Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

第5回TFSUG WFからAgileへの変革

7575c400f59c8b6e1724c9c91cb4fd73?s=47 libaty
April 14, 2012
3.6k

第5回TFSUG WFからAgileへの変革

7575c400f59c8b6e1724c9c91cb4fd73?s=128

libaty

April 14, 2012
Tweet

Transcript

  1. 2012/4/14 1

  2. 西暦2012年。 ウォーターフォール型開発は空前のともし火だが、人類はそれ に代わる新たな開発手段を手に入れていた。XP, Scrum, 開発者 コミュニティーという3本の巨大な柱と、それに伴う新規ビジネ スモデル。しかし、このモデルの恩恵を得られるのは、一部の会 社とその同盟会社だけだった。。。 恩恵を得られないSIerは己の威信と繁栄のため、自分たちの正 義のために大いなるゼロサム・ゲームを続ける。そう、Team

    Foundation Server 2010がリリースれても、未だ一つになり きれずにいたのだ……。 そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」 を掲げる武装組織が現れる。「アジャイル開発」の実践経験を所 有する彼らの名は、アジャイル開発支援チーム。 アジャイル開発による既存開発行為への武力介入がはじまる。 2012/4/14 2
  3. 2012/4/14 3

  4. りばてぃ(@libaty)  MSMVP for Visual Studio ALM - Apr 12~Mar

    13  Twitter/Facebook/mixi 2012/4/14 4 公開版につき、いくつかの情報は割愛
  5. 人物の背景  会社  10年目  .NET開発/TFS導入を中心とするプロジェクト支援  技術/プロセスの両サイドから 

    ウォーターフォール開発のみ  自分のやる気とチームのやる気が割と連動  社外  コミュニティ系は2005年後半あたりから 2012/4/14 5
  6. アジャイルに関する立ち位置  始めようとしたのが2012年2月  スプリント1をスタートしたのが4月9日  本日はスプリント1の真ん中の日  つまりペーペー 

    頭の中はウォーターフォール 2012/4/14 6
  7. 2012/4/14 7

  8. 出会い  2005年12月~2006年2月ごろのどっか  超余談(この頃の主なイベント)  2005/11 Visual Studio 2005発売/VSUG立ち上がり

     2005/12 りばてぃさんコミュニティオフラインイベントデビュー  2006/03 CLR/H代表ナオキさん結婚(りばてぃさんの後輩とw)  2006/04 りばてぃさんVisual Studio Team System MVP初受賞  「ウォーターフォール開発でやってる時点で負け組だ」  というようなニュアンスの言葉  この言葉の前後に登場してたのが「アジャイル開発」  当時の感想  「ふ~ん」 以上!! 2012/4/14 8
  9. その後の状況  プラクティスの一部は採用(アジャイルとは無関係)  ユニットテストとか  自動ビルドとか(not 継続的インテグレーション)  特に何も考えないまま

     ウォーターフォールは続くよどこまでも 2012/4/14 9
  10. 2012/4/14 10

  11. 出会い  ALM Dayでの出会い  前でしゃべってた人  LT話してた人  実はみんなすごい人でした(_

    _(--;(_ _(--; ペコペコ  TFSUGの仲間  無茶ぶりエバ/Kinectエバ代表/前説担当? ×××ちゅう 他多数  ※XXXにはTOCやCCPM、プロセス、Scrumなどが代入されるようです 2012/4/14 11
  12. 実は・・・  グループ内に多数の事例がある  何やら支援チームなるものがあるらしい  2~3年はやってるとか  研修/事例発表とかやってるとか 

    なんと、社内にも実践事例があった  超余談(この頃の主なイベント)  2005/11 Visual Studio 2005発売/VSUG立ち上がり  2005/12 りばてぃさんコミュニティオフラインイベントデビュー  2006/03 CLR/H代表ナオキさん結婚(りばてぃさんの後輩とw)  2006/04 りばてぃさんVisual Studio Team System MVP初受賞 2012/4/14 12 ←この人がやってた 時間軸的にはすべて後から知ったこと
  13. 2012/4/14 13

  14. イベント総当たり作戦  とにかくイベント参加  TFSUG  IPA/SECセミナー/.NET中心会議/デブサミ  上司と部下を巻き込む 

    対部下  とにかく引っ張り出す  対上司  同系統のイベントに参加し続けていることを強く印象付ける 2012/4/14 14
  15. 変わる意識  いつもどおりの作業中、ふと。  なぜ、この作業が必要なのか?ということを聞かれる  しかも2年目(現、3年目)のSEに  従来のパターン 

    どんな風にやればいいか?  何をすればいいか? 2012/4/14 15
  16. 変わる状況  意識の変化とともに行動の変化が現れる  Before  自部署チーム内でのミーティングで余裕で居眠り  After 

    「こうだと思う」、「こうしたほうがいい思う」という発言!!! 2012/4/14 16 そろそろ刈り取る時期
  17. 2012/4/14 17

  18. 進まないプロジェクト  パッケージ開発/既存あり  似たような規模感の会社がライバル  追いつけ追い越せ  流れないウォーターフォール 2012/4/14

    18
  19. 良いタイミング  引かれたデッドライン  クラウドヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人クラウド  来期向け(現在は今期の内容)計画検討  アジャイルマイスターの存在

     TFSはお手の物 2012/4/14 19
  20. 上司の意識  上司の言葉「まるで軍隊とゲリラだな」  ウォーターフォールは軍隊式の開発  アジャイルはゲリラ式の開発 2012/4/14 20 我々がゲリラ部隊になります!

