Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RubyMineでリファクタリング

 RubyMineでリファクタリング

gotanda.rb#36 ~ リファクタリングについて ~
https://gotanda-rb.connpass.com/event/131383/

Cf93818d90238aba328645efc40031a4?s=128

Ryuichi KAWAMATA

May 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. RubyMineで リファクタリング Ryuichi KAWAMATA @rkmathi Toreta,Inc.

  2. アジェンダ • 自己紹介 • RubyMineの紹介 • RubyMineでリファクタリング • デモ

  3. 自己紹介 • Ryuichi KAWAMATA ( @rkmathi ) • 株式会社トレタ ◦

    サーバサイドエンジニア • やってきたこと ◦ 2015年6月〜: モバイルゲームの基盤サーバの開発 ▪ Sinatra ▪ Rails ◦ 2016年12月〜: モバイルゲームのリアルタイム通信サーバ・クライアント SDKの開発 ▪ C++ ▪ C# ◦ 2019年4月〜: トレタでサーバサイド開発& SREチーム ▪ Rails ▪ (ちょっとだけ) Go
  4. RubyMine使ってますか? ✋

  5. RubyMineの紹介

  6. RubyMineの紹介 • JetBrains社が提供しているRuby向けのIDE ◦ RubyMine以外にも、C&C++向けのCLionや、Go向けのGoLandなどイロイロある • 非常に多機能で、使いこなせるようになると手放せなくなる ◦ リファクタリング ◦

    コードジャンプ ◦ デバッガ ◦ Rubocop連携 ◦ docker, docker-compose連携 ◦ などなど… • 「初年度」、「2年目」、「3年目以降」で値段が下がっていく(※) ◦ 初年度は、個人ライセンスが 10,300円で法人ライセンスが 22,900円くらい ◦ 3年目以降は、個人ライセンスが 6,200円で法人ライセンスが 13,700円くらい (※) 2019年5月30日現在、JetBrains社から直接購入する場合の値段
  7. RubyMineの紹介 • JetBrains社が提供しているRuby向けのIDE ◦ RubyMine以外にも、C&C++向けのCLionや、Go向けのGoLandなどイロイロある • 非常に多機能で、使いこなせるようになると手放せなくなる ◦ リファクタリング ◦

    コードジャンプ ◦ デバッガ ◦ Rubocop連携 ◦ docker, docker-compose連携 ◦ などなど… • 「初年度」、「2年目」、「3年目以降」で値段が下がっていく(※) ◦ 初年度は、個人ライセンスが 10,300円で法人ライセンスが 22,900円くらい ◦ 3年目以降は、個人ライセンスが 6,200円で法人ライセンスが 13,700円くらい (※) 2019年5月30日現在、JetBrains社から直接購入する場合の値段
  8. RubyMineでリファクタリング • リファクタリングする時によく使う、便利な機能 ◦ 到達不能コードの検出 ◦ ファイル名・メソッド名・変数名の一括リネーム ◦ メソッドの抽出

  9. 到達不能コードの検出 • このような場合、41行目には到達しないが、 メソッドが長いとパット見で分かりづらい。 • RubyMineが到達不能な行を見つけると ハイライトして警告してくれるので、 簡単に到達不能コードが見つかる!

  10. 到達不能コードの検出 • (メタプロしまくっていると難しいですが…) 「Find Usage」を使うと、この値が どこで使われているのかを検索できる!

  11. ファイル名・メソッド名・変数名の一括リネーム • 「User」というモデル名で作ったが、 やっぱり「Player」というモデル名に 変更したい、という時に… • 変数名を右クリックして、 「Refactor」→「Rename…」で、 プロジェクト全体を検索してリネーム してくれる!

  12. ファイル名・メソッド名・変数名の一括リネーム • テストファイルやroutes.rbも リネームしてくれる! • 今回はモデル名が変わったので DBのテーブル名を変更する マイグレーションファイルまで 用意してくれる!

  13. メソッドの抽出 • 処理がダブっているので、 抽出してprivate methodにしたい時、

  14. メソッドの抽出 • メソッドとして抽出したい部分を選択して、 「Refactor」→「Extract」→「Method…」 • 抽出後のメソッド名を入力して、OKを押せば、 メソッドの抽出をしてくれる! • しかも、同じ内容だと判定されたコード片を、 一気にメソッドに置き換えてくれる!

  15. メソッドの抽出 • つまり、こうなる!

  16. まとめ • RubyMineは、中規模〜大規模なRailsプロジェクトと戦う人にとって、 非常に便利なツールです!! • メチャメチャ便利なので、まだ使ったことがない方は、試してください!! ◦ 今日紹介した以外にも、沢山便利な機能があります! ◦ 機能がたくさんあるので、いきなり完全に使いこなすのはちょっと難しいですが、

    できることが沢山あるので、イロイロ調べてみると良いと思います
  17. デモ https://github.com/rkmathi/rubymine-refactoring-demo