Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

StackStormによるCloudSlang対応とはなにだったのか

w4yh
April 24, 2019

 StackStormによるCloudSlang対応とはなにだったのか

20190424 StackStorm meetup vol5 LT資料です

w4yh

April 24, 2019
Tweet

More Decks by w4yh

Other Decks in Technology

Transcript

  1. StackStormの CloudSlangサポートとは 何だったのか

  2. HELLO! @w4yh S. Komichevsen Matsu https://speakerdeck.com/w4yh/20160913-irecommendstackstormtoyou-w4yh

  3. CloudSlang? HPEによるJava製ワークフローエンジン https://github.com/CloudSlang OpenView系 Operations Orchestrationで採用 YAML形式でflowとoperationのファイルを記述 (拡張子は .sl) (ST2にはnamespace単位で登録)

    最新版は昨日(20190423)出た1.0.47 pre-release
  4. こんな人にオススメ HPE OOを使った経験がある ワークフローエンジンはJavaだよねと思っていた コピペで楽できるならしたい

  5. すべて該当した私

  6. 豊富なサンプル https://github.com/CloudSlang/cs- content/tree/master/content/io/cloudslang 実用的なサンプルやパーツが多数公開されている 公式サイト cloudslang.io トップに乗っている例

  7. ST2のCloudSlang対応 StackStorm 0.12で登場 https://stackstorm.com/2015/07/22/stackstorm-0-12-is-released/ https://blog.cloudslang.io/announcing-cloudslang-workflows-in-stackstorm-1dceab39f578 (20160216) その後お前らが「experimentalだし情報も事例も少ないので 略」とdisりまくる StackStorm 2.9でdeprecated

    StackStorm 3.1で消滅(別途セットアップで3rd party的に使うことはできる予定らしい)
  8. Orchestra: 独自に新たなワークフローエンジンを 用意するとのことです。 ....代わりにどれかワークフローエンジンが外れ るのかな....CloudSlangも使ってるけどピンチか な....Javaだしなあ.... st2ctl で管理してないしな あ.... Tech

    Night @ Shiodome # 8 に行ってきました より抜粋 http://w4yh.hatenablog.com/entry/2018/06/01/043757
  9. 何がいけなかったか HPEのSoftware資産の行方不安 Experimental / 何か起きた時の調査は大変 そもそもST2はPythonメインな中Java エンジンCloudSlangはst2ctlの管理外

  10. このままだと暗い話で終わるので 反省を踏まえた Orquestaへの期待ポイントを Orquesta

  11. Orquesta ST2本家による意欲作 (Closer to) GA もちろんPython 記述形式もYAMLのまま

  12. ワークフローは YAMLですね! CI/CD FoundationのTektonもYAML 変数のスコープやステップ命名の自由度などわ ずかな差はあるもののYAMLで記述するスキルは 広く応用できそう その中でもマルチクラウドやサービス連携など ヘテロな環境で活きるStackStormが存在感を増し ていって欲しい!

  13. ST2-CloudSlang 今までありがとう

  14. Git内のクレデンシャル検知には Talisman便利ですよ (ログファイルを検知できるか未確認)