$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Deno Deployと組み合わせるのに Upstashをおすすめしたい

Deno Deployと組み合わせるのに Upstashをおすすめしたい

Deno Deployと組み合わせるのに Upstashをおすすめしたい

虎の穴ラボ株式会社

August 31, 2022
Tweet

More Decks by 虎の穴ラボ株式会社

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. 2022/08/24
 toranoana.deno

    #8 
 
 虎の穴ラボ
 奥谷 一陽
 Deno Deployと組み合わせるのに
 upstashをおすすめしたい

  2. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. 自己紹介
 奥谷

    一陽
 所属:虎の穴ラボ株式会社
 担当:とらコインSHOPなど新規事業系の開発
 興味:TypeScript、Deno
 おすすめコンテンツ:
   『プラネテス』
   『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』
 
 Twitter:@okutann88

  3. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deploy

    どのくらい使っ てますか?

  4. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deploy

    と組み合わせる前提で、
 オススメSaaSを紹介したい

  5. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. upstash
 


    
 
 
 
 
 
 
 参考:https://upstash.com/

  6. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. upstash
 -

    カルフォルニアの Upstash, Inc. が運営するSaaS
 - Redis Kafka qStashを提供
 - キーワード:グローバル 低レイテンシ 上限付きの従量課金
 

  7. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. upstash の

    Redis
 - 無料プラン:10K コマンド/日
 - 有料プラン:0.2 $/100Kコマンド、月間最大 $120 まで
 - 公式が、deno.land/x にモジュールを公開済み
 https://deno.land/x/upstash_redis@v1.12.0-next.1
 - Redisと銘打つものの、内部でfetchが使用されたhttpリクエストを使用
 「Redisっぽく動く」 「Redis互換の」ぐらいの感触

  8. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. upstash の

    Redis の使用例
 import { Application, Router, Context } from "https://deno.land/x/oak/mod.ts"; import { Redis } from "https://deno.land/x/upstash_redis/mod.ts"; const redis = new Redis({ url: Deno.env.get("UPSTASH_URL"), token: Deno.env.get("UPSTASH_TOKEN"), }); const router = new Router(); router.get("/", async (context: Context) => { const count = await redis.get("count"); context.response.body = count; }); router.post("/update", async (context: Context) => { await redis.incr("count"); context.response.body = "updated"; }); const app = new Application(); app.use(router.routes()); app.use(router.allowedMethods()); await app.listen({ port: 8080 }); 

  9. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. upstash の

    Redis で実際にやりたいのは?
 - キャッシュの仕組みが有ったときに、Webサービスで扱いたいのは
 「セッション」では無いだろうか(偏見かもしれません)
 - oak_session モジュール + upstash_redis モジュール は組み合わせ可能?
 => できる ただし...、 オプションが必須

  10. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. upstash の

    Redis を oak_session で使う
 import { Application, Context, Router } from "https://deno.land/x/oak/mod.ts"; import { RedisStore, Session } from "https://deno.land/x/oak_sessions/mod.ts"; import { Redis } from "https://deno.land/x/upstash_redis/mod.ts"; const redis = new Redis({ url: Deno.env.get("UPSTASH_URL")!, token: Deno.env.get("UPSTASH_TOKEN")!, automaticDeserialization: false, // <== ポイント }); const router = new Router(); router.get("/", async (context: Context) => { const name = await context.state.session.get("name"); context.response.body = ` <!DOCTYPE html> <html> <body> <div> ${!name ? "" : "name=" + name} </div> <form method="POST"> <input name="name"> <button type="submit">submit</button> </form> </body> </html> `; }); router.post("/", async (context: Context) => { const form = await context.request.body({ type: "form" }).value; const name = form.get("name"); if (!!name) context.state.session.set("name", name); context.response.redirect("/"); }); type AppState = { session: Session; }; const app = new Application<AppState>(); const store = new RedisStore(redis); app.use(Session.initMiddleware(store)); app.use(router.routes()); app.use(router.allowedMethods()); await app.listen({ port: 8080 }); 
 upstash_redisは、デフォルトで、jsonの自動デシリアライズが ONになっているので この機能を停止させる 
 デシリアライズは、oak_session に任せる! 
 

  11. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. qStash ?


    - upstashの独自サービス
 - サーバーレス、エッジランタイム向け、HTTPベースメッセージング/
 スケジューリングソリューション
 - 無料プラン:50リクエスト/日
 - 有料プラン:50Kリクエスト/日 0.4 $/1Kリクエスト 月間最大 $450 
 - 最大のポイント Deno Deploy をスケジュール実行できる
 => さらに、upstash公式が deno deploy をサポート

  12. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. qStash の

    deno deploy サポート

  13. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deployで

    qStash 使ってみる 
 以下の内容を実装する
 - qStashから1分に1回 Deno Deploy に置いたアプリを呼び出す
 - 呼び出しに対応して upstash Redisに保管した値をカウントする
 - ブラウザからアクセスし値を参照する

  14. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deployで

    qStash 使ってみる 
 ポイント
 - 公式が、deno.land/x にモジュールを公開済み
 - https://deno.land/x/upstash_qstash@v0.1.7
 - qStashからのリクエストであることを upstash_qstash モジュールを
 使い検証すること
 

  15. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deploy

    で qStash を使う実装例
 import { Application, Router, Context } from "https://deno.land/x/oak/mod.ts"; import { Redis } from "https://deno.land/x/upstash_redis/mod.ts"; import { Receiver } from "https://deno.land/x/upstash_qstash/mod.ts"; const redis = new Redis({ url: Deno.env.get("UPSTASH_URL"), token: Deno.env.get("UPSTASH_TOKEN"), }) const receiver = new Receiver({ currentSigningKey: Deno.env.get("QSTASH_CURRENT_SIGNING_KEY")!, nextSigningKey: Deno.env.get("QSTASH_NEXT_SIGNING_KEY")!, }); const router = new Router(); router.get("/", async(context:Context) => { const count = await redis.get("count"); context.response.body = count; }); 
 router.post("/update", async(context:Context) => { const isValid = await receiver.verify({ // <== ポイント signature: context.request.headers.get("Upstash-Signature")!, body: await context.request.body({ type: "text" }).value, }).catch((err: Error) => { console.error(err); return false; }); if (!isValid) { return new Response("Invalid signature", { status: 401 }); } await redis.incr("count"); return new Response("OK", { status: 200 }); }); const app = new Application(); app.use(router.routes()); app.use(router.allowedMethods()); await app.listen({ port: 8080 }); 

  16. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. 現在動作中です。
 一分に一回カウントアップされます。

    https://late-otter-59.deno.dev/
 
 

  17. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. まとめ
 -

    Deno Deployの有効活用のため、upstashの組み合わせオススメ
 - 出来ることが、大きく広がる
 - Deno Deploy 起点のフルサーバーレスなサービスを開発できる可能性
 例えば?
 

  18. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deploy

    起点フルサーバーレス サービス インフラ 構想
 
 deno deploy ・APIサーバー ・DB管理 ・ストレージ キャッシュ呼び出し Redis qStash バッチ処理呼び出し フロントサーバー
  19. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. Deno Deploy

    起点フルサーバーレス サービス インフラ 構想
 deno deploy フロントサーバー ・APIサーバー ・DB管理 ・ストレージ キャッシュ呼び出し Redis qStash バッチ処理呼び出し deno deploy +      + bunny cdn ... API呼び出し
  20. Copyright (C) 2021 Toranoana Inc. All Rights Reserved. ありがとうございました