Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2022年4月29日 #遠くへ行きたければ みんなで行け 出版イベント 前説

2022年4月29日 #遠くへ行きたければ みんなで行け 出版イベント 前説

■『遠くに行きたければ みんなで行け 「ビジネス」 「ブランド」 「チーム」 を変革するコミュニティの原則』出版記念イベント

高須:前説~書籍内容のざっくりした紹介 20分ぐらい
関:Code for Japanの事例を中心に「コミュニティと社会」 30分ぐらい
パネル:「コミュニティどうよ」 山形/関/高須

https://peoplepowered01.peatix.com/

9db5ad8f2c24b5cfaa9c9e09ca275af6?s=128

TAKASU Masakazu

April 28, 2022
Tweet

More Decks by TAKASU Masakazu

Other Decks in How-to & DIY

Transcript

  1. イベント準備中 おまちください 開始は14:00- Twitterハッシュタグ #遠くへ行きたければ このイベントはニコ技深圳コミュニティのZoom ウェビナーで行われています。 スポンサーの皆様、来場者の皆様に感謝します。

  2. 今日のイベントはZoomウェビナーで行っています。 よく使われるZoomミーティングとすこし機能が異なります。 Q&A機能が使えます。 頂いた質問を見れるのはスピーカーと運営側だけ (他の来場者には見れない) 高須が質問ピックアップして読み上げるつもりです チャットは「すべてのパネリスト及び出席者」とすれ ば全員が見れます。 (感想はできればtwitterへ。拡散したいので。)

  3. 「遠くへ行きたければ、 みんなで行け」内容紹介 高須正和 スイッチサイエンス国際事業開発 ニコ技深圳コミュニティ共同発起人 开源社(中国オープンソースアライアンス) 早稲田ビジネススクール 大公坊創客基地(iMakerBase) ガレージスミダ研究所

  4. 高須正和 事業&研究&Community 深圳ほか世界各地のpartnerを開拓し、 IoT開発ツールを輸出入・共同開発、投資,企業間提携などを行う。 深圳大公坊国家级創客基地(iMakerBase),深圳MakerNet 国際事業開発 事業:日本Switch Science, Global Business

    Development 研究:早稲田大学Research Innovation Centre招聘研究員 ニコ技深圳コミュニティ 共同創業者 中国最大のOpen Source Alliance「開源社」 唯一の国際(非中国語ネイティブ)メンバー 美国MIT Media Lab Shenzhen 2019 Menter ガレージスミダ研究所 主任研究員 著書5冊「プロトタイプシティ」「ハードウェアハッカー」(翻訳)など Community:开源社、Nico-Tech Shenzhen
  5. #遠くへ行きたければ 本の内容紹介

  6. #遠くへ行きたければ 本の内容 300ページ以上ある厚い本だが、内容が具体的で細かいだけで、 大意はシンプル 最初の100ページ ・コミュニティとはどういうものか何ができるか、人々はなぜ参加するか ・コミュニティの性質(いっしょに何かを作る、ファン同士で交流するなど) 後半の200ページ ・コミュニティをつくり、運営していくための具体的で詳細なガイドライン ・企業がコミュニティやる上でのよくある失敗などのケース

    ガイドライン ・コミュニティ構造の理解(コアメンバーとカジュアルメンバ、導入路の設計や コミュニケーションルール) ・詳細な実施ガイドラインミッション(大きな目的)→ビッグロックス(ミッ ションを数字と結びつける)→担当者がアサインされた四半期実施計画→報告書 のフォーマット
  7. 豊富で詳細な具体例 人がコミュニティに入っていく図 カジュアルメンバー、レギュラーメン バー、コアメンバー 半年ごとにやる仕事をリストアップしよう、 レビュー日付を入れよう コミュニティ/ボランティアだからふんわりやるのは間違いで、数値計画とレ ビュー計画ガッツリたて、数字を週次で追い込み、関連メンバーや上司に説明す るのが超大事 みたいなことが書いてあるのがとても大事

  8. #遠くへ行きたければ なぜ翻訳したのか? ハードウェアハッカーから 遠くへ行きたければ

  9. 中国のオープンソースイベントで、技術そのものに加えて、 「いかに、やりたがるやつを会社の枠を超えて参加させていき、 プロジェクトを良くしていくか」という話が盛り上がっている Apache way=Community Over Code コミュニティはコードを超える どういう社会が、文化が、コミュニティが 「好き勝手やることの社会貢献」を生むの

    か どうやってエンハンスするのか キーマンの一人は、ゲストリストの筆頭に いたJono Bacon(X-PrizeやUbuntuでコ ミュニティやってた)
  10. #遠くへ行きたければ の原書 「People Powered」をチェックする

  11. Amazonでの人気 Great Kindleシリーズに入ってる レビュー98(「僕にはそれが楽しかったから」が215,伽藍とバザールで168, ハー ドウェアハッカーで115なのでおおむね同クラス。 MAKERSで330,Factfulnessで1 万なので、一般向けの本よりは少ないが、無視できる数字ではない) 推薦者 Linux

    Foundationのジム・ゼムリン GitHub CEOのNat Friedman Red Had CEOのJim Whitehurst マイクロソフトCTOのKevin Scott 「怪しい伝説」のジェミー・ハイネマン YcombinatorのGia Scinto など、「ちょうど日本にない産業」の人たちが 絶賛している #遠くへ行きたければ の原書がアメリカでどのぐらい人気か
  12. #遠くへ行きたければ の英語版は、僕の前の翻訳書 「ハードウェアハッカー」ぐらいの人気なので、良い本 だけど日本語版が出るかは微妙。 技術評論社に聞いてみたら、翻訳権はあいていて予 定がないという。 前著「アートオブコミュニティ」は日本語版出てたけど、 2018年出版の「遠くに行きたければ」の予定がない ということは、このままだと日本語版出ないだろう。 「やろう」と思った

  13. #遠くへ行きたければ 出版の狙い 伽藍とバザールから #遠くへ行きたければ

  14. #遠くへ行きたければ 翻訳を始めてみて、 -良い内容だが、突拍子もないものわけじゃない。ハードウェアハッカーは 「読むだけで凄さがわかる」本だが、 #遠くへ行きたければ 手を動かさない とフツーの本に見えてしまう。 -2021年4月17日に、Code for Japanの関さんや日本のOpenChainグループ

    と「身も蓋もない日中オープンソースの話」というイベントをし、 関さんがそこで「伽藍とバザールとオープンガバメント」という発表 -「これだ!」と、解説や序文の内容がおもいつく
  15. #遠くへ行きたければ 出版プロジェクトのゴール こういった本の内容が広まり、日本からCode for Japanみたいな 活動がたくさん出てくるようになること

  16. #遠くへ行きたければ 出版プロジェクトそのものがコミュニティ なるたけ毎週イベントをしていきたい

  17. Thanks for Attention. Contact: TAKASU info@takasumasakazu.net Twitter: @tks Facebook: https://fb.me/takasuinfo

    WeChat:takasumasakazu