$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

セキュリティ・キャンプ交友会2022春 オンライン版 LT

msymt
March 12, 2022

セキュリティ・キャンプ交友会2022春 オンライン版 LT

1年間(ほぼ)毎日GitHubの草を生やしてみた(編集版)

msymt

March 12, 2022
Tweet

More Decks by msymt

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 1年間(ほぼ)毎日GitHubの 草を生やしてみた MsY 1 セキュリティ・キャンプ交友会2022春 オンライン版 LT

  2. 自己紹介 氏名 • MsY 研究内容 • 組込みファームウェアに対するファジング キャンプ歴 • セキュリティ・ネクストキャンプ

    2021 オンライン • セキュリティ・ミニキャンプ in 愛知 2019 • セキュリティ・ミニキャンプ in 岡山 2018 2
  3. 皆さん、 草生やしていますか 3

  4. 草とは 4 これ

  5. 背景 「大学院に入るし、何か目標立てようかなあ」 ↓ オードリー・タン氏についての著書 「2か月に1度、常に新しい習慣を身に付けるようにする」 ↓ 「せや、GitHubに毎日草を生やそう」 5 画像:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163912868

  6. 意図的に草を生やすとして、どれくらいやろう→期間を決める 1. 3日間 2. 1週間 3. 3週間 4. 1ヶ月 5.

    3ヶ月 6. 6ヶ月 7. 1年 習慣づけ:期間編 6 今はこのあたり
  7. 習慣づけ:モチベーション編 乗っている時 • Do it ! 7 乗っていない時 • 5分だけやる

    ◦ やる気が続いていたら、そのまま続ける ◦ 大体忘れる ネタがない時 • AtCoder, LeetCodeの問題を解く ◦ 例:ABC-Aから 毎日生やすぞ!→モチベーションが乗らない時がある
  8. 具体的に書いたもの 8 • CTFの参加 ◦ N日1CTF • CTFの作問 ◦ Imctfで出題した。なぞなぞ問

    ◦ 4月にwest-secさんと共同でCTFを開催します(宣伝) • 英単語帳生成器 • NotionとGoogle Calendarの連携 • GitHubのリポジトリをコミット順にソートするchrome拡張(作りかけ) • 写経
  9. 実践した結果 9 • OSSにissue/PRを投げやすくなった ◦ 以前:敷居高いし...やめておこう ◦ 現在:バグあるじゃん、投げよう ▪ issue:

    約10件, PR: 2件 • 新しい言語や領域に触れやすくなった ◦ いつかやるかあ〜 → 5分だけ触れてみよ ◦ Rust, Kotlin, Goなど • 駅のタイルを見ると、GitHubを思い出すようになった • 継続することの成功体験が増えて、自信に繋がった
  10. 課題 • 中身 < 継続性となってしまった • AtCoderやLeetCodeでは、いかに考察するかが重要(要出典) ◦ 実際は、簡単な問題ばかりを解いて満足 ◦

    継続することも大事だが、肝心の中身がスッカスカ ◦ レートも上がるわけがない 10 灰ときどき茶
  11. おわりに • 継続性を意識してGitHubに毎日草を生やした • 単純にコードに触れる機会が増え、OSSへの貢献ができた • 安直な草は本末転倒になるため、ネタがない時は無理に草を生やさない 11