Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

StackStorm

81ea84ebf9bc06e1a7d4bbaed39861b3?s=47 w4yh
June 27, 2016
460

 StackStorm

NetOpsCoding #3 2016-06-27

81ea84ebf9bc06e1a7d4bbaed39861b3?s=128

w4yh

June 27, 2016
Tweet

Transcript

  1. @w4yh StackStorm

  2. StackStormとは? ・「Web界のiftttを運用に持ってきた」 ・「自動化+自動復旧(auto re-mediation)」 ・自動化プラットフォーム / ワークフローエンジン ・6/24にVer. 1.5がリリースされました ・フリーミアムな提供形態

    https://github.com/StackStorm/st2   Apache License Version 2.0 ・3/29にBrocadeに
  3. StackStormの位置づけ マクロ expect 抽象化 汎用化 オーケストレーション 系全体の管理

  4. StackStormの位置づけ マクロ expect 抽象化・汎用化 オーケストレーション NETCONF YANG rancid Ansible SDN

    オーバーレイ
  5. StackStormの構成要素

  6. 連携ツール(st2contrib) IaaS 監視/運用 CM データソース 通知 CI/CD

  7. StackStormの活きるケース (1)単発処理ではなく分岐や並列、合流など  ワークフロー的な処理を行う場合 (2)特に機器をまたいで処理を行ったり  多機種が混在して純正ツールが無い場合 運用の「ジョブ管理」、 BigDataの「ワークフロー」、サーバーレス、 トリガーベースといった処理系

  8. OpenStackクラスタの操作 version: '2.0' examples.mistral-basic: description: sample workflow type: direct input:

    - cmd output: stdout: <% $.stdout %> tasks: add_network: action: core.local input: cmd: "curl -d “network=sample1” -d “”qos_policy_id": "qos1"” \ http://neutron/v2.0/networks" publish: hostname: <% task(add_network).result.stdout %> Neutrol APIをcURLで呼んで ネットワークオブジェクトを追加 OpenStackのMistral利用
  9. LBとWebサーバの連携 Webサーバーのエラー検知 LBを操作して切り離し restartなどサーバー一時対応 テストケース実施 LBを操作して再接続

  10. (エンタープライズ版)GUI Editor

  11. まとめ ・大規模化や分散環境などで処理が複雑化する場合、  難解なスクリプトを書くよりもStackStorm等の 知見や処理系をフレームワークとして活用して 楽をすることができるかもしれません ・Slack  Invite申し込みフォーム https://stackstorm.typeform.com/to/K76GRP  アーカイブ  https://stackstorm-community.slack.com/archives/community/