳楽スタジオの利⽤がユーザ内で最も⻑い層。
      サービスの安定を図るため、⼀定数の獲得を狙う。
    ・たまに個⼈練習で利⽤する程度の学⽣~社会⼈

    View full-size slide

  8. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    市場規模:⾳楽スタジオ
    51
    中部
    111
    関東
    50
    九州
    27
    東北
    36
    近畿
    20
    近畿
    11
    中国
    26
    北海道
    サイトで検索した全国の⾳楽スタジオは約330店舗。
    前述した価格帯であれば、規模に合わせてレンタルサーバや
    データベースの利⽤が継続でき、Band Pocketの売上の数%を
    利潤化できると思われる。
    また⼀部スタジオがサイトに掲載されていなかった為、
    市場規模はこれより⼤きい可能性がある。
    https://www.studioasp.com
    https://livehousedb.wiki.fc2.com より調査

    View full-size slide

  9. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    AISASを使ったユーザへのアプローチ
    A
    認知
    I
    興味
    S
    検索
    A
    利⽤
    S
    共有
    1. アプリなしでスタジオ利⽤された⽅にス
      タッフからサジェスト。
    サービスの魅⼒をより確実に伝えるために
    「検索する→利⽤する」という⼿順をユーザに体
    験してもらうことが⽬標。SPA構造でページのロ
    ードが遅い等のブラウザ特有のストレスを解消。
    よりアプリに近い感覚でサービスを提供。
    バンドやサークルメンバーに共有
    されるようUIで誘導。
    スタジオ予約、⾳楽スタジオ等の
    関連ワードを検索した際にトップ
    に上がるようSEOを強化。
    2. ターゲットが集まるライブハウスの張り
      紙広告でコアユーザを誘致。

    View full-size slide

  10. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    Band Pocketが⽬指す成⻑曲線
    利益
    経過年
    2年
    1年 3年
    ¥200,000
    ¥400,000
    ¥600,000
    1店舗(4部屋利⽤) × 1年 − 諸経費
    = ¥19,210
    実働できるスタジオに対して1年間の
    試運転を⽬標に。
    サービスの安定と拡⼤が⾒込めた上で、
    東北を中⼼に法⼈利⽤20件を⽬標に営業。
    1店舗(5部屋利⽤) × 1年 − 諸経費
    = ¥658,140

    View full-size slide

  11. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    運営に必要なヒト・モノ・カネ
    UI/UXデザイナー
    ➡ターゲットが複数いるため、アプリと管理画⾯にそれぞれの使いや
     すいUIをデザイン。サービスのリリースが第⼀優先のため、1⼈を
     中⼼に活動。
    ⼈材 アプリケーション
    サービス開発担当
    ➡フレームワークを⽤いることでテストからリリースまでの時間が早
     くなるため、必要な⼈数は1⼈。
    営業・広報
    ➡基本的に別業種として考えられるが、サービス業というリリースま
     でのスピードを求められる業態のため兼業。
     主に⾳楽スタジオへの勧誘やターゲットが集まる施設に出向いての
     壁⾯広告等。
    Webアプリ
    ➡プロトタイプからテスト、リリースま
     でのスピードが速いブラウザ上で動作
     するWebアプリを採⽤。
    iOSアプリ/Androidアプリ
    ➡運⽤に安定が⾒込め、サービスの拡⼤
     を⾏えるような段階になれば、よりタ
     ーゲットが使いやすいようiOSのよう
     なネイティブアプリも採⽤。
    固定経費・課題
    Webサーバー/独⾃ドメイン
    ➡マイクロビジネスに近い為、中⼩規模
     に向いた海外サーバHerokuを採⽤。
     ⽉額固定のドメイン(.com)の取得と合
     わせて ¥14,390/⽉
    全体を通した⼈材不⾜
    ➡幸いアプリ開発とデザインは⾃⾝の専
     ⾨である為、開発には問題ないと思わ
     れる。また、営業&広報については制
     作と同時に⾏えないため1名⼈材を⾒つ
     けたい。

    View full-size slide

  12. ©Nao Sasaki|Lanberb 2020
    よりスマートで、 より便利な相棒を。

    View full-size slide