Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20211111_実務で使えるGASライブデモ勉強会#2

C983c1e22d0d19f21590b83884d9b754?s=47 Apachan
November 11, 2021
46

 20211111_実務で使えるGASライブデモ勉強会#2

C983c1e22d0d19f21590b83884d9b754?s=128

Apachan

November 11, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021/11/11 1 ※ 本内容は個人的な見解であり、所属する組織と関係ありません。 実務で使える Google Apps Script ライブデモ勉強会#2 ライブラリを活用してGAS利用者を増やそう!

  2. 自己紹介 Apachan @ApachanHonpo 埼玉県戸田市 宮城県仙台市 会社員&副業 2 お仕事... 2021年 11月

  3. 宣伝 3 2021/3 発売 2020/5 発売 来春 改定版 発売予定 徹底解説

    RPAツール WinActor導入・応用 完全ガ イド 絶対失敗しない!ロボット 1000体導入してわかった RPA成功の秘訣 Google Apps Script 目的別リファレンス 実践サンプルコード付き GAS本大幅リニューアルの方向で対応中
  4. テーマ 4 ライブラリ

  5. ライブラリとは? 5 各自作成したコード ライブラリ ライブラリに登録があれば... どんなに複雑な処理も一行で呼び出しが可能!! 〇〇がしたい ✔ 作成した関数を他プロジェクトから利用できる仕組み はい、どうぞ

  6. function myFunction() { const today = new Date(); const result

    = Library.isBusinessDay(today); console.log(result); } function myFunction() { const today = new Date(); // 判定結果格納用 let result; // 日本の祝日/会社の祝日カレンダー参照 const publicHoliday = 'ja.japanese#holiday@group.v.calendar.google.com'; const companyHoliday = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx@group.calendar.google.com'; const pubHolidayCal = CalendarApp.getCalendarById(publicHoliday); const comHolidayCal = CalendarApp.getCalendarById(companyHoliday); // 土日判定 if (today.getDay() === 0 || today.getDay() === 6) { result = false; } else if(pubHolidayCal.getEventsForDay(today).length > 0 ||        comHolidayCal.getEventsForDay(today).length > 0){ // 日本の祝日 or 会社の祝日判定 result = false; } else { result = true; } console.log(result); } 例:休日(土日祝 + 会社の祝日)の判定 6 ライブラリ利用前 ライブラリ利用後 同様の処理が... たった一行で完結!
  7. 前提知識 7 const today = new Date('2021/12/31'); const result =

    Library.isBusinessDay('today'); console.log(result); 戻り値 識別子 メソッド 引数
  8. 何故ライブラリか? 8 GAS利用者増に貢献 勉強会と相乗効果

  9. 作成方法 9 案件A 案件B 案件C ライブラリ登録 バージョン 管理OK 汎用的な処理(1,2個) 汎用的な処理(1,2個)

    汎用的な処理(1,2個) スモールスタートOK ※ 2処理からスタートして現在50程度。
  10. Demo 10 毎朝当日シフトをSlackへ投稿 シフト 時間トリガー Slack投稿 データ加工 サンプルスプレッドシート サンプルライブラリ

  11. 注意点 11 ライブラリ プロジェクト権限 公開バージョン利用 開発者モード利用 編集権限 〇 〇 閲覧権限

    〇 × なし × ×
  12. まとめ 12 ・ライブラリを使えばコード簡略化 ・ドキュメンテーションコメントあれば入力補完 ・ログを取得して利用状況把握 ・新しい処理や不具合もバージョンアップで解消

  13. 課題 13 ・役割に応じてライブラリを分けるべきか否か ・関数名称の一貫性 ・データ型の相違などのエラーチェックはあった方がいい

  14. End Of File 14