iOSアプリ 開発環境まとめ

iOSアプリ 開発環境まとめ

6025bf161f121fe693d538e49731362f?s=128

Manato Yamashita

September 20, 2014
Tweet

Transcript

  1. iOS アプリ 開発環境まとめ Manato Yamashita 9/20 2014

  2. 注) Developer 登録は完了している 前提になります

  3. iOS 開発する上でまず行うこと

  4. 開発環境の構築

  5. そんなの iOS アプリに限らない

  6. ただ iOS アプリの開発環境 周りは複雑。。。

  7. しかも一度行ってしまえば その後触れる機会はしばらくない

  8. 結果 なかなか覚えられない

  9. ということで

  10. iOS アプリにおける 開発環境について まとめてみました

  11. iOS アプリ開発する上で重要なのが プロビジョニングプロファイル

  12. 実機で開発中のアプリを起動させたり、App Store へ公開するために 必要なファイル プロビジョニングプロファイルとは プロビジョニングプロファイルは以下の3つの関係をまとめたファイルです 開発者証明書ファイル アプリ ID デバイス識別子

  13. プロビジョニングプロファイル iOS Dev Center

  14. そのため

  15. これら3つの登録をすませ を作成する必要があります

  16. まずはじめに行うこと

  17. 証明書ファイルの作成

  18. 1. キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)作成 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 3. Mac に開発用証明書(CER)登録

    ステップは3つ
  19. 1. キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)作成 証明書を作成するためには CSR(Certificate Signing Request) が必要です

  20. 1. キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)作成

  21. 1. キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)作成

  22. 1. キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)作成

  23. 1. キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)作成

  24. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 作成した CSR を用いて 証明書ファイル(CER) を作成します

  25. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成

  26. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成

  27. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 Add iOS Certificate で 種別選択

    → CSRリクエスト → CSRジェネレート → ダウンロード で完了です
  28. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 証明書の種類は大きく 開発用 と 本番用 Development

    Production 今回はコッチ
  29. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 Push 通知を利用する場合 通常の場合

  30. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 CSRの確認画面

  31. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成

  32. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 作成したCSRを選択

  33. 2. iOS Developer Program から証明書ファイル作成 Download ボタンが表示されるので Mac に ダウンロードして証明書ファイル(.cer)の作成は完了です

  34. 3. Mac に開発用証明書(CER)登録 先程のダウンロードしてきた 証明書ファイル(.cer)をダブルクリックし キーチェーンアクセスに証明書を登録します

  35. 3. Mac に開発用証明書(CER)登録 こんな画面が出てきたら、、、

  36. ファイルから読み込むで登録しましょう 3. Mac に開発用証明書(CER)登録

  37. 3. Mac に開発用証明書(CER)登録 最後に

  38. キーチェーンアクセスに登録した証明書(.cer)を選択し ファイル > 書き出し で個人情報交換形式(.p12)として書き出しましょう 3. Mac に開発用証明書(CER)登録

  39. 3. Mac に開発用証明書(CER)登録

  40. 3. Mac に開発用証明書(CER)登録 .p12 ファイルがあれば他の Mac で開発する場合でも その Mac に

    .p12 ファイルをインストールすれば 開発が可能になります
  41. 以上で

  42. 証明書ファイルの作成は完了です 済

  43. 2つめ

  44. アプリIDの登録

  45. アプリ ID とは アプリ毎、Extention 機能(iOS8以降)毎に 必要な ID になります 新規でアプリ開発する場合や Extention

    機能を開発する 場合は必ずアプリ ID を登録しておく必要があります 注)上記に当てはまらず、すでにアプリ ID が登録済みの場合は読み飛ばして構いません
  46. iOS Developer Program から登録します

  47. None
  48. アプリの名前を登録します

  49. ID を決定します リバースドメイン

  50. アプリで利用しているサービスを選択します

  51. 入力を終えたら Contine → 確認画面 → Submit で完了になります

  52. 以上で

  53. アプリIDの登録は完了です 済 済

  54. 3つめ

  55. デバイスの登録

  56. ここでは 検証等に利用する端末情報を 登録します 注)すでに端末が登録されており行う必要がない場合は読み飛ばして構いません

  57. 例えば

  58. iPhone6 が発売されました

  59. 新たに購入した iPhone6の 端末情報をここに登録すれば iPhone6 での検証が可能になります

  60. iOS Developer Program から登録します

  61. None
  62. 端末名と UDID を入力するだけです

  63. 以上で

  64. デバイスの登録は完了です 済 済 済

  65. ここまでで

  66. プロビジョニングプロファイルを作成するた めの の登録が完了しました

  67. 最後に

  68. プロビジョニングプロファイルを 作成します

  69. 繰り返しますが、プロビジョニングプロファイルは 以下からなるファイルです 複数 複数 一つのみ

  70. これまで同様 iOS Developer Program から登録します

  71. None
  72. Add iOS Provisioning Profile で 種別選択 → 紐付け → ジェネレート

    → ダウンロード で完了です
  73. プロファイルの種類は大きく 開発用 と 配布用 Development Distribution 今回はコッチ

  74. 開発用 配布用 ストア公開 指定端末に配布

  75. 該当のアプリ ID を選択します

  76. 該当の証明書ファイルを選択します

  77. 該当のデバイスを選択します

  78. プロファイル名を入力します

  79. これでプロビジョニングプロファイルの作成は完了です Mac にダウンロードできるようになります

  80. None
  81. .mobileprovision ファイルがダウンロードされ ダブルクリックするとインストールされます

  82. 無事

  83. iOS 開発の環境が整いました

  84. 今回は Development で作りましたが ・App Store(ストア公開) ・Ad Hoc(指定端末に配布) も必要になときには作成していきましょう

  85. None