Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

StackStormによるCloudSlang対応とはなにだったのか

81ea84ebf9bc06e1a7d4bbaed39861b3?s=47 w4yh
April 24, 2019

 StackStormによるCloudSlang対応とはなにだったのか

20190424 StackStorm meetup vol5 LT資料です

81ea84ebf9bc06e1a7d4bbaed39861b3?s=128

w4yh

April 24, 2019
Tweet

Transcript

  1. StackStormの CloudSlangサポートとは 何だったのか

  2. HELLO! @w4yh S. Komichevsen Matsu https://speakerdeck.com/w4yh/20160913-irecommendstackstormtoyou-w4yh

  3. CloudSlang? HPEによるJava製ワークフローエンジン https://github.com/CloudSlang OpenView系 Operations Orchestrationで採用 YAML形式でflowとoperationのファイルを記述 (拡張子は .sl) (ST2にはnamespace単位で登録)

    最新版は昨日(20190423)出た1.0.47 pre-release
  4. こんな人にオススメ HPE OOを使った経験がある ワークフローエンジンはJavaだよねと思っていた コピペで楽できるならしたい

  5. すべて該当した私

  6. 豊富なサンプル https://github.com/CloudSlang/cs- content/tree/master/content/io/cloudslang 実用的なサンプルやパーツが多数公開されている 公式サイト cloudslang.io トップに乗っている例

  7. ST2のCloudSlang対応 StackStorm 0.12で登場 https://stackstorm.com/2015/07/22/stackstorm-0-12-is-released/ https://blog.cloudslang.io/announcing-cloudslang-workflows-in-stackstorm-1dceab39f578 (20160216) その後お前らが「experimentalだし情報も事例も少ないので 略」とdisりまくる StackStorm 2.9でdeprecated

    StackStorm 3.1で消滅(別途セットアップで3rd party的に使うことはできる予定らしい)
  8. Orchestra: 独自に新たなワークフローエンジンを 用意するとのことです。 ....代わりにどれかワークフローエンジンが外れ るのかな....CloudSlangも使ってるけどピンチか な....Javaだしなあ.... st2ctl で管理してないしな あ.... Tech

    Night @ Shiodome # 8 に行ってきました より抜粋 http://w4yh.hatenablog.com/entry/2018/06/01/043757
  9. 何がいけなかったか HPEのSoftware資産の行方不安 Experimental / 何か起きた時の調査は大変 そもそもST2はPythonメインな中Java エンジンCloudSlangはst2ctlの管理外

  10. このままだと暗い話で終わるので 反省を踏まえた Orquestaへの期待ポイントを Orquesta

  11. Orquesta ST2本家による意欲作 (Closer to) GA もちろんPython 記述形式もYAMLのまま

  12. ワークフローは YAMLですね! CI/CD FoundationのTektonもYAML 変数のスコープやステップ命名の自由度などわ ずかな差はあるもののYAMLで記述するスキルは 広く応用できそう その中でもマルチクラウドやサービス連携など ヘテロな環境で活きるStackStormが存在感を増し ていって欲しい!

  13. ST2-CloudSlang 今までありがとう

  14. Git内のクレデンシャル検知には Talisman便利ですよ (ログファイルを検知できるか未確認)