Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

リブセンスのソリューションチームについて

yjszk
May 16, 2024
550

 リブセンスのソリューションチームについて

渋谷でビール片手にLT会!【SREどうでしょう】
https://metaps.connpass.com/event/313921/

yjszk

May 16, 2024
Tweet

Transcript

  1. 0. 自己紹介 Yuji Suzuki(@yjszk666) Copyright © Livesense Inc. • 仕事:リブセンスでSRE的な仕事してる

    ◦ 兼務:ソリューション‧エンジニア採⽤広報 • 趣味:公営賭博、ホームは平塚競輪 • 略歴 ◦ 無内定卒業→フリーター ▪ 占い師とか出版社で校正とか⾊々 ◦ ⾦融SE ◦ 夜勤オペレータ ◦ SIer ◦ コンサルでSE ◦ リブセンス • 写真は会社の飲み会で⿂捌いた時のやつ
  2. 1. ソリューションチームとは - インフラとして - 事業部を問わず改善を⾏っている、例えば - ジョブ監視SaaSのコード管理導⼊※1 - DMARC可視化ツールの導⼊※2

    - 採⽤広報として - あらゆる⼈にテックブログを書いてもらうように営業 - メンバーの登壇を促進するために⾃分⾃⾝登壇したことないから登壇してきて経験 をドキュメント化 普段やってること Copyright © Livesense Inc. ※1 https://made.livesense.co.jp/entry/2023/07/12/080000 ※2 https://made.livesense.co.jp/entry/2024/04/02/080000
  3. 2. 具体的に何したか - コーポレートにヒアリング - 既に情シスが改善しているが、SRE⽬線で何かできないか… - SaaS導⼊=情シス、導⼊後のAPI使った開発=ソリューションとか出来そう - 出社したときに⽴ち話

    - 例えば:従業員向け株式報酬制度が導⼊されるから株価⽇次で通知して欲しい - 俺も⾒たい、なんなら⾃分の保有株を⾃分のtimesに⽇次通知したい - 「⼀緒に⼾⽥競艇場いきませんか」の⽴ち話から⽣まれたものもある→ 最初にやったこと Copyright © Livesense Inc.
  4. 2. 具体的に何したか 具体例:メンション集約 Copyright © Livesense Inc. - ⼤量のチャンネルでグループメンションがたくさん⾶んでくる -

    ⼤量のチャンネルを⾒るのが⼤変 - 1つのチャンネルに集約できたらまとまっててそこ⾒ればいいから便利 - センシティブな情報もあるのでプライベートチャンネルだったりする - そのチャンネルにいる⼈じゃないと⾒れないようにしたい
  5. 2. 具体的に何したか 具体例:メンション集約 Copyright © Livesense Inc. ⼾⽥競艇に⾏く話してたらできたもの lambdaとs3の簡単なアーキテクチャで バッチ実⾏させて作ってみた。

    https://hoge.slack.com/archives/{チャン ネルID}/p{unix_timestamp}の形で通知さ せることでチャンネルに⼊ってない⼈には⾒ れないようにした。 また他部⾨に横展開もできた。
  6. 2. 具体的に何したか 具体例:SaaS移⾏におけるURLリダイレクターのOSS開発と展開 Copyright © Livesense Inc. ⾃前でホストしてたConfluenceをSaaS移⾏した時にURLが変わってしまう問題が発⽣した 例えばコードのコメントにドキュメントとしてのURLが書いてある、全ての置換は厳しい ならばリダイレクトさせてしまえばいいというWebエンジニアなら思いつく考え

    実装において野良リポジトリはたくさんあったが、シンプルなものほど⾃作してしまう⽅が、 リスクが低くカスタムもしやすいため、取り回しが良いので⾃作してOSS公開した ※詳細は記事になっています https://made.livesense.co.jp/entry/2024/03/15/080000
  7. 2. 具体的に何したか 具体例:宙に浮いた権限管理画⾯の移管 Copyright © Livesense Inc. サービスAとサービスBが使っていた共通のユーザー管理システムがあった。 当時横断部署だった情シスが管理していたが、サービスBが閉鎖。 その名残で情シス管理になっていた。

    しかしユーザー管理システムを使っているのはサービスAしかない。 なので、その管理をサービスA付にした。 これに気がついたのはユーザー管理システムのクラウド移⾏の担当が⾃分だったから。 システム移⾏だけではなく、実際の運⽤の正しい運⽤まで導線を引いた。 いわゆる落ちているボールを拾う(※)仕事 ※誰も⼿をつけたがらない仕事を拾う親切⼼とその危うさ https://q.livesense.co.jp/2022/02/15/1426.html