Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コミュニティ、オープンソースとGDP

 コミュニティ、オープンソースとGDP

https://peoplepowered0516.peatix.com/

太田泰彦/伊藤亜聖/高須正和 5月16日(月)20:30オンライン
詳細
書籍 #遠くに行きたければ に関連し、コミュニティについて考えるイベントを連続して行っています。
書籍序文「伽藍とバザールから本書へ」

解説「Code for Japanはどのようにしてコミュニティを運営しているのか」

■書籍『遠くに行きたければ みんなで行け 「ビジネス」 「ブランド」 「チーム」 を変革するコミュニティの原則』出版記念イベント

https://amzn.to/3NtJR2G
数人~数千万人規模まで応用できるコミュニティ運営の原則

「メンバーが自律して動き、才能が最大限引き出される」 「予想を越えた成果(=イノベーション)が生まれる」 そんな「人と人とのシナジーが絶えず生まれるコミュニティ」は、どうすれば作れるのか? 7,300万人が使う開発プラットフォーム「GitHub」や オープンソースOS「Ubuntu」など、世界規模のコミュニティでディレクターを務めた著者が書く、 「みんなに価値のある場所を作る」「みんなで価値のある仕事をする」ための大原則!

翻訳者による序文:「伽藍とバザール」から「ピープル・パワード」

■タイムテーブル(調整中)

高須:前説~書籍内容のざっくりした紹介 と、高須とお二人のかかわりであるニコ技深圳の簡単な紹介 20-25分ぐらい
太田泰彦 自己紹介/活動内容や最新刊の紹介 10-15分ぐらい
伊藤亜聖 自己紹介/活動内容や最新刊の紹介 10-15分ぐらい
パネル: 30-40分ぐらい コミュニティどうよ

太田泰彦 @nikkei_yasuota 2030 半導体の地政学 戦略物資を支配するのは誰か

1961年生まれ。北海道大学理学部卒業、85年日本経済新聞社入社。科学技術部、産業部、国際部、ワシントン支局、経済部、フランクフルト支局、論説委員兼国際部編集委員、アジア総局編集委員などを経て現職。

伊藤亜聖  デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か
1984年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程満期退学。博士(経済学)。専門は中国経済論。人間文化研究機構研究員などを経て、2017年4月から東京大学社会科学研究所准教授。単著に『現代中国の産業集積―「世界の工場」とボトムアップ型経済発展』(名古屋大学出版会、2015年、大平正芳記念賞、清成忠男賞受賞)、共編著に『現代アジア経済論―「アジアの世紀」を学ぶ』(有斐閣、2018年)など。

本書翻訳:高須正和 @tks
コミュニティ運営,事業開発,リサーチャーの3分野で活動している。中国最大のオープンソースアライアンス「開源社」唯一の国際メンバー。『ニコ技深センコミュニティ』『分解のススメ』などの発起人。MakerFaire 深セン(中国),MakerFaire シンガポールなどの運営に携わる。現在,Maker向けツールの開発/販売をしている株式会社スイッチサイエンスや,深圳市大公坊创客基地iMakerbase,MakerNet深圳等で事業開発を行っている。
著書に『プロトタイプシティ』(角川書店)『メイカーズのエコシステム』(インプレスR&D),訳書に『ハードウェアハッカー』(技術評論社)など

9db5ad8f2c24b5cfaa9c9e09ca275af6?s=128

TAKASU Masakazu

May 16, 2022
Tweet

More Decks by TAKASU Masakazu

Other Decks in Research

Transcript

  1. コミュニティの書籍 「遠くへ行きたければ、 みんなで行け」内容紹介と なぜ出版したか コミュニティ、オープンソースとGDP 高須正和 スイッチサイエンス国際事業開発 ニコ技深圳コミュニティ共同発起人 开源社(中国オープンソースアライアンス) 早稲田ビジネススクール

    大公坊創客基地(iMakerBase) ガレージスミダ研究所
  2. 高須正和 事業&研究&Community 深圳ほか世界各地のpartnerを開拓し、 IoT開発ツールを輸出入・共同開発、投資,企業間提携などを行う。 深圳大公坊国家级創客基地(iMakerBase),深圳MakerNet 国際事業開発 事業:日本Switch Science, Global Business

    Development 研究:早稲田大学Research Innovation Centre招聘研究員 ニコ技深圳コミュニティ 共同創業者 中国最大のOpen Source Alliance「開源社」 唯一の国際(非中国語ネイティブ)メンバー 美国MIT Media Lab Shenzhen 2019 Menter ガレージスミダ研究所 主任研究員 著書5冊「プロトタイプシティ」「ハードウェアハッカー」(翻訳)など Community:开源社、Nico-Tech Shenzhen
  3. M5Stackの成功があって、最近の興味が、コミュ ニティとオープンソース・オープンハードウェア に対して強くなっていた #遠くへ行きたければ なぜ翻訳しようと思ったか

