Rippleアドレスについて

282fc99a2f1c0d4818dda3b0db8a4b67?s=47 Yuki Akiyama
August 29, 2017
1.8k

 Rippleアドレスについて

282fc99a2f1c0d4818dda3b0db8a4b67?s=128

Yuki Akiyama

August 29, 2017
Tweet

Transcript

  1. Ripple アドレスについて 2017/08/29 ビットコインとか勉強会#10 Yuki Akiyama

  2. 自己紹介 ビットバンク株式会社 ビットコインエンジニア Yuki Akiyama (@you21979)

  3. リップルのアドレスといえば? sから始まるシークレットキー(snx9HAm11LEpNVVGe4brEePcb3Bcp) rから始まるリップルアドレス(rNLUx8GJhkHstX3XtC4jLQCzWoRftbhrG5) シークレットキーからリップルアドレスが生成されます

  4. 要素技術 リップルのアドレスを求めるのに必要な技術は以下の5つ • secp256k1(楕円曲線) • sha512(ハッシュ) • sha256(ハッシュ) • ripmd160(ハッシュ)

    • base58(エンコード) ここでは特にふれません
  5. シークレットキーとリップルアドレスの関係 リップルアドレスをシークレットキーから生成する仕様を知るには アカウントファミリーという実装を知る必要があります シークレットキーから生成する場合はこの仕様を元に作られています 以下は仕様が書かれているWIKI https://wiki.ripple.com/Account_Family

  6. 用語 1.シークレットキー(シード) 2.プライベートジェネレータ、パブリックジェネレータ 3.秘密鍵、公開鍵 4.リップルアドレス

  7. シークレットキー リップルでシークレットキーと読んでいるのは乱数のシード値のことです 16byte(128bit)のエントロピー(乱数)にFamilySeed(33=s)識別子をつけてbase58Check でエンコードされます

  8. プライベートジェネレータ シードのハッシュから生成されます (細かい仕様はGenerateRootDeterministicKeyを参照) プライベートジェネレータからは2つのパラメータを生成できます • インデックスに対応した秘密鍵 • パブリックジェネレータ

  9. パブリックジェネレータ プライベートジェネレータの楕円曲線から生成されます (細かい仕様はGenerateRootDeterministicKeyを参照) パブリックジェネレータからは1つのパラメータを生成できます • インデックスに対応した公開鍵

  10. 秘密鍵と公開鍵 秘密鍵から楕円曲線で公開鍵を生成できます 公開鍵からリップルアドレスを生成できます アドレスの作成方法はビットコインとほぼ同じです(P2PKH) ほとんど同じなので前の勉強会の資料を参考にするとよいです https://www.slideshare.net/tomohidemurata1/ss-76891213

  11. アドレスのエンコード(BASE58) ビットコインと同じbase58だが変換テーブルが違う。 ビットコインの変換テーブル 123456789ABCDEFGHJKLMNPQRSTUVWXYZabcdefghijkmnopqrstuvwxyz リップルの変換テーブル rpshnaf39wBUDNEGHJKLM4PQRST7VWXYZ2bcdeCg65jkm8oFqi1tuvAxyz

  12. 工程のおさらい 以下の組み合わせで生成できます 公開鍵を生成する方法が二通りあります • シードからプライベートジェネレータを生成 • プライベートジェネレータからパブリックジェネレータを生成 • プライベートジェネレータから秘密鍵を生成 •

    パブリックジェネレータから公開鍵を生成 • 秘密鍵から公開鍵を生成 • 公開鍵からリップルアドレスを生成
  13. プライベート/パブリックジェネレータ? • ジェネレータにインデックスを与えるとインデックスに対応したキーを得られる • つまり一つのシードから複数のリップルを得られる • ビットコインにも似た仕組みがある! • 階層的決定制ウォレット(BIP32、HDウォレット) 実は以下の記事にまとめてある

    http://qiita.com/you21979@github/items/ddcdd4de31fb96c26ad2
  14. リップルでもBIP32 • 実はBIP32を実装しているウォレットがある • Ledger Nano S • ニーモニックからリッピルアドレスを作れる •

    概念が変わってしまうのでシークレットキーが存在しない • 既存のシークレットキーを使ったインフラが使えない 興味があれば以下の記事にやり方を書いてます http://qiita.com/you21979@github/items/7ca77dbd6ffe8f001e9c
  15. 最後に リップルのアドレスを大量に作る方法を紹介しましたが リップルのアドレスは実はいろいろ制限されています • 20XRPいれてアクティベートしないとならない • 対応したライブラリが公式にない アドレスが無限にあるとレジャーの仕組み上都合が悪い。 1000億XRP /

    20XRP = 最大50億アカウント 人類は75億人
  16. ご静聴ありがとうございました 質問など