Web-based Data Visualization
with Rust and WebAssembly

0fa1c2ed2eb4a18ddec3dd70cb1f72db?s=47 Yosuke Onoue
October 26, 2019

Web-based Data Visualization
with Rust and WebAssembly

Rust.Tokyo 2019の登壇資料です。
https://rust.tokyo/

Webベースのデータビジュアライゼーションの需要は高まっていますが、大量のデータをWebブラウザ上で処理するためにはパフォーマンス上の課題が発生します。そのようなWebでのパフォーマンス上の課題を解決するために、WebAssemblyと呼ばれるWebブラウザ上で実行可能なバイナリフォーマット言語が新たに整備されてきました。WebAssemblyはRustによって公式にサポートされているため、Rustの表現力とパフォーマンスの恩恵を受けながらWebAssemblyを用いた開発を行うことができます。本セッションでは、WebAssemblyの概要やRustによるWebAssembly開発の方法、RustとWebAssemblyの今後の展望をネットワークビジュアライゼーションでの事例を混じえてご紹介します。

0fa1c2ed2eb4a18ddec3dd70cb1f72db?s=128

Yosuke Onoue

October 26, 2019
Tweet