  4. 中国のオープンソースイベントで、技術そのものに加えて、 「いかに、やりたがるやつを会社の枠を超えて参加させていき、プロジェク トを良くしていくか」という話が盛り上がっていた Apache way=Community Over Code コミュニティはコードを超える どういう社会が、文化が、コミュニティが「好き 勝手やることの社会貢献」を生むのか

    どうやってエンハンスするのか キーマンの一人は、ゲストリストの筆頭にいた Jono Bacon(X-PrizeやUbuntuでコミュニティ やってた) #遠くへ行きたければ 本書を知ったきっかけ
  5. #遠くへ行きたければ の原書 「People Powered」をチェックする

  6. Amazonでの人気 Great Kindleシリーズに入ってる レビュー98(「僕にはそれが楽しかったから」が215,伽藍とバザールで168, ハー ドウェアハッカーで115なのでおおむね同クラス。 MAKERSで330,Factfulnessで1 万なので、一般向けの本よりは少ないが、無視できる数字ではない) 推薦者 Linux

    Foundationのジム・ゼムリン GitHub CEOのNat Friedman Red Had CEOのJim Whitehurst マイクロソフトCTOのKevin Scott 「怪しい伝説」のジェミー・ハイネマン YcombinatorのGia Scinto など、「ちょうど日本にない産業」の人たちが 絶賛している #遠くへ行きたければ の原書がアメリカでどのぐらい人気か
  7. #遠くへ行きたければ の英語版は、僕の前の翻訳書 「ハードウェアハッカー」ぐらいの人気なので、良い本 だけど日本語版が出るかは微妙。 技術評論社に聞いてみたら、翻訳権はあいていて予 定がないという。 前著「アートオブコミュニティ」は日本語版出てたけど、 2018年出版の「遠くに行きたければ」の予定がない ということは、このままだと日本語版出ないだろう。 「やろう」と思った

  8. #遠くへ行きたければ 本の内容 300ページ以上ある厚い本だが、内容が具体的で細かいだけで、 大意はシンプル 最初の100ページ ・コミュニティとはどういうものか何ができるか、人々はなぜ参加するか ・コミュニティの性質(いっしょに何かを作る、ファン同士で交流するなど) 後半の200ページ ・コミュニティをつくり、運営していくための具体的で詳細なガイドライン ・企業がコミュニティやる上でのよくある失敗などのケース

    ガイドライン ・コミュニティ構造の理解(コアメンバーとカジュアルメンバ、導入路の設計や コミュニケーションルール) ・詳細な実施ガイドラインミッション(大きな目的)→ビッグロックス(ミッ ションを数字と結びつける)→担当者がアサインされた四半期実施計画→報告書 のフォーマット
  9. 豊富で詳細な具体例 人がコミュニティに入っていく図 カジュアルメンバー、レギュラーメン バー、コアメンバー 半年ごとにやる仕事をリストアップしよう、 レビュー日付を入れよう コミュニティ/ボランティアだからふんわりやるのは間違いで、数値計画とレ ビュー計画ガッツリたて、数字を週次で追い込み、関連メンバーや上司に説明す るのが超大事 みたいなことが書いてあるのがとても大事

  10. #遠くへ行きたければ リスクを取って、オープンハードウェアでコミュニ ティを作ったことで、少し成功した。 オープンとは?コミュニティとは?を追いかける 伽藍とバザールから #遠くへ行きたければ

  11. オープンソースやコミュニティへの よくある誤解 1.中国とアメリカはデカップリングされている。 国営中華企業とインテルやCISCOやアメリカの 通信業者が一緒に仕事することなんかありえな い 2.オープンソースのソフトウェアは儲からない 3.オープンソースの開発はボランティアで行わ れている

  12. OpenInfra FOUDNATION プラチナスポンサー アリババ、Facebook マイクロソフト、ファーウェイ テンセント ゴールド・スポンサー インテル、CISCO、Tモバイル NEC、 ZTE,中国移動,中国電信,中国

    聯通 https://openinfra.dev/members/
  13. オープンソースによるソフトウェア開発: 自社だけの開発でなく、世界中の開発力を利用できる 結果、同じ分野で「業界一位の独占ソフトと、それ以外のOSS」という構 造はよく見られる 現在はパッケージ販売やCPU課金の時代が終わりをつげ、 OSSのクラウドサービスVSプロプラエタリのクラウドサービスという構造

  14. マイコンチップまでオープンソースへ Google主導で進められる -設計ツール(EDA) -工場の設計ルール(PDK) を含む「工場を含めたチッ プ開発のすべて」オープン ソース化するプロジェクト。 すでにサンプルチップは作 成されていて、日本からの チーム(福岡の大学生)も

    参加している
  15. EUが作成した390ページに及ぶレポート(2019年開始、2021年10月発布) 「オープンソースソフトウェアとハードウェアがEU経済の技術的自立、競争力、 イノベーションに与える影響」 通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局 本報告書はCCライセンスのため,高須は日本語訳版を配布中 ・EU全体でのOSSへの貢献度が10%増加すると、EU全 体で0.4-0.6%のGDPがアップする ・2018年時点で650億-950億ユーロの経済効果 ・貢献者は26万人(EUプログラマ全体の8%) ↑この部分の成果が共有されることが全体のGDPを

