Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Kotlinを使ったWEBアプリケーション開発の始め方

4ee67506d99fd4d363bc178dea584105?s=47 seri
February 20, 2018

 Kotlinを使ったWEBアプリケーション開発の始め方

「[秋葉原][とらのあな] Kotlin勉強会 2/20 火」での発表資料です。
https://yumenosora.connpass.com/event/76859/

4ee67506d99fd4d363bc178dea584105?s=128

seri

February 20, 2018
Tweet

Transcript

  1. Kotlinを使った WEBアプリケーション 開発の始め方 @author セリ

  2. “Kotlinの良さは何となく わかった。 じゃあ実際に何を変えれば サーバサイドで使えるのか?

  3. なぜサーバサイド Kotlinなのか? 何を実現したいのか?

  4. サーバサイドKotlinで何がしたいか ▪ WEBアプリケーションを開発したい ▪ つまり本当にやりたいことは サーバサイド開発だけではない

  5. WEBアプリケーションの開発方法 ▪ 様々な言語での実現が可能 ▪ 様々のものを考慮して選定する ▫ 言語自体の特性 ▫ コミュニティ ▫

    自分やチームの知識 ▫ 静的型付け・動的型付け ▫ 連携先システムとの相性の良さ
  6. Kotlinで開発する利点 ▪ 豊富なJavaの資産を使いながら、 スマートでモダンな言語仕様で開発ができる ▫ 知識の再利用 ▫ コーディングの省力化 ▫ 機能豊富なフレームワークとライブラリ

    ▪ 新しいことへのモチベーション ▪ コンパイルによる堅牢性の担保
  7. Javaの現状 ▪ Java9がリリースされ、Java10も目前 ▫ 新しいリリース方針の賜物 ▪ Lambdaによる流れるような実装を実現 ▪ Jigsawによるアクセス制御とモジュール化 ▪

    J2EEの策定がOracleから Eclipse Foundationに移管
  8. Javaの懸念 ▪ 既存のライブラリは新しいリリース ペースについてこれるのだろうか? ▫ 新しいJavaで動くライブラリを作る必要が あるかもしれない ▪ 9以降のJavaは別物と考えていいのでは ないだろうか?

    ▫ であればJavaにこだわらなくてもいいではないか
  9. WEB アプリケーション を開発する Kotlin + Java資産

  10. アプリケーションを構成する要素 要素 技術名 言語 Kotlin 1.2 WEB Framework Spring Boot

    2 (WebFlux) OR Mapper JOOQ テンプレート エンジン Thymeleaf JSONパーサ Jackson ビルドツール Gradle 要素 技術名 テストFW JUnit 4 モックFW Mockito Lint ktlint カバレッジ取得 JaCoCo DBマイグレー ションツール MyBatis Migrations
  11. アプリケーションを構成する要素 要素 技術名 言語 Kotlin 1.2 WEB Framework Spring Boot

    2 (WebFlux) OR Mapper JOOQ テンプレート エンジン Thymeleaf JSONパーサ Jackson ビルドツール Gradle 要素 技術名 テストFW JUnit 4 モックFW Mockito Lint ktlint カバレッジ取得 JaCoCo DBマイグレー ションツール MyBatis Migrations :Javaの資産
  12. プロジェクトの作り方 ▪ ビルドツールのGradleを使って作る ▫ https://gradle.org/ ▪ ベースとなるbuild.gradleは Spring Initializrを使って作成する ▫

    https://start.spring.io/
  13. None
  14. ▪ ここからGradleの構成ファイルを作成できる ▪ 使用できるライブラリも俯瞰的に確認できる

  15. Kotlinを採用してよかったこと ▪ コード量が目に見えて少ないので、 全体が把握しやすい ▫ レビューが楽 ▪ ライブラリの選択肢が増えた ▫ Java

    + Kotlin
  16. 開発で困ったこと 1

  17. 起きた出来事 ▪ WebFluxが単純に難しい(Reactor ▪ ノンブロッキングとブロッキングが混在する ▪ JOOQがOracleだと有料だった

  18. “全部Kotlin関係ないやん! \俺やで/ 俺もや>

  19. 対処内容 ▪ WebFluxが単純に難しい(Reactor ➡ WebFluxの教科書を作って、チームで勉強 ▪ ノンブロッキングとブロッキングが混在する ➡ ブロッキング処理は別スレッドで呼び出す ▪

    JOOQがOracleだと有料だった ➡ Oracle部分のみExposedを利用
  20. WebFluxでのJOOQ(JDBC)利用方法 ▪ コメント文がブロッキ ングを気にしていない 書き方 ▪ 実コードがノンブロッ キングを考慮して、 別スレッドで実行して 貰いたい処理を渡す

    書き方
  21. WebFluxでのJOOQ(JDBC)利用方法 ▪ elasticとして処理を登録して、適時Workerに処理して貰う https://projectreactor.io/docs/core/3.1.4.RELEASE/api/reactor/core/sche duler/Schedulers.html#elastic--

  22. Kotlinだったからこそできた ▪ Reactorの処理が簡潔に書けた ▪ ExposedというORMを使うことができた ▪ コルーチンでの実装も検討できる https://kotlinlang.org/docs/reference/coroutines.html

  23. 経験を積む 実際に開発することで目標に近づく

  24. 自社システムを取り巻く背景 ▪ Javaで作られた数年来のシステム ▫ メンテコスト大、性能問題多々 ▪ 競合と戦うスタートラインに立てていない ▫ 機能不足、昔ながらの開発スピード ▪

    エンジニアの採用・確保が追い付いていない ▫ 会社、組織の未成熟さ
  25. 状況を最大限に生かす ▪ Javaのエンジニアが多いなら ▫ Javaに適した技術セットで ▪ 開発手法が古いなら ▫ 新しい手法へのチャレンジをモチベーションに ▪

    エンジニアが少ないなら ▫ ゴールの認識を全員で共有して
  26. 何を実現したいのか? ▪ 少ない労力で大きな結果を手にしたい ▪ 技術トレンドを負担なく、なるべく簡単に 取り入れたい ▪ あっと言わせるサービスを提供したい

  27. 何を実現したいのか? ▪ 少ない労力で大きな結果を手にしたい ▪ 技術トレンドを負担なく、なるべく簡単に 取り入れたい ▪ あっと言わせるサービスを提供したい それならKotlin!

  28. 導入時の参考に ▪ Kotlin APIのサンプルコード ▫ https://github.com/seriwb/kotlin-api-sample ▪ JOOQの導入解説 ▫ http://seri.hatenablog.com/entry/2017/12/08

    /022503