  21. 2012/4/14 21

  22. アジャイル型採用  ベースはScrum  1スプリント2週間、1リリース4スプリントくらいを目安に  各種プラクティスも順次  にこにこカレンダー、KPT、タスクかんばん 

    ペルソナ、インセプションデッキ(作成はしていない)  TDD、ペア作業、CI  1スプリント目はやる/やらないに悩んだらやってみよう方 針 2012/4/14 22
  23. 体制 2012/4/14 23 <<プロダクトオーナー>> 現場の課長 りばてぃ 開発チーム 6年目 2年目 <<スクラムマスター>>

    6年目 3年目 現場関係者 社外関係者 部長 4年目 スクラムチーム 部長 兼任 アジャイル開発 支援チーム 別部署 りばてぃさん の部署 組織体の上司・部下 組織体の上司・部下 部署間連携
  24. Visual Studio Scrum 1.0  TFSのプロセステンプレート  Codeplexに途中まで日本語化された一式発見!  オーナーは

    tomohn という方らしい  本格的に日本語化しようと思うとさらに以下も  Work Item Definition  フィールド、状態、状態遷移、フォームレイアウトなど  Reports  WITの変更に合わせてSQL/MDXを変更する  素直に英語のまま使うと余計な苦労はいらない 2012/4/14 24
  25. プロセステンプレートは編集  やりたいことに合わせてカスタマイズも実施  タスクの2点見積もり  実績値の把握 2012/4/14 25

  26. 2012/4/14 26

  27. 意識はバラバラ 2012/4/14 27 <<プロダクトオーナー>> 現場の課長 りばてぃ 開発チーム 6年目 2年目 <<スクラムマスター>>

    6年目 3年目 4年目 スクラムチーム 兼任 右?左? WFだめ アジャイル なんでもいい から成功! 懐疑的 ただやってみ たい よくわからない なにすんの?
  28. チームをまとめる最大の方法  チームにとっての共通敵  最もくだらない - みんなあいつが嫌い  最も素晴らしい -

    この問題をやっつける  感情の共有が最も効果的  怒の感情の共有は最もやりやすい  ドーパミンがでるような体験は一時的なものとなりやすい 2012/4/14 28
  29. 目的の共有  スクラムチーム全員で  なぜこのプロジェクトをやるのか?  なぜアジャイル型で開発しようとしているのか?  なにをもって成功とするのか? 2012/4/14

    29 ・それぞれ思うところはある ・内面の意識まで変えることは無理 ・このチームが結束している“理由”だけを共有 意識を共有
  30. とにかくわからない  知ってるぞー  プロダクトバックログというものを作るらしい  スプリント計画ミーティングでタスクに分解するらしい  必要なドキュメントだけを作ればいいらしい 

    できないぞー  Feature, Functionを混同?  タスク細かすぎね?荒すぎね?  ドキュメントどこまで作ろう? 2012/4/14 30
  31. 対策はしていた(つもり)  事前に勉強会を開催  3回、延べ15時間近く  気になることをいろいろ議論  わかったようなつもり? 

    常に指摘されていたこと  なぜやるのかを考えてね  といわれてもぴんとこない  スモールでとにかくやってみればいい  でも不安 2012/4/14 31
  32. タイムボックスの魔の手  会議にて  この話題について◦分で話しましょう  はい、時間です。  パターン1:エンドレス延長 

    パターン2:なんとなく同意して後で覆す  作業にて  常に時間に追われている感覚  Twitter見てる暇ないしw 2012/4/14 32 事情により一部割愛
  33. 絶望的なまでのかい離  とりあえずやってみる ≠ 無計画  言葉尻のイメージとしては似たような印象を受ける  例)計画できないからとりあえずやってみる 的な

     失敗例  ×××についてとりあえず打ち合わせしてみる  議論が発散して収集つかない とか 話が進まないとか  議事進行、事前の情報収集などを計画的にやる必要ありと痛感 2012/4/14 33 これらはアジャイルに限らない
  34. 正直しんどい  とにかく頭を使う  脳みそフル回転  打ち合わせ後の疲労困憊感  従来 

    年に3日くらいは「今日はよく働いな~」って思うww  どんだけ頭使ってなかったんだ自分!  ただし、勉強会とかでお菓子が出てくる意味を理解した 2012/4/14 34
  35. 置かれた状況 2012/4/14 35 未来への 期待 現実 問題 成功 体験 好循環

    時間 ※ハイプカーブ:第1回TFSUG勉強会の@SHIBAO800さんの資料より 新しい事に チャレンジできる 楽しさや期待 何をしていけば いいかわからない 漠然とした不安 たぶんいまここ 上がるか? 上がるか?
  36. 2012/4/14 36

  37. 改めて気づいたこと  アジャイル型で開発してみようとして良かったこと  “みんなで”って感じ  “議論”が活発に  アジャイル型で開発してみようとして辛いこと 

    今までのほうが楽  メンバーのスキル差がより如実に表面化する印象 2012/4/14 37
  38. 最後に  贈る言葉  考えることをやめたらアジャイルじゃない by @kaorun55  次回予告 

    2012/06/09(土) Community Open Day 2012  会場: マイクロソフト品川本社  サイト案内: http://cod.ms/  ハッシュタグ: #cod2012jp  TFSUG枠で今日の続きをお話しします  予定ではリリース1を迎えた翌日のはず 2012/4/14 38
  39. 2012/4/14 39 おしまい