    押し上げる ・EU各国および中国/アメリカ/日本などの政策を分析す ると、ある程度政策手動で効果が出る 中国でも2020年頃から同様のレポートが政府系シンクタンクなど複数 の組織から発布され、オープンソース戦略への注目が高まっている
  16. 中国オープンソースアライアンス「開源社」での 「オープンソース戦略会議」(ONEs Group) 企業、政府、開発者などの stakeholderをつなげ、全体のオー プンソースエコシステムを強化して いく

  17. 並行して、中国最大のオープンソースアライアンス「開源社」 にもコミットしていく オープンソースの最前線は? -オープンソース活動を中国で盛り上げるための団体 -年1回のCOSCON開催 -年1回のレポート発行 -ほかハッカソンや様々なイベントなど -公式wechatアカウント、ビリビリ動画のチャンネルな どで情報発信 -メンバーは理事2名の推薦、その後メンバー全員の選挙

    で決まる 現在100名程度政府関係者、大学教授、アリバ バやHuaweiなどのOSPO,VSCodeの中国ユーザグルー プ、起業家やファンドなど (今のところ高須は唯一の外国人メンバー) 中国全体では、オープンソースへの理解はまだまだなの で、布教活動をしていくのが役割
  18. 「開源社」各ワーキンググループ グループ⾧ マイクロソフトリサーチアジアでReactorのプロ ジェクトマネージャ グループ副⾧ SegmentFault(技術コミュニティ)COO グループ秘書 ポスドク システム運営 freeCodeCamp成都

    法務 VC(中国国営自動車会社の知財ファンド) アナリ スト メディア PRマネージャ イベント⾧ Huawei AI大会の運営&Evangelist イベント副⾧ Huawei AI大会のエコシステム管理 コミュニティ連 携 Datawhaleスタートアップ CEO コミュニティ連 携 副⾧ インフルエンサー 大学連携/OSS 教育 師範大学教授 メンバー開拓 webエンジニア 財務 大企業の財務部⾧ 顧問委員会開拓 マイクロソフトのAI製品マネージャ コミュニティ連携、顧問開拓、システム維持などのワーキンググループごとに知見のあるメンバーが プロボノ的に運営している 本業と開源社での活動がリンクしてる人が多い
  19. COSCONイベントでは優秀メンバーの表彰も 高須も「コミュニティ連携の星」 【やったこと】 -このOSCやシンガポールFOSSASIAなどで開源社/中国オープンソースの活動紹介 -中国開源年度報告等のレポート日本語翻訳 -中国のメイカーフェア、メイカースペースなどに開源社を紹介し、無錫ではCOSCONのサ テライト会場に (中国人がみんなOSSや開源社を知ってるわけでなくて、むしろ知らない人のほうが多い) -COSCONハードウェアトラックでの登壇、中国でのメイカーフェア等で開源社の話を紹介 -少しは中国語を勉強しています

    2021年、中国での発表は中国語に(それまでは英語で やってた) 【開源社の表彰コメント】 高須正和氏は、中国のオープンソースコミュニティに深く関わる国際的な友人であり、开 源社の最初の、そして現在でも唯一の外国人正会員となっています。 毎年開催される「オープンソース・ハードウェア・フォーラムCOSCON」に参加して以来、 オープンソース協会が発行する「中国オープンソース年度報告」の日本語版を翻訳する など、オープンソースコミュニティの普及に積極的に取り組んでいます。 様々な国際的なオープンソースイベントで、开源社をアピール。 また、オープンソースの コミュニティグループや毎年開催されるオープンソースカンファレンスでは、積極的に中国 語を学び、中国語でコミュニケーションをとっています。 开源社の国際協力大使とも言えるでしょう。
  20. #遠くへ行きたければ 翻訳を始めてみて、 -良い内容だが、突拍子もないものわけじゃない。ハードウェアハッカーは 「読むだけで凄さがわかる」本だが、 #遠くへ行きたければ 手を動かさない とフツーの本に見えてしまう。 -2021年4月17日に、Code for Japanの関さんや日本のOpenChainグループ

    と「身も蓋もない日中オープンソースの話」というイベントをし、 関さんがそこで「伽藍とバザールとオープンガバメント」という発表 -「これだ!」と、解説や序文の内容がおもいつく
  21. #遠くへ行きたければ 出版プロジェクトのゴール こういった本の内容が広まり、日本からCode for Japanみたいな 活動やM5Stackのような事例がもっとたくさん出てくるようになるこ と

  22. #遠くへ行きたければ 出版プロジェクトそのものがコミュニティ なるたけ毎週イベントをしていきたい 本の内容を一言でまとめると、 「常に新規の人をコミュニティに入れて、かつひんぱんに活動を続けること」

  23. Thanks for Attention. Contact: TAKASU info@takasumasakazu.net Twitter: @tks Facebook: https://fb.me/takasuinfo

    WeChat:takasumasakazu