Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS Codebuild のすすめ

Yuto Ono
September 08, 2022
940

AWS Codebuild のすすめ

Yuto Ono

September 08, 2022
Tweet

Transcript

  1. 経歴 • Web制作会社にてフロントエンドエンジニア ◦ 主に WordPress でのホームページ制作を経験 • 某スタートアップ企業のCTO ◦

    WordPress, Laravel, EC-Cube, Vue.js, React, Svelte など色んな技術に触れる • ENECHANGE株式会社 ← いまここ ◦ Next.js x TypeScript でのフロントエンド開発をリード
  2. GitHub Actions 愛好家の僕が、なぜ CodeBuild を • 社内で、すでに別のプロダクトで CodeBuild を導入した実績があった ◦

    それがなかったら、たぶん GitHub Actions 使っていた • せっかくの機会だし、 CodeBuild の勉強がてら、導入してみるか
  3. 設定ファイルを見てみよう version: 0.2 phases: build: commands: - npm run build

    post_build: commands: - aws s3 sync out s3://${AWS_S3_BUCKET_NAME} --delete --no-progress - aws cloudfront create-invalidation --distribution-id ${AWS_CLOUDFRONT_ID} --paths '**/*' buildspec.yml
  4. まとめ • デプロイ先がAWSであれば、 AWS CodeBuild (+ CodeDeploy) を使うと便利 • GitHub

    Actions や CircleCI を使ったことがある方であれば、 比較的容易に使えるようになると思う